[2014年07月] アーカイブ

2014年07月31日

間引き整理中

019.jpg
無垢板を展示して販売しているのですが、入荷が多いとどんどん板が重なってきて、何とかしようと思いつつも優先順位が後になっていてそのまま放置したり、ちょこっと片づけるだけなのですが、今、ネットショップ出品用に板の写真を撮って一部を別の置き場に移しているため、少しですが間引くことができたので入って右隅あたりは以前に比べスッキリして少し見やすくなったと思います。

今日、建設会社のベテラン現場監督が加工場に来て、「やっぱりここは木のいい香りがするねー」というのです。一般のお客様からはよく言われることなのですが、その人に言われたので、「いつもの香りなんじゃないんですか?」と聞いたら、「いやー、今は本物の木より建材の方が多くて・・・・・。」と言ってました。
化学物質がどれくらい人体に悪いものなのかわかりませんが、農薬などの有害物質が制限近く含まれている食品と同様、長く摂取し続けることで何か影響が出てくるものなのかもしれません。

投稿者 katsumata : 23:42

屋久杉テーブル 納品

KC4A0128_R.JPG

ブログのアップが遅れてしまいましたが、少し前の気候のいい頃に、とある別荘地までテーブルの納品に行ってきました。写真は別荘外観です。

こちらのお客様は当店の大のお得意さまで、木を見る目もさる事ながら、様々な面で審美眼が優れており、いつも色々なものを見せていただいているので、納品も楽しみを兼ねて行くことになりました。

KC4A0132_R.JPG

壁面は左官屋さんのきちんとした仕事。

KC4A0133_R.JPG

金物を使わず木の継ぎ手で。大工さんの仕事。

きちんとした仕事に対してきちんとお金を出して職人や文化を育てる、というお客様の言葉が印象的でした。

KC4A0140_R.JPG

こちらは納品させて頂いた屋久杉のテーブルです。
目も詰んでおり、極上な材です。僕自身の木工のキャリアでも今後このような仕事ができるかわかりません。

KC4A0126_R.JPG

脚部は趣向を凝らし、屋久杉の貫きが主張するようなデザインにしてみました。深くは存じ上げないのですが、木村二郎さんというすばらしい家具デザイナーさん(実際に職人としても活動されていた方)のデザインをオマージュして加工しました。

KC4A0127_R.JPG

KC4A0139_R.JPG

幕板もすべて味のある屋久杉です。

写真を撮り忘れてしまったのですが、お客様の作った漆塗りの器や古民具なども見せていただき、とても良い1日となりました。またお邪魔したいです。そして(場所の都合もあるからいつでも良いとは言って頂いていたのですが)2年以上、3年近くお待ち頂きありがとうございました。

では製作担当でした。


投稿者 moriya : 08:31

超強力両面テープ恐るべし

013.jpg
超強力両面テープで接着して作ったケヤキのペン立てを自宅のリビングに置いて使っていたのですが、ある日気が付くと角近くが完全に裂けており、写真でわかるように、その角近くの両面テープ接着面は無事だったのです。
ただ、木工での超強力両面テープの難点はテープ自体の厚みが目立つことで、それを許せれば、工夫次第で結構いろんな木工品を作れると思いますので、興味ある方は是非お試しください。騒音が出ないので都会の木工には適していると思います。
ネットショップ商品を続々追加更新してますので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 00:14

2014年07月30日

デジカメ新しくなりました。

088.jpg
写真は、近日中にネットショップに追加更新する予定の「桧の大径木の板3枚セット」です。
この写真を撮ったのは昨日購入したばかりのデジカメで、今までより少し写りがキレイな感じがします。
ケースに入れた状態でデジカメを落とし、「このくらいなら大丈夫」と思っていたのに使ってみると何だかピントがぼやけていたため、もう変え時かと考えて安い10000円以内のものを買いに出かけたのですが、2m上から落としても壊れないというふれ込みのデジカメがあったので店員さんに聞いてみると、10000円くらいのものに比べると耐衝撃性・防水性だけでなく画像もキレイだし広角に撮れるということだったので、思い切って購入しました。
まだ使い始めですが、反応も早いし画像もいいような気がするので、もっと早く買い換えておけばよかったと思います。
デジカメも新しくなって、ネットショップ商品を続々追加更新してますので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 00:42

