[2018年02月25日] アーカイブ

2018年02月25日

レッドシダー角材 入荷しました。

223-05.jpg
223-06.jpg
223-013.jpg

長さ約5m前後のレッドシダーの芯去りクリア(上小節)蔵出し材が入荷しました。
このまま保管しておいて、正規の価格で売れるような仕事が来るまで待つという方法もありますが、興味のある方がいらっしゃいましたら、特価で販売しますので、お声かけ下さい。

一番下の写真の片耳付厚板は、長さ約4m×巾約150mm~180mmくらい×厚100mm弱くらいのサイズで、おそらく台湾桧の芯去り上小節(ほぼ無節)材だと思います。

目の詰まり方からして木曽桧ではないかと思って仕入れたのですが、年季の入った乾燥材のわりに日本の桧より重いので、もしかしたらと思って削ってみると、木曽桧らしからぬ木目で、それでいて年輪はかなり密で、どうも台湾桧みたいです。

台湾桧は輸入材ですが、材木の素材としての価値で考えると、日本の屋久杉のような最上級の材ではないかと自分では思っていて、台湾桧が競りに出てくると、結構な割合で仕入れています。
今回の仕入では、もっといい台湾桧の柾板を5枚仕入れましたので、後日それも御紹介しようと思っています。


投稿者 katsumata : 23:02

入荷してすぐ、処分特価販売します。

223-014.jpg
223-016.jpg

写真は、23日に入荷したばかりの4枚接ぎのテーブルサイズ天板ですが、今月中はこのままの状態(塗装済ですが、若干汚れがあります。)で販売してみます。

サイズは約長さ1800mm×巾780mm×厚40mmくらいで、樹種はおそらくカバだと思います。(訂正:
メープル材みたいです。)


当店は、3月末までにテーブルサイズ天板を減らすべく大処分セールを開催しているのですが、先日の仕入の競り売りで写真の接ぎ板が出品されており、最初は感心がなかったのですが、「状態もよく、裏面もキレイだなあ。」となんとなくチェックしていたところ、競りの順番がきて、予想より相当安い価格からの競り開始だったので、ついつい自社の大処分セールのことを忘れ、値段を出したらそのまま落札になってしまいました。

そのときは、いい買い物をした気になっていたのですが、よく考えてみたら、処分しなければいけないものを新しく仕入れてきてしまったことに、商品が入荷してから気づき、明日から特価処分することにしました。
通常であれば10万前後の価格で販売するところですが、今回は、税込43200円で販売します。

投稿者 katsumata : 19:52

カウンター天板 など入荷しました。

223-07.jpg
223-08.jpg
223-09.jpg
223-010.jpg
223-011.jpg
223-012.jpg
223--17.jpg

長さ4m前後~5mくらい、巾450~750くらいのカウンター天板は、高樹齢杉・杉・栗・銀杏などが今回入荷しました。
他に、屋久杉いろいろで10枚、杉、高樹齢杉、栓、栃杢板、チェリー、楢、水目、キハダ、レッドシダー、台湾桧、樺などが入荷しました。

いくつかはピックアップして、また御紹介します。

投稿者 katsumata : 19:32