[2018年05月17日] アーカイブ

2018年05月17日

サイズの揃ったOSB 24mm厚 端材

517-04.jpg
約335mm×250mm×厚24mmのOSBが24枚まとまって出ましたので、まとめ買い一式税込8000円で販売します。
24mmの厚みがあるので、DIY製作するにはもってこいの素材です。
この他に1500mm×400mmくらいのサイズの24mm厚OSBも数枚あるので、大きさカットして販売も可能です。
興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

申し訳ありませんが、明日は昼前くらいから仕入のため私含め木工スタッフが不在になる予定です。ご了承下さい。

今日、80歳台くらいのおばあさんがご来店下さいました。
はじめ、「竹、売ってますか?」と言ってきたので、自転車で10分くらいのところにある竹屋さんを教えてあげたのですが、タクシーでも使わなければとても行けそうにない感じでした。

今にして思うと、自分の母と重ねて、親切にしたいような気がしていたような気もします。

「竹を何に使うんですか?」と聞いてみると、「バラの花(枝)の支えに使いたい。」というので、木でもいいのではないかということになり、いろいろなサイズの木を見せて結局、杉の棒を2本購入いただき、長さをカットして、配送料と合わせて全部で1700円になったのですが、「配送は6月でもかまわないです。」とのことでした。

ただ、聞いた感じからすると、おばあさんの家は当店から徒歩12~13分といったところだったので、「今日はこのまま家に帰るんですか?」と聞いてみたら、「そうです。」というので、「では、すぐにカットして配送がてらトラックで一緒に行きましょうか。」というと、「助かります。」ということだったので、カットしてすぐにトラックに材料を載せて、一緒におばあさんの家へ向かいました。

向かう道すがら、なんだかものすごいいいことをしたかのようにおばあさんが喜んでくれて、何百円の棒を買うのにも悩んでいたのに、お茶代といって千円くれて、そのあとも、「なんでこんないいことがあるんだろう。」「なんでこんないいことがあるんだろう。」と何度もおっしゃるので、仕事の一環でやったことですが、何だかすごいいいことをしたような気持ちになりました。
自分の母と同じように、「こういう人は、きっとまわりを幸せにしてきた人なんだろうなあ。」と感じました。

そのときのおばあさんの笑顔は、「この人から宝くじを買いたい。」と思ってしまうような笑顔でした。

同じようにしたつもりでも、人の感じ方はそれぞれ違います。
そういう意味で、いい笑顔に会えて今日はとてもラッキーな日だったと思います。


投稿者 katsumata : 20:46

米松の接ぎ板

117-05.jpg

今日、久しぶりに写真の板を注文いただいた方が来られたので、納品したのは数か月前ですが、米松の接ぎ板をご紹介します。

この板は、当店が集成材を仕入れている業者様からの注文で、大きいサイズが1200mm×800mm、小さいサイズが800mm×600mmで、合計10枚以上の注文だったと記憶しています。

米松節有り材は、おそらく杉の次くらいに安く作れる素材で、一枚の板幅が20㎝ということと厚みまで考えると、もしかしたら杉よりも安くなると思います。

一点ものとしては、見た目がラーチ合板みたいでオススメしませんが、無垢材でまとまった枚数が必要な場合などはこういう選択もありなのかもしれません。ただ、米松の平角乾燥材を厚み割りして板取りしたものをすぐ使うと反りが出やすいのが難点です。

実際に2~3枚は肉眼でわかるくらいの反りがあったので、お客様に確認をとったところ、特別気にならない程度だったらしく、この後に追加注文もいただきました。

「安い」と書いてしまうと、安いイメージで問い合わせいただきますが、接ぎ手間もありますし、板割り手間もありますので、もちろん集成材よりは高くなりますので、あらかじめご了承下さい。


投稿者 katsumata : 00:19