[2016年09月] アーカイブ

2016年09月29日

秋田杉柾の古材

9290011.jpg
9290012.jpg

写真は、最近入荷した秋田杉柾の古材です。
秋田杉柾とはいっても最高級品ではなく、昨日ご紹介したものにはだいぶ劣りますが、それでも4枚合計で5~6万円の値で販売開始しました。
ただ、運よく相場より大幅に安く仕入れできた板ということもあり、4枚まとめてご購入希望のお客様であれば、さらなる値引き交渉にも応じますので、声かけてみて下さい。

簡易製作家具の本棚など、追加を更新しました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 23:57

2016年09月28日

天然杉糸柾材

925002.jpg
926002.jpg
写真は、今日納品させていただいた天然杉の糸柾材で、刀箱の材料になります。
電話とFAXで見積もり依頼を受けたとき、「上質な杉」という指定があったので、赤身柾で150mm~200mm取れるものと考えて、それ相当の価格(通常販売品とは1ケタ違う価格)で見積もりさせていただいたのですが、すんなりと注文をいただくことができ、今日の納品に至りました。
杉の糸柾材などを仕入れるとき、売れる売れないに関係なく、自分が木に魅せられてしまいついつい買ってしまい、長期在庫品になってしまうのですが、今回はそういった材料が役に立ったかたちで、宝の持ち腐れになりつつあった材が生きたのが何よりうれしく思います。
購入いただいたお客様は、かなり高齢で、かなり高名な造形作家さんらしく、素材の善し悪しをわかる方だったので、材木屋としても、上質の材を使ったかいがありました。

当店では、若い方でもお買求めやすい安価な材料から取り扱っておりますが、私を筆頭にして、高価でも良材を見るとつい欲しくなってしまうという悪いくせがあるため、売れ行きは鈍いとわかりつつも仕入れてしまうものも多くあります。
当店では、個人的な趣味もあって、こういった上質な材も在庫していますので、興味のある方は是非お声かけ下さい。


投稿者 katsumata : 22:54

2016年09月27日

ブラックウォルナット天板

720005.jpg
写真は、初夏のころに納品させていただいた「ブラックウォルナットカウンターテーブル天板」と「スツール天板」です。
このお客様は最初、ネットショップに掲載されている45000円のブラックウォルナット片耳付き天板を検討して御来店いただいたのですが、店内を案内しているうちに、杢の入ったブラックウォルナット材を気に入っていただき、同じようなサイズですが価格は3倍近くするものに変更になりました。
30歳くらいの若い方だったので、予算も考慮して45000円の板に目星を付けてきたものと思い、3倍近い高額の杢板は、「こんな板もありますよ。」くらいの軽い気持ちでお見せしたのですが、予想に反して、お客様にとっても気に入られ、「これでお願いします。」と、意外にあっさりご注文をいただくことになりました。
加工内容として、カウンター天板は平面出し加工・磨き・オイル塗装、スツール天板は、丸くカット・磨き・オイル塗装・鉄脚取り付けなどを行いました。
テーブル・カウンターなどのフルオーダー製作依頼も承っておりますが、無垢板(素材)のみの御依頼や、素材・天板のみの仕上げの御依頼なども大歓迎ですので、まずは御来店いただき、ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 22:45

2016年09月26日

桧の幅広薄板

91000001.jpg
9100003.jpg
写真は、先日入荷した桧の幅広うす板で、約800mm角以上あります。
桧の幅広板は貴重なので、ほとんどを人目につかない場所にストックしてしまったのですが、そんなことばかりやっていては商売にならないので、秋のセールにあわせて販売開始予定です。その前に見てみたい方は、お声かけ下さい。

当店の隣のコインパーキングに、近々、ワンルームのアパートが出来るようです。
当店作業場では、夜遅くとか、日曜祭日とかに作業せざるをえないこともあったりするので、新しい住民がきたら何か言ってくる人もいるかもしれないと思うと少し不安もあります。
吉祥寺好きで、勝又木材のことも知っていて、作業で発生する音などを大目にみてくれる方が引っ越してきてくれることを願ってます。