2014年07月28日

桜のニッチカウンタ

nitti037.jpg
玄関や廊下などに付けるちょっとしたカウンターをニッチと呼んで、建材メーカーなどでも商品が発売されていますが、今回は要望があって無垢一枚板で作りました。
天然の耳が残るわけでもなく既製品と大きく違わないような感じで目立ちはしませんが、見る人が見るとわかるさりげない無垢一枚板使いになると思います。
私たち木を扱うもの(主観かもしれません)は、豪華な一枚板を使っている家よりも、質の良い木を目立たない手間をかけて使っている家に心を奪われることがあります。
写真のニッチカウンター素材は施主様宅の庭木だった桜の木を伐採し、当方で製材・乾燥・製作したもので、目立たないけど施主様にとって思い入れのある一品になってくれたらうれしいと思います。

投稿者 katsumata : 22:23

2014年07月27日

個人的おすすめ

RIMG4832.jpg
ベルモルトというビールに似た飲み物(発砲性のリキュール)は、この種類の中では個人的な好みとしては最もオススメです。
ビールではプレミアムモルツなどもおいしいのですが、ベルモルトはその半額以下(1本80円~90円)で、泡がきめ細かく苦くないので自分の好みに合っていて家ではほぼこれを飲んでいます。ただ、近所では売っていないので高井戸のイトーヨーカドーまで買いに行っています。
(あくまで個人的な好みですので、いろいろと御了承下さい。)
ブログを見てくれている方が、「たまに載せる木に無関係な記事も結構好きで・・・」と言ってくれたので、木に関係ない記事を載せてみました。


投稿者 katsumata : 17:13

2014年07月26日

唐松フローリング

karamatu_1.jpg
今日、厚み30mmの唐松フローリングが入荷しました。保管してもらっていた場所にこれ以上置いておけなくなりやむなく引き上げてきました。現在、約35坪分くらいありますのでお探しの方などいらっしゃいましたら是非お声かけ下さい。
ネットショップ商品、また追加更新したので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

以前にもブログでご紹介したことがありますが、唐松材は国産のものよりもロシア唐松と呼ばれるものの方が年輪が密で良材だと思います。(特にみんながそう言っているわけではなく、あくまで主観です。)
木という素材は樹齢が高いものほど不思議と風格を感じます。その代表的なものが屋久杉であり、同じ樹種であっても違う種類の素材ではないかと思うほどの違いです。
国産というと良いイメージがあって、ちょっと高くても安心感があったりしますし、事実自分もついお客様に「国産材です。」と胸を張って言う場面も多いのですが、輸入材でも良材はたくさんありますので、材木屋としてはあまり区別せず販売しています。

投稿者 katsumata : 00:12

2014年07月25日

空手割りの板

karate040.jpg
夏になると、空手割りの板の注文をもらうことが増えてきます。
詳しいことはわからないのですが、夏まつりなどイベントが多いことがその要因なのではないかと思います。
長さ・厚みなども注文通りカットできますので、必要な方は御相談下さい。
ネットショップ商品、板整理しながらどんどん追加更新してますので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら
ネットショップ商品は、ネットで販売することを一番の目的にしていないので、詳しくは説明していません。
写真だけで販売すると、微妙な反り・ネジレだったり、写真では見えないような細いヒビだったり、その木が持つ風合いだったりが分かりにくいといったことがあり、実物が届いて想像と違うといったトラブルが発生しやすいと思います。
それでも、インターネットがこれだけ普及すると、もしかしたら救世主になるかもしれないと思ってネットショップを始めたわけですが、そんなに甘いものではなく(というか更新をさぼっていたこともありますが・・・)、直接的な売上利益としては完全な赤字になっています。
それでもこのところ更新しているのは、やみくもにでも更新して商品数を増やせば何かが変わるかもしれないと思うからで、仕事の優先順位を上げてこの夏に相当数更新していきますので、ネットショップの方もご覧ください。(ここにきて更新している裏事情は、ネットショップホームページのリースがあと1年くらいしかないので、更新を増やすことによる成果があるのかどうか試す時間も考えるとがギリギリになってきていることもあり、その成果によりリース継続するかどうかを判断する必要があるからです。けつに火が付かないとできない悪いクセはなかなか直りません。)


投稿者 katsumata : 00:24

2014年07月22日

ケヤキ材

RIMG4768.jpg
写真はケヤキの短い平角です。
比較的目が詰まっていて、サイズは長さ50㎝前後×30㎝前後×厚12~13㎝くらいの材です。
当店の品揃えとしては板材が9割といったところですが、他に彫刻材などの角材もありますので、是非一度見に来て下さい。

最近、自宅のサッシ脇に蜂が巣を作ったことに気付き、今日家に帰ると昼間に市役所から借りてきたらしい防護服を手渡され、それに身を包んでハチの巣を撃退しました。
蜂は夜には巣に戻っているため、ハチの巣を撃退するのは夜だと一掃できるそうで、今日の最後の仕事がハチの巣退治になりました。
それとは別ですが、作業中に寄って来る蚊がうっとうしい季節になってきました。蚊取り線香や8時間効果の続く殺虫剤も使い試験中ですが、より効果の高いものがあれば是非教えてほしいものです。

