[2016年03月] アーカイブ

2016年03月31日

桧の落とし材、まとめて特価販売!

3313.jpg
3314.jpg
3315.jpg

写真は、現在納品させていただいている店舗改装現場で使った桧材の切り落としだったり、厚み足らずで使えなくなった材だったりします。
最も大きな板は、長さ約2600mm×250mmくらいで厚み20mm弱の薄板で、他は120mm×15mmや100mm前後×30mmなどで、それぞれ十数枚あり、全部が桧材です。
ただ左の巾広の板3枚だけは、長さ約90㎝×巾210mm×30mmの杉板です。
写真の板を全部合.わせて、一式10000円にて、明日より特価販売開始です。
1週間たっても売れないようであればバラバラで特価販売することになりますが、総額は2倍以上になると思います。

投稿者 katsumata : 23:24

2016年03月27日

杉特価品入荷

3265.jpg
3266.jpg
天杉(植林でない天然の杉)と思われる特価板が数十枚入荷し、小さめの板や難ありの板を、500円~5000円くらいで昨日より販売しています。
削ったらなんとも言えない香りがしてきそうな高樹齢のものや杢の良い板は5000円~22000円くらいに値付けして展示販売を開始しました。(このうちの数枚は艶のある黒っぽい板で特にオススメです。)
ほとんどがまだ半生材ではありますが、通常販売している板より割安感のある価格になっていますので、是非この機会に御来店いただき、品定め下さい。
また、木がどれほど水分を含んでいるか、自然乾燥状態といえるかを確かめる含水率の測定もできますので、要望があればスタッフまでお声かけ下さい。

昨日の夜は、家族が卒業イベントで各々出かけて留守だったので、西友でアメリカ産ステーキ肉(380gで600円台と豚肉より安いのではないかという価格)を買って、一人で焼いて、赤ワインとともに至福の時間を過ごしました。
家で食べると、「いきなりステーキ」で食べる3分の1以下の金額で食べられるし、肉もほどほどに柔らかくほどほどに脂もあるので、オススメです。


投稿者 katsumata : 12:38

2016年03月26日

丸太製材

32522.jpg
今日は、お預かりしていた桜丸太を新木場まで製材にもっていきました。
製材後、その近くにあるバイオ乾燥窯に入れて1ケ月くらい経ってから引き揚げて、丸太持ち主様宅の新築で使用予定になっています。

高樹齢の杉板で比較的安いものが数十枚入荷しましたので、売れやすいように少しづつ切ったり削ったりして展示販売していきます。興味のある方は是非ご来店下さい。

                                              

投稿者 katsumata : 00:10

2016年03月23日

ブビンガ天板

3237.jpg
3238.jpg
昨日ご紹介したブビンガの天板を磨いています。
奥行750mm以上あるのでカウンターというよりテーブルに近い巾広サイズの天板で、長さも3.6m近くあり、明日午前中に仕上げて納品する予定です。
ブビンガは店舗などに使うことの多いカウンター天板ですが、今回は珍しく一般住宅の部屋の壁に片側付けて、子供3人の勉強机として使うそうで、昔、私も思い描いたことのある使い方です。(うちの場合は結局、私が製作に取りかかるのを家族が待ちきれずに市販の勉強机を買ってしまいましたが・・・。)


3月も下旬ですが、ネットショップの「今月のネット限定特価品」コーナーに小さい天桧を掲載しましたので、是非ご覧ください。お試し処分の超特価なので、小物を作る方は買っておいて損はないと思います。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 23:03

2016年03月22日

ブビンガ

3222.jpg
2階に寝かせていたブビンガカウンター天板の行先が決まり、今日、プレーナーに入れました。
写真はプレーナー削りの途中で、中央周辺が削れている部分です。
ブビンガは私がこの業界に入ったころはまだ、巾広天板のとれる安い広葉樹材のイメージだったのですが、今では輸入が激減しているようで、当時の1.5~2倍くらいの値になっているような感じがします。
(実際に当店でも、大きいブビンガの天板在庫は、これでなくなります。)
ブビンガは仕上がってしまうと、杢がキレイで重厚感もある良材なのですが、重たくて硬いので加工が面倒なのが難点です。その点ブラックウォルナットは輸入広葉樹でもブビンガよりだいぶ軽く扱いやすいので、そういったところからも人気が集まるのかもしれません。