投稿者 katsumata : 23:35

2016年09月23日

モンキーポッドのカウンター板

919003.jpg
919004.jpg
材木屋ルートでは入荷しづらいモンキーポッドの板が入荷しました。
写真の板は、長さ3mと2.6m、奥行はどちらも約40㎝、厚みは55mm前後で、キッチンカウンターなどにはちょうど良いサイズです。
モンキーポッドは、白太があまりキレイではなかったりするせいか、広葉樹材としては最も安い部類の板なので、約2.6mの板を48000円、約3mの板を58000円にて販売開始しました。
長さ2m以下の板は3万円以下で販売していますので、興味のある方は是非ご来店下さい。

最近は、外国人の方の来店が多く、今日もカップルで御来店いただきました。私はほとんど英語がしゃべれないので、なんとなく声をかけられないようにしているのですが、今日は接客させていただきました。
男性の方がいくらか日本語をしゃべれたので、何とか話がまとまり、ご注文をいただくことができました。
このところ、ご注文いただいた外国人のお客様からの紹介の外国人のお客様、そのまた御紹介いただいた外国人のお客様・・・が毎週のように来店してくれるので、この感じが続くようなら、遅まきながら「英会話教室にでも通った方がいいのかも・・・」と、10%くらい思っています。

投稿者 katsumata : 22:56

2016年09月22日

楓の杢板

9220051.jpg
9220061.jpg

杢板だったのですが、ネジレていて埃をかぶっていて、他の板の下になっていて、売れる気配がまったくなかったので、長さ約2mの板を3つに切って、少し歪みをとりながらプレーナーで削りました。
薄くはなりましたが、大き目の板は、ぎりぎりソファテーブルサイズで、小さい板2枚は、杢が多く出ています。
杢板は人気があり、そんなに安くはありませんが、明日から販売開始します。

夏に体重を落としたまではよかったのですが、リバウンドしないように気を付けるというのも結構大変で、休みの日に何の予定もなく家にいると、ろくに動かずにテレビを見ているか、本を読んでいるか、昼寝してしまうか、食べているかくらいしかないので、間違いなく太ってしまいそうです。
そんなとき、自宅と会社は目と鼻の先なので、販売促進と腹ごなしを兼ねて、板を削ったり、整理したりしに作業場へ行きます。
木に囲まれていると、気分も良く、落ち着きます。
たまにお客様から「こんな木のいい香りの中で仕事できていいですね。」と言われますが、自分自身、本当にその通りだと思っています。あとは利益が上がってくれば言うことはないのですが・・・。


投稿者 katsumata : 23:26

今月の特価品

9220031.jpg

オモテ面無節の桧一枚板を削ってみました。
サイズは約2650mm×巾450mm前後×厚50mmほどですが、いろいろと難ありです。
まず、裏面に腐けがあります。それと、巾が狭いところは340くらいしかなく、広い方の端には皮が残っています。そういったこともあって、本格的なお鮨屋さんのカウンターに使われるような桧の無節一枚板を今月の特価品として、税込5万円にて販売します。
使うあてのある方は、是非この機会に実物を見に御来店下さい。


投稿者 katsumata : 22:16

天然杉、生材特価

922002.jpg
写真は入荷したばかりの黒芯天然杉で、未乾燥です。
かなり雰囲気のある板ですが、生材ということもあって競りで安く落札できたので、写真の3枚は、1枚あたり2000~3000円で明日から販売します。
目をひく板のため、この値段ならたぶん早めに売れてしまうと思いますので、興味のある方はお早めに。

投稿者 katsumata : 22:07

2016年09月20日

簡易製作品、ネットショップに初出品しました。

kbench.jpg
今日、「欅(けやき)のベンチ」と「樺(かば)天板のテレビ台」をネットショップ上に出品しました。
「本物の無垢一枚板を使い、できるだけ手間(時間)をかけずに、本物を感じられる。」というのが、簡易製作品のコンセプトです。
よって、表面仕上げは荒仕上げ(プレーナー削り痕あり)状態だったり、ところどころビスを打っていたりしますが、遠目にはキレイに見えるように作っています。

