[2018年04月13日] アーカイブ

2018年04月13日

桧の風呂フタ

411-01.jpg
411-02.jpg

たまに注文いただくことのある「風呂フタ」ですが、今回は、桧でよく乾燥しているものということだったので、たまたま木曽桧のちょうどいいサイズの乾燥材があったため、節あり木曽桧で作らせていただきました。
ご覧の通り、普通の桧とは全然違う年輪の詰まり方です。

まだあと2セットくらいは作れる在庫がありますので、興味のある方はお声かけ下さい。

ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 22:18

御山杉 大径天板 2階に展示しました。

330-0031.jpg
上写真は、しばらく在庫として裏に隠していたときの汚れたままの状態です。

412-03.jpg
今回、2階ショウルームに展示するにあたり、表面をサンディングしてみました。

長さは約2m強、奥行き幅は120㎝前後ある、御山杉(伊勢神宮地方の杉)の大径天板です。立木の状態を想像してみると、相当な太さの木だったことが窺えます。
枝が出ていることから考えると、木の下の方とは考えにくいので、根元の方は直径2m近くあった木なのではないかと思います。

3月31日まで開催していたダイニングテーブルサイズ天板処分セールにおいて、そのままの形状で残すことに決めた5枚のうちの3枚は、御山杉2枚を含む高樹齢杉3枚にしました。(あと2枚は、ブラックウォルナットとホワイトアッシュ)

結局、自分の最も好きな木である「高樹齢杉」を処分しきれなかったということで3枚も残してしまい、商売的に売れ線のダイニングテーブルサイズ天板在庫が少なくなりすぎてしまった気がします。

ダイニングテーブルサイズの天板として、形が良くて、欠点の少ない良質なものを、出物があったときにあと2~3枚は揃えておきたいと思います。

投稿者 katsumata : 09:45