投稿者 katsumata : 21:54

2016年03月17日

桧乾燥材

31733.jpg
昨日に引き続き桧ですが、写真は上2本が低温乾燥材、下が中高温乾燥材で、ご覧のように低温乾燥材は桧本来のピンクっぽい色合いなのに対し、下の1本は黄色っぽい色合いになっています。
低温乾燥は色艶もよく、香りも桧本来の香りに近いのですが、高温乾燥材はちょっと燻製っぽい香りがします。
今、流通している桧柱は背割れのないものはほとんど中高温乾燥になっているのではないかと思います。
というのも、高温乾燥は内部割れのため表面には割れが分かりにくいのに対し、低温乾燥だと表面割れが出て見栄えがよくなかったり、乾燥時間がかかり、コストに影響が出てきたりといったことがあるのだと思います。
と、偉そうなことを言っていますが、見るからに割れていたり、曲がっていたりする柱を売るよりは、比較しなければわからない高温乾燥の黄色っぽい色の桧柱を売っているほうがクレームになりにくいといったことは事実であり、結果として、そういったものが主流になっていくのは当たり前のことなのかもしれません。

今日、仕事が終わって吉祥寺のカルディにワインを買いにいってみると、いつも税込1200円くらいで売っているカルディで一番のお気に入りの赤ワインが税込800円くらいでセール特価品になっていて、さらに10%OFF券を持っていたので、8本まとめて大人買いしてしまいました。
左右の手に4本づつ持って何とか家まで持ち帰りました。これでしばらくはおいしく赤ワインをいただけそうです。


投稿者 katsumata : 22:46

2016年03月16日

桧の節板

3161.jpg
3164.jpg
お好み焼き屋さんの店舗で使うとのことで、桧の節板(削り後で250mm×20mm)を数十枚注文いただいたのですが、枚数が多く、ちょうどよい在庫がなかったので、仕入先から写真の板をいただきました。
特に指定したわけではなかったのですが、仕入先の問屋さんにもちょうどよいサイズの桧の在庫がなかったのか、大半が木曽桧の節板で入ってきました。
納期に余裕がなくて特殊サイズの板を乾燥材で揃えることになると、だいぶ大きめの板から木取りしたり、今回のようにブランド材を使うことになったりすることがあります。
といっても問屋さんは普通の桧の価格で納品してくれるので、有難いことです。(もちろん、うちも木曽桧指定で受けた注文ではないので、普通の桧の価格で出すことになります。)

木のことなら何でも気軽にご相談下さい。


投稿者 katsumata : 20:15

2016年03月15日

タモ杢板

2135.jpg
写真は、引き合いがあって仲間の同業者さんから取り寄せたタモの杢板4枚ですが、しばらくたっても返答が来ないので、興味のある方がいらっしゃいましたらお声かけ下さい。(安いものではありません。)

今年は何故か糖分を欲していないのか、真冬でも日本酒を飲みたいと思うことが少なかったので、代わりにワインを飲むことが多く、そのおかげなのか、二郎系ラーメンなどを食べたりと気にせず過ごしているわりに予想以上のリバウンドもなく過ごしています。
それでも内臓脂肪が気になり、ガセリ菌ヨーグルトなるものを購入してこのところ毎日食べています。

投稿者 katsumata : 22:18

2016年03月14日

栗の平角

kuri3101.jpg
しばらくの間、市場で保管してもらっていた栗の平角を3本持ってきて、そのうちの1本を削ってみました。
サイズは約230mm×110mmくらいで、長さは3mと4mがあります。
玄関框に使ったり、新築時の化粧梁に使ったり、割って接いでカウンター天板にしたり、いろいろな使い方があると思います。


