[2018年04月] アーカイブ

2018年04月19日

2階 模様替えにつき、処分品コーナー設置しました。

moyou001.jpg

テーブルサイズ一枚板の大処分セールが一段落したので、2階の模様替えを少しずつ進めているのですが、整理ついでに一部商品を今日から5月中旬ごろを目安に値下げ処分します。

2階の一部を「処分品コーナー」にして、リサイクル建具、テーブル、座卓、ベンチ、スツール、テレビ台、棚、テーブル脚、オイルフィニッシュ済みの板、などを特価販売します。

moyou006.jpg

moyou007.jpg

moyou008.jpg

moyou009.jpg

moyou010.jpg

ご来店の際には、是非2階にもお立ち寄りください。


投稿者 katsumata : 15:21

2018年04月18日

胡桃(くるみ)カウンター 一枚板3

今日は、ほぼ一日、競り売りに参加してきました。
数はそれほど多くないのですが、金額のはるものをいくつか購入したので、仕入額としてはいつもよりだいぶ多くなってしまいました。
最後に競り売りした商品をがんばって競り落としたので、存在感・インパクトのある材が来月あたりに入荷します。ご期待下さい。
その他、ブラックウォルナットの長さ5mカウンター板2枚も買付けしましたので、お探しの方がいらっしゃいましたら、お声かけ下さい。

下写真は、昨日ご紹介したクルミのカウンター天板をオイル塗装したものです。
ウレタン塗装と比べて好き好きはあると思いますが、だいぶ落ち着いた印象だと思います。

kuru013.jpg
kuru014.jpg
kuru015.jpg

オイル塗装はウレタン塗装に比べ、板の上に水分を長時間放置すると輪ジミが付きやすいのですが、その場合は木目と平行にヤスリで削って、またオイルを塗り、時が経過するとだんだんとまわりに馴染んできますが、補修箇所が多くなって全体的に気になってくるようでしたら、全面再磨き・オイル塗装も有料で承ります。

無垢一枚板カウンター材のことなら、何でも気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 23:00

2018年04月17日

胡桃(くるみ)カウンター 一枚板 2

下の写真が、ウレタン塗装・3分艶で仕上がってきたクルミのカウンターです。(塗装を依頼した会社に再確認したのですが、3分艶で間違いないとのことでした。)

kuru006.jpg
kuru007.jpg
kuru008.jpg

仕上りが良すぎるのか、想像したよりも光沢が強く、私自身も違和感はあったのですが、出来としては悪くないし、テカテカしているのが好きな人もいるので、無事に納品を終えたと思い、店へ戻ってきました。

しかし、私が感じた違和感はお客様も同様に感じていたらしく、数時間後に、「塗装、どうにかならないでしょうか?」という問い合わせをいただきました。
見て感じた違和感、それは、無垢カウンター一枚板というより、建材カウンターだったからです。

いつも木にふれているからなのか、自分は、ウレタン塗装よりもオイル塗装の方がナチュラルな感じがして好きですが、メンテナンスの問題からウレタン塗装を選ばれる方が以前よりも増えています。これは、お客様の好みの問題なので、どちらでも気に入った方を選んでいただければいいと思います。

結局、塗装面をサンディングし直して、ウレタン艶消しで再塗装という流れになるのではと思っていたのですが、その後、お客様から「オイル塗装にしたい。」という要望があって、納品したカウンター天板を一度引き揚げて、塗装を全部はがし、再磨きして、オイル塗装して、再納品させていただきました。(やり直しの費用に関しては、お客様との話し合いで、一部いただきました。)

