[2016年09月02日] アーカイブ

2016年09月02日

失敗仕入れになってしまうのか

901001.jpg

901002.jpg
写真は、競りがエスカレートして結構な高値で仕入れてしまった杉杢の厚板ですが、厚みがあったため立てかける気にもなれず、ブルーシートをかけて外に置いていました。
桟積みの一番上にあって、ブルーシートが劣化し、さらにこのところの台風で半分くらいめくれあがっていたため、昨日、仕方なく3つに切断しました。
暇をみて、削ってから展示販売する予定ですが、3つに分けたうちの杢が強く出ている1つ以外は数千円で販売するしかなさそうです。
高額で保管の難しいものは、考えて買わないといけないと勉強になりました。

このときの競りの様子ですが、同じ原木からとれた杉の杢板が私が仕入れたものを含めて4枚出品されていました。
競りが始まる前に全体を見回したところ、とくにこの4枚が目立っていたので、そのうちの最低1枚は絶対に仕入れて帰ろうと思っていました。
いざその競りの順番がまわってきたら、ほかの人たちも目を付けていたようで、1枚目の端っきれみたいな薄い杢板でさえ、通常の5倍以上の値が付いてしまい、その流れで2枚目・3枚目と高値が続き、競り参加を躊躇しているうちに最後の1枚になり、最後は競りあがるままに競り合ってしまい、当初考えていたよりだいぶ高く買うことになってしまいました。
競りの最中に躊躇していて買えないと、「あの時、もっと値を出せばよかったかなあ。」と思ってしまうし、今回のようについついエスカレートして、高値で買って後悔してしまうこともあります。
それが競りのおもしろいところなのかもしれません。


投稿者 katsumata : 08:23