[端材] アーカイブ

2017年03月13日

朱桜端材、出しました。

310-1.jpg
写真は、朱桜の板を分割したときに出た端材で、切り口からして仕上げがキレイに上がりそうな材です。
端材以外の幅450mmくらいの材もあります。
小物製作する方など、興味がありましたら是非ご来店下さい。

投稿者 katsumata : 13:37

2017年01月27日

バタ角端材

127-1.jpg
長さ60㎝前後のバタ角(90角)が40本くらい出てしまったので、1本100円で販売します。
まとめて全部残さず持って行ってもらえれば、さらに安くしますので、スタッフに声かけて下さい。

投稿者 katsumata : 11:35

2015年05月04日

端材でdiy

b4291.jpg
ブラックウォルナットの端材が数枚出たので、diy簡易製作の棚を作ります。

b4292.jpg
まずは、機械削りしました。

b4293.jpg
接着は、簡単にdiyできるように両面テープと家具用木工ボンドで。

b4294.jpg
上に重しを載せて接着し1晩置く。

b5021.jpg
サンドペーパーで、角を丸める。

b5022.jpg
最後に自然ワックス(またはオイル)を塗ってふき取って完成。

材料をご購入いただき、削りとカットまでは当店で行い、そこから先はdiyで作れるようなものと思って試作してみました。これでどの程度の接着強度があるのか、椅子にして座ったりしながらしばらく試してみようと思います。

投稿者 katsumata : 23:27

2015年02月09日

積み木

8.jpg
先日、以前からお付き合いのあった映画プロデューサーの方から依頼をうけて、同じ寸法に60枚くらい様々な木をカットしました。(映画で使う予定みたいです。)
青木崇高さんという現在売出し中の俳優が主演の映画のようで、公開は来年以降になりそうですが、当店の木が映画に出ることになりそうなので、公開になったときには皆さん是非見て下さい。

投稿者 katsumata : 22:09

2014年07月21日

端材コーナー補充しました。

041.jpg
前のブログの続きです。
端材コーナーに隙間が目立ってきたので、腹ごなしがてら補充しました。
当店では、端材は3段階に分けて販売しており、最も安いのが100円コーナー、次に安いのが一つ300円で詰め放題だと1000円のコーナー、最後はそれぞれ価格を付けたものとなります。
写真は、それぞれ価格を付けたもので、およそ500円~販売しています。
意外と売れているコーナーですので、是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 22:48

2014年03月13日

今月の特価品 第2弾

RIMG4210.jpg
RIMG4213.jpg
写真上は、少し大きめの杉の切り株(中古)で、1つ1000円にて販売します。風雨にさらされていたので白太部分など朽ち落ちたりしているものもありますが、高さはほぼそろっていますので何か使い道はあると思います。
写真下は、ブラックウォルナットの端材で、一式5000円にて販売します。手間さえ惜しまなければ製材して販売するか、何か小さいものを作ってもいいような材料もあります。

投稿者 katsumata : 07:35

2014年02月19日

ブラックウォルナットの端材

RIMG4156.jpg
現在、ブラックウォルナットのカウンターやカフェテーブル天板などを店内で作っているため、端材が出てきています。
写真の端材を1袋にまとめて1000円にて販売しますので、興味のある方是非ご来店ください。尚、電話でのご予約は受付けていませんので御了承下さい。

投稿者 katsumata : 18:00

2013年05月22日

無垢一枚板の切り落とし

RIMG3572.jpg
食べ物などで「切り落とし」の材料が、味は変わらず値段が安いため売れているようです。
当店の無垢材も、お客様からの注文で大きさを小さくカットしたりすることはよくあります。そのときに出る短材を「切り落とし」という名目ではないにせよ、いわゆる切り落とし材のような感覚で安めに販売することはよくあることです。
写真は、桧・青森ひば・栗・桐・ブラックウォルナットなどの切り落とし板ですが、どれも1000円~2000円くらいで店内にて販売しています。
これ以外にも多数展示販売しておりますので、興味ある方、是非ご来店下さい。

投稿者 katsumata : 23:09

2013年03月22日

米松端材板

RIMG0937.jpg
米松は、木造建築の梁の材料として最もポピュラーな材となっていることもあり、強度や大きさの割にそれほど高額ではないので、いろいろな寸法に加工を依頼されることがあり、大きめの端材も出てきます。
写真の板は、長さ約80㎝~90㎝前後×巾18㎝×厚み20mm前後のものが12~13枚あり、挽き割った鋸跡はありますが、全部で2000円にて処分します。また、長さ40㎝前後×105×180の角材も一つ500円であります。
植木の棚板とか、ちょっとした踏み台を作ったりとか、使い道はいろいろです。

杉やヒノキだと量産サイズは120mm角の大きさまでなので、「100×160の角材がほしい」と言われると、値段のことも考えると大抵は米松を使うことになります。(用途が特殊だったり、化粧材としてこだわる材ということだと、別の材になることもありますが・・・)


投稿者 katsumata : 19:20

2008年12月10日

木のサイズカット、削り、できます。

IMG_0761_1.JPG
写真は、杉の巾225㎜×厚12㎜の特一等板材です。
今回注文いただいたのは、「空手の板割り材」として、長さカット及び厚み調整してほしいというものです。空手の板割り材としての杉板の販売は、これが初めてではありません。
こういった、建築と関連のない木の使い道としての需要もできるだけ多く取り込んでいければいいと思っています。
一般の人によく言われるのは、「材木屋さんは、木1本2本の細かい商売はやらないと思ってました。」というような内容のことです。うちは、相当前から現金客を大事にしようと考えてきましたが、現在のような大不況に突入しそうな状況の中だと特に、現金で買いにきてもらえるお客様を少しでも多くひろっていければと思います。
また、「伐採した庭の木を、記念として形を代えて残したい。」という問い合わせなどもあります。
簡単に、ぶつきりして丸太椅子を何個か作るだけという場合でも、丸太の引き取り、製材所への運賃、製材所に払う加工賃、御自宅への配送賃等合わせると、5~10万円くらいかかります。
「その木で、テーブルや椅子、本棚などを作ってほしい」ということになると、また別に乾燥賃が天乾にしても人乾にしてもかかり、製作手間などを入れると、計数十万になってしまう場合などもあります。
ただ、こういった需要のある方は、話をするとわかってくれる人達が多いので助かっています。
木に関することなら何でも、気軽に御相談下さい。


投稿者 katsumata : 09:19