オイル塗装したクルミカウンターの完成写真は、また明日ご紹介しようと思います。


投稿者 katsumata : 20:56

2018年04月16日

胡桃(くるみ)カウンター 一枚板

223-01.jpg
223-02.jpg

先月、クルミ一枚板の長さ約4.2mカウンターを店舗様へ納品させていただきました。
上の写真は、磨きが終わるころの状態ですが、このあとの塗装で問題が発生しました。

メンテナンスが楽だということがあったのか、お客様からはウレタン塗装を選択いただいたので、艶の度合いのミニサンプルをお見せして3分艶を選んでいただき、磨き終了後に設備の整った塗装所に持ち込んで、外注でウレタン塗装仕上げしてもらったものを現場店舗へ納品しました。

私も、塗装後の色や艶の感じとか、サンプルとはイメージが異なる場合があったり、もっと丁寧に説明すればよかったと反省していますし、また、お客様と接した感じからすると、ウレタン塗装の艶有りを選択されたときにちょっと意外な感じがしたので、念押しするべきだったと反省しています。

さらに、外注のため塗料メーカーの違いなどがあったのか、3分艶にしては、想像していたものよりもかなり艶があって、納品時に初めて梱包をあけてみて、正直なところ私自身も多少の違和感がありました。
その写真は、明日また御紹介します。


投稿者 katsumata : 22:29

2018年04月15日

レッドシダー羽目板、1束限定特価販売します。

414-01.jpg
414-02.jpg

レッドシダー節ありの羽目板を限定1束特価販売します。
サイズは、約4.25m×130mm×17mmくらいの羽目板が6枚で1束になっています。
一般的な相場としては、2~2.5万円で販売されている商品ですが、1束限定なので、税込8000円で販売します。

おそらく外壁材として使う商品なのかと思いますが、店舗の内外装で一部分に貼ったり、一般住宅のDIYでいろいろな使い方をしてもいいと思います。

投稿者 katsumata : 22:36

銀杏、大径木天板、切り分けました。

414-04.jpg
414-05.jpg

通常のダイニングテーブルサイズ天板よりも一回り大きい銀杏の天板(長さ2m超×奥行幅約1m善後)を、写真のように幅割りしました。厚みは9㎝ほどあります。

この一枚板は10年以上も前に仕入れして、大事にしまっておいて、ほとんど人目にふれることなく現在に至るわけですが、現状として銀杏の需要などを考えると、幅450mm前後あるプロ用まな板としての方が引き合いが多いと考え、思い切って切り分けました。

投稿者 katsumata : 00:01

2018年04月13日

桧の風呂フタ

411-01.jpg
411-02.jpg

たまに注文いただくことのある「風呂フタ」ですが、今回は、桧でよく乾燥しているものということだったので、たまたま木曽桧のちょうどいいサイズの乾燥材があったため、節あり木曽桧で作らせていただきました。
ご覧の通り、普通の桧とは全然違う年輪の詰まり方です。

まだあと2セットくらいは作れる在庫がありますので、興味のある方はお声かけ下さい。

ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 22:18

御山杉 大径天板 2階に展示しました。

330-0031.jpg
上写真は、しばらく在庫として裏に隠していたときの汚れたままの状態です。

412-03.jpg
今回、2階ショウルームに展示するにあたり、表面をサンディングしてみました。

長さは約2m強、奥行き幅は120㎝前後ある、御山杉(伊勢神宮地方の杉)の大径天板です。立木の状態を想像してみると、相当な太さの木だったことが窺えます。
枝が出ていることから考えると、木の下の方とは考えにくいので、根元の方は直径2m近くあった木なのではないかと思います。

3月31日まで開催していたダイニングテーブルサイズ天板処分セールにおいて、そのままの形状で残すことに決めた5枚のうちの3枚は、御山杉2枚を含む高樹齢杉3枚にしました。(あと2枚は、ブラックウォルナットとホワイトアッシュ)

結局、自分の最も好きな木である「高樹齢杉」を処分しきれなかったということで3枚も残してしまい、商売的に売れ線のダイニングテーブルサイズ天板在庫が少なくなりすぎてしまった気がします。