新規追加品3点を更新しました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 16:43

2016年09月19日

今月の特価品

919009.jpg
9月も後半になりましたが、今月の特価品をご紹介します。
写真のクルミの板ですが、元々は長さ2.5m以上、厚50mm前後ありました。今日、後ろの方から引っ張り出して削ろうとしたところ、縦反りや歪みがひどかったので、長さを半分にカットしてから削りました。平面出し作業まではやっていませんが、多少、歪み調整もしました。
2枚共、サイズは約1250mm×450mm×32mm前後くらいで、どちらも1枚8000円にて販売します。
耳なし材ですが、国産広葉樹の乾燥材ですので、かなりのお買い得品だと思います。

投稿者 katsumata : 20:45

新入荷材・蔵出し材、いろいろ削って展示します。

919001.jpg
919002.jpg
今日は特別用事もなく、家でゆっくりする気分でもなかったので、新入荷のモンキーポッドや青森ひば・栗など、板を重ねてある後ろの方でほとんど人目にふれなかったクルミ・栃・カバ・椋などの板を削りました。
しばらく天気が悪そうで気分も晴れませんが、秋は仕入の機会も多く、そのぶん入荷も多くなりそうなので、板を片づけながら、削ったり、特価品を出したりして販売を促進させたいと考えています。

投稿者 katsumata : 19:00

2016年09月17日

栗の耳付乾燥板、入荷しました。

916005.jpg
栗の両耳付乾燥板が20枚近く入荷しました。
サイズはおよそ2m弱で、厚み35mm前後、巾は大きいもので30㎝前後といったところです。
先ほど、数枚に価格を付けてきましたが、6000円~12000円と通常より安めにしてありますので、興味のある方は早めに見に来ると選べると思います。
人工乾燥してあり、比較的歪みも少ない材なので、そういったことからもお買い得だと思います。

投稿者 katsumata : 12:09

2016年09月16日

店舗カウンター

916001.jpg
916003.jpg
写真は、今日搬入させていただいた「欅のL型カウンター」です。
吉祥寺中道通り沿いの2階でオープンする店舗で、カウンター以外はあまりいじってないような感じでした。ほぼ居ぬきでオープンになるのか、これから工事リニューアルするのかはよくわかりませんが・・・。
店舗のカウンターや一般住宅のカウンターは、当店が最も力を入れている部門ですので、興味のある方は是非、御来店・お問い合わせ下さい。

投稿者 katsumata : 20:10

2016年09月15日

筑波まで仕入れに行ってきました。

915001.jpg
915002.jpg
写真は、今日の競りで仕入れたものの一部で、せっかく筑波まで行ったので空荷で帰るのももったいないため持ち帰ってきました。
もち帰った材の内容は、ナラの乾燥板・栓の耳無し乾燥板・モンキーポッド・杉の4mカウンター板・栗の耳付巾狭板などです。
その他に、ミャンマーウォルナットという名で出品されていた謎の板や、シャム柿の短材・桧カウンター天板・山桜・クラロウォルナットなど、いろいろと競り落としましたので、来月あたり入荷予定!お楽しみに。

吉祥寺で有名な「肉のサトウのメンチカツ」を御存じでしょうか。
テレビなどでもよく取り上げられる行列のできる有名店です。なぜか今日は家に帰ってみるとそのメンチカツがいっぱい置いてあり、ダイエットのリバウンドを気にしつつも4個食べてしまいました。
昔は5ケ500円だったのが、何回か値上げして、現在は5ケ900円になっていて、「うぁー、ずいぶん高くなったなあー」なんて思いつつも、「肉のサトウのメンチカツ定食」なんてメニューがあって、メンチカツ2個とキャベツ・味噌汁・ライス付きで800円とかだったら、「きっと人気の定食になるんだろうなあ。」と思うと、5個900円というのも、それほど高いものではないような気がします。
自分は、夏に、揚げたてのサトウのメンチカツに塩ふって食べながら、ビールを飲むのが至福のひと時の一つです。


