[2014年08月06日] アーカイブ

2014年08月06日

桧の縁甲板

enko1.jpg
和室の一部に貼ったりとかで使うことが多いのですが、和室自体が減っているわりには桧の無節・上小節などの縁甲板(フローリング)が以前よりも出ている気がします。
写真からわかるように、縁甲板は何枚か重なり合ってビニールで梱包されているため、蒸れてヤニが噴出してくることがあり、以前、許容量を超える量のヤニが噴き出ていて何枚か交換したこともありました。
シート貼りの桧風縁甲板を使っていたらそういったことはないし、もし商品に不具合があったら建材メーカーにクレームで交換してもらえるので、売る側としてみたら都合がいいことは確かです。
安いというだけではなく、あとあとのクレームの可能性を考えるとメーカー品建材が売れるようになってきたのは当然で、少ないとはいえ当店でも扱っていますし、今後も無垢一本になるということは考えにくいと思います。
ただ、素材選定の相談をされたら、予算も考慮しつつ、「自分が住む家に使いたい。」と思うものかどうかを基準にしてオススメしているつもりです。

投稿者 katsumata : 00:15