ダイニングテーブルサイズの天板として、形が良くて、欠点の少ない良質なものを、出物があったときにあと2~3枚は揃えておきたいと思います。

投稿者 katsumata : 09:45

2018年04月12日

タモ 一枚板 切り分けました。

412-01.jpg
412-02.jpg

幅800mmに満たなかったためダイニングテーブル処分リストに含まなかった「タモ 一枚板」ですが、この際ですので、幅割りしました。

現在、タモ材は高騰を続けており、今日見積もりとった框材も2割くらい値上がりしていました。そのうち安定供給が困難な材になると思います。

そんな状態なので高値が付くことを期待して業者の競りに出品してみようかと今朝まで迷っていたのですが、写真向かって右に亀裂部分があって、テーブル天板としては微妙な感じということもあり、タモ柾の注文にも対応でき、カウンター天板としても対応できるよう、亀裂の入っていない側で奥行450mmくらいとって切りました。

今日も2階ショウルームの一枚板などの配置を動かしました。少しずつ模様替えしています。

投稿者 katsumata : 18:43

2018年04月11日

栃 縮み杢 ブルーステイン一枚板 オイルフィニッシュ

411-04.jpg
写真は、昨日切り分けた「栃のブルーステイン縮み杢板」の幅狭い方の板です。

411-05.jpg
411-06.jpg

今日さっそく、磨き直してから、オイル塗装してみました。
オイルを塗ると、縮み杢がキラキラと立体的に輝き、ブルーステインと融合して、かなり個性的な幅狭カウンター天板になりました。

ブルーステインの入っていない白栃の縮み杢板はキラキラしていて上品ですが、ブルーステインの入った縮み杢板も、上品とはいえませんが、キラキラした存在感では負けていないような感じです。

2階ショウルームに置いてありますので、興味のある方は是非見に御来店下さい。


投稿者 katsumata : 22:06

2018年04月10日

栃 テーブル 一枚板 切り分けました。

410-03.jpg
410-04.jpg

今日は、栃のブルーステイン縮み杢の一枚板を幅割りしました。
長さを切るか、幅を割るか迷ったのですが、写真のような感じで切り分けて、大きい方は奥行幅約600mmくらいの幅広カウンター用として販売し、残りは、栃・ブルーステイン板の仕上がり見本としてオイルフィニッシュして展示販売しようと思ってます。

今週の木曜日か金曜日に、ダイニングテーブル一枚板大処分で売れ残ったうちの5~6枚を、まとめて業者の競り売りに出すため持ちだす予定です。
そうすると2階ショウルームもテーブルサイズ天板が減ってきて、カウンター用一枚板中心の品揃えに変わってくると思います。

投稿者 katsumata : 23:34

ブナ テーブルサイズ 一枚板 切り分けました。

410-01.jpg
だんだんとダイニングテーブルサイズの一枚板が少なくなっていくのは、少し寂しくもありますが、今日はまず、幅約800mm近い、希少材のブナ乾燥一枚板の長さを切り分けました。

写真からもわかると思いますが、切った残り部分側には白っぽいフケ部分があって、それを取り除くような感じで長さ約1300mmくらい(大きい方)を取りました。

見た目的には色が白っぽくなっていてフケ部分なのではありますが、天板として使用できるくらいの堅さは保っていたので、何とかそのまま使いたかったのが本音でした。
ただ、今回のダイニングテーブルサイズ天板処分に伴って、カット・リメイクして新たに販売することを選択しました。

投稿者 katsumata : 23:03

2018年04月09日

チェリー カウンターテーブル(キッチン前) 

cherry1.jpg
cherry2.jpg
cherry3.jpg

写真は、先日納品させていただいたオーダーメイドのアメリカンブラックチェリー・カウンターテーブルのオイル仕上げです。

こちらのお客様は、大手建築設計会社の役員の方で、もちろん一級建築士でもあるようなのですが、家具の方はほとんど携わったことがないとのことでした。

しかし、脚のデザインは御来店いただいたその場で寸法入りのスケッチを描いて決めてくれて、それでいて細かい寸法や若干の誤差などは許容してくれる雰囲気で、「設計士さんとしても仕事のできる人なんだろうな。」という感じがしました。(もちろんこちらも、スケッチの形状に準じて製作しました。)