投稿者 katsumata : 22:27

2016年09月14日

100円コーナー

913004.jpg
このところの度重なる台風で、外に立てかけてある40mm×30mmの垂木が濡れてしまい、乾く間もなくまた濡れてしまい、さらに湿度が高いこともあって、10束以上にカビが発生してしまいました。
木自体も白太の柔らかい良材ということもあり、カビの発生を促進させてしまったことと思いますが、こういった事態は今まで記憶にありません。
こうなってしまった以上、通常通り販売するわけにもいかないので、半分に切って、100円コーナーに出品しました。100円コーナーは、30本以上ご購入いただけば半額(1本50円)になりますので、何か使いみちのある方はまとめ買いのチャンスです。(もともとは、1グレード上の垂木材ですので、曲りなどは少なめです。)

新規追加4点(朴・米ヒバ・ブラックウォルナット・杉)、ネット限定特価品3点(栗・シナ・杉太角)を更新しました。ネットショップも是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 09:19

2016年09月13日

壁面収納家具

KC4A0580_R.JPG

写真は先日納品させて頂いた箱物収納家具です。

ナラ材の突板で箱を作り、CT天板は集成材を使っており、ウレタン塗装で仕上げてあります。CTは2分割、箱は5分割にでき、現場で壁面に取り付けて納めました。幅は約5メートル超あります。

現場で納める仕事は、慣れていない場所での作業や緊張感などで、普段より気疲れしますが、お客さんが喜んでくれた時には工場のみの作業では味わえない喜びがあります。

ご注文を頂き、またお時間を頂きお客様には本当に感謝です。どうもありがとうございました。

弊社の製作品の割合では無垢一枚板のカウンター製作の仕事が多いのですが、ご希望や予算に合わせて色々な家具も製作しています。少人数なので早い納期にはなかなか対応が厳しいことが多いですが、ご質問・ご希望などありましたらお問い合わせ下さい。

製作担当でした。

投稿者 moriya : 11:46

2016年09月12日

松板と丸太

912001.jpg
912002.jpg
写真は、本日納品させていただいた松板と丸太です。
このところ毎年ご注文いただいているお客様で、1回の注文で3トン車1台分いただく感じです。そのため、一度の配達でそれなりの売上をあげさせていただけるので、有難いお客様です。
1本2本であれば、近所のホームセンターなどで購入したほうが安くあがるのかもしれませんが、量や種類が多いと、揃えるのが大変だったり、配送が大変だったりするので、聞きにくいかもしれませんが、材木屋に問い合わせてみるのも一つの方法だと思います。
木に関することなら何でも、気軽にご相談下さい。

投稿者 katsumata : 23:03

2016年09月11日

幅広短材の薄い無垢一枚板、大量入荷です。

911001.jpg
911002.jpg
911003.jpg
911004.jpg
911005.jpg
杉を中心とした幅広薄板が大量入荷しました。これまでは、あまり大量に入荷することがなかったので、通常価格で置いていてちょっとずつ売れていく感じだったのですが、今回は安くまとめ買いしてしまったので、1枚1000円くらいを中心価格帯にして明日より販売します。
ちょっとした看板や掲示板とかに使ってもいいし、サイズカットして杉板の箱とか作ってもいいと思います。
桧の幅広薄板も数十枚入荷したので、早く売れるように安めの価格設定で明日から販売します。
興味のある方は是非、在庫がたくさんあるうちに御来店下さい。

9月から10月は仕入のシーズンです。3日前にも、桂の厚板・台湾桧梁材・無節化粧桧材・高樹齢杉・その他安値処分材などを仕入れました。(特に、台湾桧は高額商品です。)
来週というか今週というか、明日からの週にも仕入の競りがあり、10月にも最低2回は競り仕入に参加を予定しています。
沢山仕入れて在庫が溢れるのは気になりますが、仕入れすると、売らないといけない気持ちになり、削ったり、ブログ記事載せたり、宣伝したりしなくてはいけない気がして、販売するための活力源になります。

