[2018年03月10日] アーカイブ

2018年03月10日

丸太 輪切り

309-01.jpg

しばらく店内で乾燥してあった直径270mm~320mmくらいの桧の切り株丸太を、帯鋸で厚み5㎝程度の輪切りにしてきました。
というのも、輪切りを求めて来られるお客様が多いからです。

材木屋の感覚からすると、丸太は芯と側で収縮率が大きく違うために、乾燥してくると必ずヒビが入って、それを輪切りにすると、厚みが薄いほどヒビが大きくなって欠けたりしてしまうと思っています。

ただ、この桧丸太は元々背割れが施されていた乾燥材なので、試しに輪切りしてみました。

切り口は帯鋸で切ったままの荒い面のためサンディングしてみたのですが、かなり時間がかかって売り値に大きく影響してしまうので、片面だけサンディングすることにして販売してみます。
限定5枚の入荷ですので、興味のある方は一度見に来て下さい。

ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 08:11