[2018年06月30日] アーカイブ

2018年06月30日

栗 一枚板 虫喰い穴

629-01.jpg
629-02.jpg

写真は昨日納品させていただいた栗の一枚板・乾燥材で、大きな虫喰い穴などある難あり品ですが、サイズは約1700mm×450mm前後×50mm以上あって20000円と、大きさのわりには安いお買い得な板でした。

最初は建築会社様の方で全部加工するつもりだったようですが、軽いケガをしてしまったらしく、表面磨きと切り口(木口)磨きだけ当店に依頼されて納めました。
耳磨きと塗装は現場の方で対応いただきます。

加工に関しましては、お客様の御希望・予算に合わせてどの段階までをこちらで加工するのかご相談いただけます。もちろん、素材のみの購入もOKですし、最終仕上げまでこちらで行うことも可能です。

投稿者 katsumata : 16:17

モンキーポッド 一枚板

630-01.jpg
1~2年の間、外置きで桟積み乾燥しておいたモンキーポッドの一枚板が含水率15%前後くらいまで乾いてきたので、3枚出してきました。

下の写真は、プレーナー削り後です。
630-02.jpg
モンキーポッドの板は、数年前までは材木屋の流通でほとんど見かけなかった材なので、板自体の価値がよくわからない感じでした。
今回、この板を切ったり削ったりしてみて感じたのは、将来的にはもっと値段が上昇してくるのではないかということです。
理由の一つは、「見た目の感じより重くないし、歪みが少ない。また、カットしやすい。」と感じたことです。
それともう一つの理由は、「他の外国産広葉樹に比べて仕入額が安い。」ということです。

もっと高い仕入でもいいような材なので、数年先にはウォルナットやチェリーの価格に近づいていくのではないかと思っています。(あくまで個人的な意見です。)

写真の板3枚は、サイズ約1850mm×500mm前後~600mm前後×厚57mmくらいあり、幅接ぎしてテーブル天板も作れるし、縦につないで店舗のカウンターにも使えそうです。
価格は3枚ともに、税込5万円/枚で今日から販売します。興味のある方はお早めに。


投稿者 katsumata : 10:48