[2017年07月05日] アーカイブ

2017年07月05日

国産ブナ材

628-2.jpg
628-3.jpg
整理していたら、忘れていたブナ材が出てきたので、削ってみました。
7~8年前に、耳付きで巾400mm前後のブナの生材を5~6枚まとめて仕入れ、自然乾燥したらやっぱりかなりの歪みが出てしまい、それでも木の表情が好きだったので、巾をさいたり、長さを切ったりしてから歪みを直すなど相当の手間をかけて商品にしたことを思い出しました。
ブナは、乾燥すると歪みが大きくなり、使える状態になるまでに手間がかかるし、材料ロスも多くなるので、製材業者も二の足を踏んでしまうのか、競り売りに出ることの少ない材で、注文したくても探しにくい国産材です。
そういった希少性と、個人的な好みにより、写真の小さめの薄板を一式で、売れないだろう価格の3万円で店に出しました。
とにかく、明るくてキレイな板です。


高樹齢杉・花梨・台湾桧などの高額材を新規追加しました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 09:12