[2015年09月12日] アーカイブ

2015年09月12日

ヤニ松の薄板

9121.jpg
薄くて巾も10㎝くらいしかない板なのに、あまりにヤニ松とも肥松とも呼ばれるこの板の模様がキレイで、100円コーナーには入れずに、1000円~展示販売しはじめました。
何に使うのかを考えると買えなくなってしまうので、キレイだと思ったらまず手に取ってみて悩んで下さい。

ヤニ松の板は個人的にもとても魅了されるのですが、実際に自宅で使用したかというとそうでもなく、そう考えると、木のもつ個の力が強すぎて全体と合わせにくいのかもしれません。
建築で使うとすると、和室の床の間の地板とか、廊下の縁甲板など横になる部分で使われている気がします。
ヤニ松材はどうしても和の雰囲気になり、現代の家ではそれに見合う家も少ないと思うので、何かに合わせるのではなく、それだけで独立した木工製作品などを作ってみたらいいかと思います。


投稿者 katsumata : 21:55