[2016年11月11日] アーカイブ

2016年11月11日

高樹齢杉の箱材

1108001.jpg
写真は、先日納めさせていただいた高樹齢杉で、芸術作品を入れる箱を作るようです。
一般感覚からすると、箱を作る材料にしては高額に感じるくらいの金額で請け負ったのですが、問題のない材を揃えようとすると結構大変で、さらに、良材を加工するときほど気を使うので、製材時間も倍くらいかかったりします。
とにかく間口を狭くしないように対応してきたことから、いろいろな仕事・問い合わせをいただき、日々勉強させてもらいながら商売させていただいています。
木のことなら何でも、気軽にご相談下さい。

今日、テレビを見ていたら、丸太の輪切りを大量に販売して、飲食店のお皿などに使われているという内容を放送していました。
自分の常識では、針葉樹の輪切りを薄く切ったもの(3㎝くらい)は、ヒビが大きく入って、使い物にならないイメージなのですが、テレビに出ていたものはヒビがなく、それなりに乾燥も進んだ感じでした。
土佐の材料は、特殊なのか、それとも何か特別な方法があるのか、知りたいところです。

投稿者 katsumata : 23:24

ビーチ材(ブナ)のチェスト

KC3Z0203_R.JPG

写真は先日納品させていただいたサイズオーダーの家具です。元々キッチンカウンターのみあって、その下のスペースをうまく使えないかということで、ご希望のサイズに合わせ製作いたしました。

扉や引き出しを開いた写真を撮り忘れてしまったのですが、左右の大きい区割りになっているところは開き戸で、真ん中は引き出しになっています。取っ手がないのはすべてプッシュ式になっているからで、少し扉や引き出しを押してやると開く仕様になっています。

ほとんど突板ベニヤで製作し、写真一番手前側の棚板が無垢材です。世に溢れている箱物家具はほとんど突板ベニヤでできており、総無垢で製作するとなると100万円以上する代物になってくることがあるので、現実的に箱物に関しては突板ベニヤで作られているものが多いです。

といっても、こちらの家具も、オーダー家具なので安いものではないのですが、お客様のご要望に応えられるよう、無垢材・突板材どちらでも対応しております。

また、突板ベニヤにも色々樹種があるのでバリエーションが豊かです。柾目・板目と選ぶこともできます。

無垢材の木目は言うまでもなく良いものですが、繰り返しのパターンが好きな方など(設計さんに多い印象です)は突板ベニヤや集成材・積層合板などを使うのもありだと思います。

KC3Z0206_R.JPG

KC3Z0205_R.JPG

話が散漫になりましたが、いつもながら発注してくださるお客様に感謝です。今回もお待たせしてしまい、この場を借りてお詫びするとともに、お待ちいただきありがとうございました。

製作担当でした。

投稿者 moriya : 17:06