ネットショップ商品、追加更新してますので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 22:20

2014年07月21日

端材コーナー補充しました。

041.jpg
前のブログの続きです。
端材コーナーに隙間が目立ってきたので、腹ごなしがてら補充しました。
当店では、端材は3段階に分けて販売しており、最も安いのが100円コーナー、次に安いのが一つ300円で詰め放題だと1000円のコーナー、最後はそれぞれ価格を付けたものとなります。
写真は、それぞれ価格を付けたもので、およそ500円~販売しています。
意外と売れているコーナーですので、是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 22:48

板、削りました。

047.jpg
051.jpg
今日ランチを食べにいったところ、おかずの量が多いのにライスが普通の量だったこともあり、子供が残したライスまで食べてしまい、ダイエット中にもかかわらず腹十分目まで食べてしまったのでこのまま家でごろごろしているわけにもいかず、腹ごなしを兼ねて作業場で板削りや端材の整理などをしていました。
写真はその時に削った板たちです。
杉・桧・栗・なら・さわら・ブラックウォルナット・レッドオーク・ケヤキなどの小さめの板で、中心価格帯は2000~3000円になります。

投稿者 katsumata : 22:05

2014年07月19日

桧節板カウンター

hinoki3645.jpg
だいぶ前(おそらく昨年)に納品させていただいた桧節板のカウンターで、記憶は定かではありませんが長さ4m以上・幅600mm以上あったものだったと思います。
桧は、杉やケヤキなどとは違いあまり大きく成長しにくい木なので、節有り板とはいってもそれなりに貴重材であり、価格も安くありませんでした。
桧はカウンター素材で引き合いの多い樹種の一つですが、サイズがちょっと大きくなったり、無節板などになると値上がり幅が大きいため予算内に収まらず、見積もり倒れになるケースの比較的多い材です。
ただ、桧無節のカウンターは使えなくても、化粧ベニヤ貼りのカウンターよりは節有桧カウンターの方が質感(本物感)は高いと思いますので、検討している方がいらっしゃいましたら予算と合わせて是非ご相談下さい。

ここ最近で2件ほどお客様からのクレームのようなものをいただきました。その二つに共通していたのは、製作を打ち合わせした方と実際に使う方が違っていたことでした。
(どちらのお客様も理解ある方だったことと、歪みも小さかったので大きく問題にはならず、無垢材の性質を説明して様子見ながら使っていただいています。)
無垢材は必ずといっていいほど多少の歪みが発生しますが、そのことの説明が足りなかったことが大きな要因で、「無垢材は膨張・収縮しますので、多少の歪み等はご了承の上お買い求めください。」といったような説明をもっとだれにでもわかりやすく伝わるようにする必要があるのではないかと考えさせられました。

ネットショップ商品、一部値下げしてますので是非ご覧ください。
勝又木材ネットショップはこちら

投稿者 katsumata : 23:23

2014年07月18日

キッチンカウンター

KC4A0115_R.JPG

KC4A0117_R.JPG

KC4A0118_R.JPG

先日納品させて頂いたキッチンカウンターです。杉の4m材を長さ半分にカットして、板接ぎして製作したものです。塗装も弊社で行っており、ウレタンのつや消しで仕上げています。
塗装の専門業者ではないので調色は出来ないのですが、市販されている色で着色し、吹き付けのウレタンによる仕上げなども対応しています。

無垢の板なので、クリアのオイルやワックスで仕上げたほうが手触りや木の色味など損なわないので、基本的にはお勧めなのですが、店舗のカウンターや、キッチンなどの水周りなどの用途を考え、ご希望があれば着色・ウレタン仕上げなど対応しています。(現場での塗装は不可)。

このキッチンカウンターもアンダーシンクといって、木口が直接水に掛かるので、塗膜をつけるようにし、床や家の雰囲気に合わせてお施主様のご希望に近い色味で仕上げました。

ちょっとした水周りのリフォームをお考えの方、無垢材を使ってみるのもお勧めです。

製作担当でした。

投稿者 moriya : 11:30

2014年07月17日

けやきカウンターテーブル

11040.jpg
写真は、欅天板のカウンターテーブルです。
天板は和室の地板などに使っていたと思われる板の再利用で、その板を削り直して磨いてオイル塗装し、脚は既成品の集成丸脚を取り付けました。
今回のように、家を建て替えする際、解体する古家に取り付けてある無垢材を使って生まれ変わらせたりといった加工をお受けすることは少なからずあります。
そういった御希望を言っても建築会社さんに難色を示された施主様も多いのではないかと思いますが、当店で可能な加工製作であれば是非ご相談下さい。(持ち込み材の加工扱いになるので、加工賃は通常の倍になりますが・・・)