投稿者 katsumata : 21:51

2016年03月13日

桧ベンチ

3121.jpg
3122.jpg
店舗の仕事で2.5mの桧材50本他の注文を受け、3m材を切ったら50㎝くらいの短い端材などがいっぱい出たので何か作ってみたくなってしまい、仕事が詰まっているにもかかわらず、写真のベンチを作ってしまいました。天板は上小節の桧材を使っています。下に靴も置けるので、玄関先に置くことをイメージしました。
短い端材を売るための台として当面使っていますが、それ自体も税込18000円で販売しています。
脚に使った桧の端材は約90mm×45mm材で、数十本を長さ400mmと500mmに切りそろえてどちらも1本300円で販売しています。

今年は、花粉症の症状は出ているものの寝るときにマスクするほどではなく、外に出ていてもマスクしていればそれほどつらくないので、今年の春はいつもより過ごしやすい気がします。
花粉症になってからというもの、最も嫌いな季節が春になって、次に、年をとるとともに体が動かなくなってくる感じがある冬が嫌いになり、それまで最も嫌いだった暑い夏がそれほど嫌ではなくなってきました。
花粉症の時期も桧花粉を入れるとあと1月半ほど続きますが、このくらいの感じで過ごせることを願っています。

投稿者 katsumata : 18:26

2016年03月11日

今月の特価品

3113.jpg
3115.jpg
入荷してまだ一枚も売れていない「天橋立産の脂松」のうちの一枚を平面出して、プレーナー削りして、今までと同じ価格の30000円で明日から「今月の特価品」として販売します。
サイズはソファテーブル天板サイズです。
脂松はとにかく魅せられてしまう素材で、一般に和室の地板には脂松の貼り物を使うことが多いのですが、もし無垢材を使ったとすると、1枚で数十万円もするような高級材です。
自分で仕入れておいてこれまで一枚も売れていないので何とか売りたいと思い、他の材を平面出したついでにこの板も削ってみました。
穴が空いていたりして難ありの板ではありますが、とにかく置いて観賞するだけでもいい材ですので、是非実物を見に来て下さい。

3116.jpg
31177.jpg
3118.jpg
栗の片耳付板を平面出してプレーナー削りしてネットショップで4万円くらいで出そうと考えていたのですが、削ってみたら釘が2本、板から出てきました。その部分をほじくったあとが2枚目の写真にある穴2か所です。
よって、明日から、「今月の特価品」として1万円で販売します。
【売り切れました】
サイズは約1950mm×300mm~400mm×36mmくらいです。
平面出してあり、あとはDIYでサンディングしてオイルでも塗ってそのまま使えるので、そう考えるととっても安い買い物だと思います。

本音を言うと、栗はすぐ売れるような気がしますが、脂松は売れるかどうかかなり不安です。

明日は、ほぼ一日、加工しながら店番して皆さんの御来店をお待ちしています。


投稿者 katsumata : 21:39

2016年03月10日

特殊加工

3073.jpg
写真は外注で削っていただいたもので、亀甲模様のナグリ加工のようになっており、手加工のため完全に均一模様ではないのが味にもなっています。
日々いろいろな相談・問い合わせがあり、木に関するいろいろな仕事を見積り・加工・製作まで主に自社施工(一部外注)で承っています。
木のことなら何でも気軽にご相談下さい。

投稿者 katsumata : 00:03

2016年03月07日

ひのき特価品

3076.jpg
3078.jpg
3074.jpg
3075.jpg
上2枚の写真は木曽桧の節板で、少し前から数枚をかなり特価で出していたのに反応が薄いので、そのうちの1枚を平面出し後にプレーナー削りしました。もともと特価で販売しているのでこれ以上安くすることも難しいので、削り代も含め10000円にて販売します。サイズは削り後で約1.2m×40㎝×28mmくらいある乾燥材ですので、そのまま看板板や天板などに使えます。
下2枚の写真は、上級のものではありませんが桧役物の切り落としですので、100コーナーに出すのも気が引けたので、全部まとめて1000円にて販売します。

