[2015年07月23日] アーカイブ

2015年07月23日

久々、手きざみ材の配達

7231.jpg
昨日は数年ぶりに、大工さんが手刻みした木材を現場へ配送してきました。
近年では、工場にて大型機械が加工するプレカットによる構造木材加工が主流となっていて、大工さんによる構造材の手刻み加工は失われつつあります。
そういった状況になったことで、材木屋もただ場所を空けておくわけにもいかず、加工場所を縮小してしまっているため、東京では特に手刻み加工は極めて少なくなっていると思います。
昔は当たり前だった刻み材の配送が、なんだかとてもなつかしく感じました。

投稿者 katsumata : 22:44