[2017年03月29日] アーカイブ

2017年03月29日

楓(かえで)の杢板

329-10.jpg
329-11.jpg
329-12.jpg
写真は、在庫して隠してあった楓を2枚に挽き割ってきたものです。
サイズは、約1180mm×400~450mm×20~25mmくらいです。
杢好きな方は、是非見に来て下さい。実物はもっとキラキラしています。

旅行会社が破綻して、連日、報道されています。ニュースで聞いたことですが、原因の一つは「航空券+宿泊代のみ」という付加価値のない商品を売るための価格競争激化だそうです。
どの商売も同じようなものだと思いますが、全く同じものを売るとなると、やはり価格競争は避けられず、多少のサービスの違いなどはあるにしても、それだけでは厳しいのが現状だと思います。
材木屋も、コスト競争だけではなく、いろいろ考えて取り組んでいかないといけないと、改めて思わされました。

投稿者 katsumata : 21:53

台湾桧

329-4.jpg
329-5.jpg

台湾からの輸出が禁止となって久しい「台湾桧」のカウンター天板をプレーナーで削ってみました。
サイズは約2900mm×450mmくらいで、下部に大きめのヒビ・全体に細かいヒビがあります。
特殊な環境で育つ木らしく、かなり年輪の詰まった木で、天然の木曽桧に匹敵するか、それ以上かもしれません。
327-2.jpg
写真からもわかるように、削る前の状態で、ほとんど歪みがありません。

国産材ではないというだけで、なんとなく日本の桧より劣る材だと思われがちですが、日本製の機械などとは違って、天然木ですから、そういったイメージは取り払って、現物の持つ風格を見に是非ご来店いただきたいと思います。
2階ショウルームで、税込15万円にて展示販売しています。


投稿者 katsumata : 09:53