投稿者 katsumata : 22:32

2016年09月10日

水木の棟札

910004.jpg
910005.jpg

写真は、今日発送した「水木の棟札」です。今回のサイズは、在庫の板でとれるだけの大きさにしたので、長さ約90㎝×巾22.5㎝×厚30mmでした。ちなみに、仕上げ代込で14000円です。
水木の板の在庫はまだありますので、必要な方は是非お問い合わせ下さい。

投稿者 katsumata : 22:43

2016年09月09日

切り株丸太の納品

725001.jpg
725002.jpg

おおよそのサイズ指定をいただき、注文で取り寄せて、磨いて納品させていただいた杉の切り株丸太です。
当店で通常販売している切り株とは値段が丸1つ~2つ違う納品価格になりますが、商業ビルのエントランスに設置するようなものとなると、あんまり仕上がってないものを置くわけにもいかず、他に頼む会社もなかったようで、珍しく高額切り株丸太を受注することになったことと思います。

木のことなら何でも、気軽にご相談下さい。

投稿者 katsumata : 11:51

2016年09月05日

9月2日紹介の杉杢板、削りました。

905009.jpg
905011.jpg
先日のブログで紹介した杉の杢板を削りました。
競りに出ていた杢がでてきて、「あー、こんな板だったなあ。」と思い出しました。
この板は、もともと長さ4m前後あった板の最もいい部分なので、当初のもくろみには足りませんが、サイズ約2.3m×巾350mm~600mm×75mmくらいあり、税込10万円で販売予定です。
残りは、1つ8000円で販売予定です。
なかなか出てこないサイズの杉杢板ですので、興味のある方がいらっしゃしましたら、ぜひこの機会にお求めください。(私の今までの仕入れ経験で、このサイズの杉杢板は初めてです。)

投稿者 katsumata : 22:20

2016年09月02日

失敗仕入れになってしまうのか

901001.jpg

901002.jpg
写真は、競りがエスカレートして結構な高値で仕入れてしまった杉杢の厚板ですが、厚みがあったため立てかける気にもなれず、ブルーシートをかけて外に置いていました。
桟積みの一番上にあって、ブルーシートが劣化し、さらにこのところの台風で半分くらいめくれあがっていたため、昨日、仕方なく3つに切断しました。
暇をみて、削ってから展示販売する予定ですが、3つに分けたうちの杢が強く出ている1つ以外は数千円で販売するしかなさそうです。
高額で保管の難しいものは、考えて買わないといけないと勉強になりました。

このときの競りの様子ですが、同じ原木からとれた杉の杢板が私が仕入れたものを含めて4枚出品されていました。
競りが始まる前に全体を見回したところ、とくにこの4枚が目立っていたので、そのうちの最低1枚は絶対に仕入れて帰ろうと思っていました。
いざその競りの順番がまわってきたら、ほかの人たちも目を付けていたようで、1枚目の端っきれみたいな薄い杢板でさえ、通常の5倍以上の値が付いてしまい、その流れで2枚目・3枚目と高値が続き、競り参加を躊躇しているうちに最後の1枚になり、最後は競りあがるままに競り合ってしまい、当初考えていたよりだいぶ高く買うことになってしまいました。
競りの最中に躊躇していて買えないと、「あの時、もっと値を出せばよかったかなあ。」と思ってしまうし、今回のようについついエスカレートして、高値で買って後悔してしまうこともあります。
それが競りのおもしろいところなのかもしれません。


投稿者 katsumata : 08:23

2016年09月01日

桐のカウンター天板

830001.jpg
830002.jpg
桐の3m強×500mm前後の一枚板をプレーナー削りしました。
桐は比重が軽いため、在庫としては扱いやすく、このくらいの大きさでも一人で余裕で持ち運びできます。
2階ショウルームにて展示販売開始しました。

投稿者 katsumata : 13:07