こちらのお宅には、テレビ台も納品させていただきました。下がその写真です。

天杉の230mmくらいの角材を2つ、長さ40㎝ほどにカットしたものを台にして、その上にチェリーの天板をオイル仕上げして載せました。

chetv1.jpg
chetv2.jpg

無垢のオーダーメイド製作など、木のことなら何でも、気軽に御相談下さい。


投稿者 katsumata : 09:21

2018年04月08日

銘木 切り落とし材

407-01.jpg
407-03.jpg

長さ約2m、幅10㎝~15㎝程度の薄板をまとめて販売します。
レンズが汚れていたようで写真が見にくくてすいませんが、写真は、表面と裏面を撮ったものです。
注文しても手に入りにくいか、高額になってしまう銘木材ですが、端材ですので、それほど高額にならずに店舗などの内装材として使えると思います。

投稿者 katsumata : 19:33

2018年04月06日

屋久杉輪切りのローテーブル

屋久杉輪切り1_R.JPG

屋久杉輪切り2_R.JPG

屋久杉輪切り3_R.JPG

写真は先日納品させていただいた屋久杉の輪切りのローテーブルです。

うろ覚えでおおよその寸法形状ですが、680~800程度の径だったかとおもいます。

年輪の形状から判断すると、もともとの径はもっとあったのではないかと予想されるのですが市場ですでにこの状態で出品されていたものです。側面の木目模様などいつまでも見ていたいような美しい模様です。

天板トップには10㎜厚のアクリル板を乗せています。

アクリルの製作ルートが弱く、お客様には時間を頂きまして本当にありがとうございました。

あまり入荷の少ないタイプの材ですが、ご興味あれば探してみますのでお問い合わせください。
(すぐに見つかるかわかりませんが)

製作担当でした。


投稿者 moriya : 08:23

2018年04月05日

栃 楓 一枚板 削りました。

405-01.jpg
405-02.jpg
405-03.jpg

写真は、向かって左が栃の一枚板で、右が楓の一枚板です。

栃は、厚み9㎝ほどあった厚板を2枚に厚み割りしたうちの薄い方の板で、広いところで650mmくらいの幅があります。厚い方はもう少し幅があります。明日より販売予定。

楓は当店の持ち物ではないのですが、今月中旬過ぎの業者の競り売りに出品を予定している杢板で、ウレタン塗装をはがしてプレーナー削りしました。
現在は当店内に在庫していますので、まだ今週中であれば販売は可能です。興味のある方がいらっしゃいましたら、折り合い価格を持ち主さんに聞いてみますので、スタッフへお声かけ下さい。

投稿者 katsumata : 20:24

御山杉、切り分けました。

404-01.jpg
404-02.jpg

「栃」に引き続き、御山杉を切り分けました。
写真手前の方は、長さ約1300mm×奥行幅750mm~900mmくらいのものが残ったので、表面をきれいにしてから、2階ショウルームでダイニングテーブル天板の手前に重ねて展示しようと思います。

今月半ばを目途にして、ダイニングテーブルサイズ一枚板の処分・整理・リメイクを完了させて、いよいよカウンター天板中心の品揃えに2階ショウルームを模様替えします。
ご期待下さい。

投稿者 katsumata : 00:07

2018年04月04日

クルミ板、入荷しました。

331-03.jpg
上写真はクルミの板で、削る前です。

403-03.jpg
上写真は、クルミの板をプレーナー削りした後です。

今回、幅30~40㎝くらい、長さ2m強のクルミの板が5~6枚入荷しました。
汚れていると、まるでブラックウォルナットと見間違えるような色で、削っても、よくあるクルミの板より色が濃く、光沢があります。
興味のある方は是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 20:42

