[2015年11月27日] アーカイブ

2015年11月27日

杉無節の長期在庫材

11271.jpg
限りある材木置き場に長期在庫材が多数ありスペースを潰しているので、安くても売っていこうと整理を始めました。
木材は一品一品異なるので、良材ほど大事にしまっておいて、高値で売れる日を待ちつつ長期在庫として残っていく傾向にあります。
実際に、高額でもとにかくいいものが欲しいといった要望よりも、予算内で納まるものを希望されるお客様のほうが圧倒的に多いので、自然と良材が残っていくことにもなります。
「だったら良材を仕入れなければいいじゃないか。」と言われるかもしれませんが、競りで並んでいる材料を見るとどうしても良い材に魅せられてしまい、やめられません。
だから、廃業した材木屋さんの蔵出し材は良材が多く残っているんだと思います。
写真の杉無節材は乾燥し過ぎているし、もはや良材ではなくなっていますが、ご希望があれば処分特価にて販売しますので、興味のある方は是非見に来て下さい。
サイズは45×40、120×45、105×45、その他いろいろあります。

投稿者 katsumata : 09:04