[2017年02月08日] アーカイブ

2017年02月08日

今月の特価品

207-3.jpg
207-1.jpg

写真は楠の板で、長さ約1m強、奥行きは広い所で1m弱くらいある変形巾広板です。
しばらく外置きだったので、汚れがひどく、また、面に楠特有の歪みがあり、それをザックリと削って、サンディングしました(表面)。裏面は、特に手をつけていません。
この板を明日から3万円で販売しますので、興味のある方は是非ご来店下さい。

昨日、ネットショップに、1万円以下の「栗の薄板」を6枚載せました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

今日は、朝からクレームを2件いただき、午前中は対応に追われました。
一つ目は、過乾燥になっていた下のグレードの垂木が指摘されて、できるだけ真っ直ぐなものが必要な箇所に使用する目的だったらしく、もう一つ上のグレードの垂木に交換しました。幸い、現場がすぐ近くだったので、持ち帰って再配達してきました。
二つ目は、外注加工してもらった桧化粧材の溝加工によるささくれが多かった敷居と、無節だけど節ソバのうねりのようなものが正面に出てしまう鴨居の計2丁で、現場まで行って、その2本を確認して、交換することにしました。
無垢材の難しさを感じながら、それを扱うことで、日々勉強させてもらってます。


投稿者 katsumata : 18:14