2018年04月03日

残ったテーブルサイズ天板、処分開始しました。

403-01.jpg
403-02.jpg

ダイニングテーブル天板として、十分な大きさの一枚板のまま残すものも数枚ありますが、ダイニングテーブル天板リストに挙げた板は、そのままの形では5枚だけ残し、他は今月10日過ぎの業者の競りに持っていくものと、小さく切ったり、半分に切り分けたりとリメイクするものに分けます。

今日は、リメイクの1枚目として「栃」を選び、長さを切りました。
端の方にヒビが入っていたり、元が極端に広くなっていたりしたので、両端を同じくらいづつ切り落として、移動しやすい小ぶりなサイズにしてみました。

切り落としは、おおよそ25㎝角前後に切って、端材販売コーナーに入れてあります。

昨日・一昨日の花粉は今年一番のような厳しさだったので、今日、薬局で顔に吹き付けるスプレーと目薬を購入して使ってみたところ、昼過ぎくらいからだいぶ調子が戻ってきました。

今年は年初からヨーグルト「R-1」を毎日1つずつ食べて花粉シーズンに備えていたのですが、この数日の感じからすると、効果は微妙です。(個人差はあると思いますが・・・)

あと2~3週間すれば症状は和らいでくるとは思いますが、来年のために、あまり知られていない花粉症にオススメのものを御存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてほしいと思います。

投稿者 katsumata : 23:20

今月の特価品

403-05.jpg

写真は左から、「ラワン」長さ約2.1m×480mm前後×34mmくらい(キズあり)、「ウエンジ」長さ約3m、「高樹齢杉」長さ2m弱×30㎝前後(木表面)×38mmくらいです。どれも乾燥材です。

403-07.jpg

ウエンジは、断面が台形のような形になっていて写真だけではわかりにくいので、興味のある方は実物でご確認ください。

3品ともに、1品に付き税込3900円にて明日から販売いたしますが、実際にお客様に店に足を運んでいただくための超特価品ですので、電話などでの予約はお断りさせていただいております。ご了承下さい。

オイル塗装ブラックウォルナット集成板のサイズバリエーションを増やしています。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 20:27

2018年04月02日

試作品依頼

329-05.jpg
329-02.jpg

以前、1回目試作のときにもご紹介させていただいた「木のスピーカーベッド」ですが、音響など、デモの評判がかなり良かったそうで、形状の改良製作の依頼を受けて作ったのが上写真です。(1枚目が表面、2枚目が裏面で、これを2台縦に並べて、ベッドにするそうです)

見積りしたときには、「高く見積もりすぎたかな?」と思ったのですが、実際に作ってみたら思った以上に時間がかかり、見積もりの難しさを再認識させてくれた依頼でした。

当店では、作業代が決まっている加工もございますが、イレギュラーな作業に関しては、かかるだろう作業時間を予想して見積もりしているため、予想以上にかかってしまうものもあれば、予想したほどでもなかったというものもあります。

少なくとも、こういった試作品の依頼製作は安いものではないので、DIYで考えながら作るのがいいと思いますが、お見積りにご納得いただければ、対応は可能です。

ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 20:43

2018年04月01日

パーティクルボード 入荷しました。

330-05.jpg
昨年の末くらいからずっと不足気味だったパーティクルボードですが、先日、幅450mmのものが480枚入荷しました。
フリーで販売できる分ですので、お探しの方がいらっしゃいましたら、お声かけ下さい。

昨日、「テーブルサイズ一枚板 大処分セール」が終わりました。
今回このようなセールをやってみて、いくつか気付いたことがありました。ひとつは、セール期間は長くても1~2か月で十分だということ。もう一つは、何もやらないよりは何か得られるものがあるということです。

4月中旬くらいから、2階ショウルーム・1階店舗展示はカウンター天板をメインに変えていきますが、テーブルサイズ天板も完全になくすわけではないので、テーブルサイズ一枚板に関しては、良いものを少なく在庫して販売していこうと思います。


投稿者 katsumata : 20:12