投稿者 katsumata : 22:22

今月の特価品

3051.jpg
3052.jpg
写真は栗の一枚板・自然乾燥材で、上が表、下が裏(右上・左下に削り残り部あり)になります。
サイズは約1160mm×600mm~700mm×47mmくらいで、上にヒビ、下に虫喰い・ヤケのある難ありの板ですが、歪みは少なく、台の上に置いて多少のパッキン調整でそのまま使える程度です。
難有りとはいえ栗の一枚板で巾600mm~700mmあるものですので、歪みが少なくてプレーナー削りした乾燥材を1万円を切るような特価で出すことはほとんどありません。
今日から8800円にて販売しますので、興味のある方は是非ご来店下さい。(今月の特価品に関しての電話やメールでの予約は受け付けできませんので、御了承下さい。実際に御来店いただいた方のみの販売とさせていただきます。)

投稿者 katsumata : 09:13

2016年03月05日

杢板も展示販売中

3053.jpg
3054.jpg
3055.jpg
3056.jpg
3057.jpg
写真のような杢の入った板も店内展示して販売しています。
こういったものは実物をよく見て納得しないとなかなか購入しにくいものですので、興味のある方は是非現物を見にきて下さい。

投稿者 katsumata : 23:41

ブラックウォルナットカウンター天板

1095.jpg
1096.jpg
写真は、ブラックウォルナットの一枚板で、サイズは約3.3m×500mm前後あり、現在は2階ショウルームに展示して税込22万円にて販売しています。
外に数年置いてあったものを削っていますので、乾燥してます。

一昨日は、埼玉の市場まで行って競りに参加し、高樹齢杉のそれほど高額でないものをいろいろと仕入れてきました。その他にもスプルスの巾広カウンターサイズの一枚板や楠の厚板、市場の在庫処分で特価で購入した桧フローリング十数坪分などなど・・・。
入荷したら、また御紹介したいと思います。

投稿者 katsumata : 09:03

2016年03月02日

杉カウンター

2221.jpg
2222.jpg
写真は先日納品させていただいた杉のカウンター2枚で、長さ4m前後あったものを3m弱にカットして一般住宅の新築現場に納めさせていただきました。
先ほど掲載した「今月の特価品」は、このカウンターの切り落としです。

投稿者 katsumata : 22:04

今月の特価品

3021.jpg
カウンターの切り落としを今月の特価品で販売します。
2枚共に厚みは50mm前後あり、左の板(無節)はソファテ-ブルサイズで、右の板は小カウンターとか看板サイズです。
価格はともに税込3900円にて、10分前くらいから販売開始しました。
自然乾燥済のお買い得品です。【すみません売り切れました】(3月3日16時)。

投稿者 katsumata : 10:04

地松、入荷してます。

2273.jpg
米子で仕入れた松の天板が入荷しました。
どれもヤニの入った松で、磨けば和室の地板などで使う高級材になります。
また、一枚板を2枚接ぎしてテーブル天板を作ることも可能です。
興味のある方、是非ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 08:59

2016年03月01日

丸太製材

3011.jpg
今日、新木場の製材所へ楠の丸太をもっていきました。この丸太を板数枚に製材してもらい、その後バイオ乾燥窯に入れてもらう予定です。
この丸太は(株)カツマタで新築予定の施主様の庭木をお預かりしたもので、建築時にカウンターなどの天板・その他に使う予定です。
伐採した庭木を製材して住宅の一部に使用するといったようなことは、大手住宅会社ではやってくれないと思いますので、こういった要望をお持ちの方は早めにご相談下さい。

ネットショップ、「今月の特価品」コーナーに処分品を掲載しましたので、是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら


投稿者 katsumata : 22:36