[2017年10月11日] アーカイブ

2017年10月11日

「ダイニングテーブル天板」公認リスト、ネットショップHPに掲載しました。

当店の在庫から、「ダイニングテーブル天板」と認定したものを独断で選びました。
基準としては、長さ1500mm~2300mm、幅750mm以上、厚み45mm以上の一枚板です。
今の時点では計31枚ありますが、来年3月末までに計5枚まで絞り込んでいきますので、これからどうやって売っていくか考え中です。

ダイニングテーブルを製作依頼される場合は、天板の平面加工・磨き・塗装、脚の加工などで、およそ15万円前後の製作費が、材料費と別にかかります。(大きさや作りなどで異なります。)
反り止め・チギリ・耳磨き等々のオプション加工を選択されると、合計20万円前後の製作費がかかることもあります。

「ダイニングテーブル天板」公認リストを作成して、ネットショップHP左側を下スクロールした「その他」に「ダイニングテーブル天板・公認リスト」という項目を追加しました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 22:56

けやき乾燥板、入荷しました!

1011-1.jpg
今日、近所の木材市場で閉店処分市があって、通常価格を無視した価格でいろいろと買付できました。
写真は、けやきの汚れた板10枚で、縦反りしている板も多いので、長さを切って削ったりして出すつもりです。
正直いって良材とは言えないケヤキですが、乾燥はしています。幅15~30㎝くらいのケヤキの板を複数枚お探しの方がいらっしゃいましたら、価格交渉できる商品ですので、ご相談下さい。

他にも、秋田杉の薄板などの良材も仕入れましたので、11月のセールで格安販売しようと思います。


投稿者 katsumata : 20:20

告知

弊社のお客様にはいろいろなお客様がいらっしゃるのですが、作家さんが展示のために木材を購入されることもあります。下記リンクはお客様の展示のリンクです。

茅ヶ崎市美術館 藤田道子作品展 チラシ

茅ヶ崎市美術館 藤田道子作品展 チラシ

ご興味あればぜひご来場お願いいたします。

投稿者 moriya : 17:20

楠の斜め輪切り板

920-1.jpg
写真は、ちょっと角度を付けて輪切りにしたような楠の板で、小さめのソファテーブル天板になりそうなサイズです。
数ある在庫の中でも、ちょっと珍しい切り方をしている板なので、表情ももちろん普通の板と違います。
より天然っぽい感じがして、店の看板とかに使っても良さそうな板です。
1階右奥のほうに展示して販売しています。

先日、ご来店いただいたお客様と話していて、「遠くから来たんで」と言っていたので、「どこからきたんですか?」と聞いたところ、「以前は阿佐ヶ谷あたりに住んでいたんで何度か来たことがあったんですけど、今は横須賀に移り住んでしまって、その近所にも似たような材木屋があるんじゃないかと探したんですが、ないんですよー。」というようなことをおっしゃっていました。
確かに、うちの品揃え・展示などと似ている店は少ないような気がします。

投稿者 katsumata : 00:32