年齢を重ねると、正しいのかどうかわからないけど、5年前、10年前に思っていたことと違った答えが出てくるようなことが多々あります。それは角がとれてくるといったようなことなのかもしれないし、年をとったということなのかもしれませんが、きっと正解に近づきつつある答えのような気がします。
愚痴も含め何年も飽きずにブログを更新し続けていてそんなことを思いました。
ブログ・インターネットを見て御来店いただくお客様が少しづつ増えていることは事実ですが、ご来店理由で結構多いのが「近所なので前から知っていた」というお客様です。
昔からこの場所で商売を続けているということが大きな信用になっていることを考えると、父や祖父に改めて感謝するとともに、継続の大切さを感じました。

投稿者 katsumata : 00:28

2014年07月15日

国産広葉樹無垢フローリング

RIMG4731.jpg
国産広葉樹無垢フローリングのサンプルが入荷しました。現物を見れますので、興味のある方は是非見に来て下さい。

今日の社内会議で8月25日~30日あたりでサマーセールを行い、30日(土)の日に木工実演や簡単なDIY講習・相談のようなことをやることにしました。まだ内容に関しましては未定ですがこれから練っていこうと思います。
夏は暑いためお客様の足も遠のきがちになりますが、秋になる前に少しづつ進めておくという意味ではこのくらいの時期に動き始めてみるのもいいかと思います。

投稿者 katsumata : 21:58

桧のDIYキッチンミニカウンタ

DSC00106.jpg
写真は、以前テーブルを購入いただいたお客様がDIYした桧のミニカウンタです。
対面キッチンなどだと幅150mmくらいの笠木があるのですが、それより少し大きいくらいの自然木を載せて取り付けると写真のようになり、ちょっとしたDIYで雰囲気がガラリと変わる効果があると思います。
こちらのお客様は当店で機械削りしてあったものを購入し、あとは御自分でヤスリをかけたそうです。予算を抑えてこのくらいキレイになるのですからDIYはオススメです。

投稿者 katsumata : 07:44

2014年07月12日

切り株丸太、入荷しました。

RIMG4736.jpg
RIMG4737.jpg
ほぼ売り切れ状態だった切り株丸太(杉・桧)が入荷しました。
価格は4000円~5000円で、ほとんどは4000円です。
切り株は10年くらい前には競り売りで出品されることもありましたが、製材手間をかける割に高く売れないと判断されたのか、現在ではほとんど見かけなくなりました。
確かに帯鋸という機械の都合上、丸太を板割りするのとぶつ切りするのでは手間時間が倍くらい違うような気がします。そういったことが切り株の価格を3000円以下にできない大きな理由です。

投稿者 katsumata : 21:17

2014年07月10日

ケヤキ、製材しました。

RIMG4735.jpg
RIMG4738.jpg
昨日ご紹介したケヤキ丸太を製材してきました。
1本は高さ40㎝の角材4つに、もう1本は厚み50mmの耳付板にしました。きり旬の悪い生材なので、これからどれだけヒビや歪みが出てくるかわかりませんが、生材特価で展示販売しながら自然乾燥させるつもりです。
角材は製材手間がかかるため生材とはいえそれほど安くできませんが、板材は乾燥材と比べて明らかに安い価格付けをしようと思っています。


投稿者 katsumata : 22:44

2014年07月09日

ケヤキ原木

RIMG4728.jpg
写真のけやき丸太は、板橋の神社の社木だったものらしいのですが、当店にこの状態でずっと置いておけないので明日製材してきます。製材したらまたご紹介したいと思います。

先日、夏休みに家族旅行でも行きたいと思ってインターネットを見て、ホテルの評判のようなものを見ていたのですが、同じホテルでも「対応が親切ですごく良かった。」という意見もあれば、「すごい感じの悪い対
応だった。」という意見もあり、自分は「食べ物屋やホテルじゃなくてよかった。」と思いました。
親切を心がけてはいても、10人中10人が好印象を持ってくれるとは考えられないし、具合が悪かったりすると対応が悪くなってしまうこともないとは言えず、お客様に悪い印象を与えてしまったことは何度もあるのではないかと思うのです。
幸いにして、当店は食べログみたいに点数表示が出る業種ではないので気持ち的には楽ですが、常に親切にという気持ちを忘れずこれからもがんばっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 23:07

7月の特価品

RIMG4726.jpg
写真は今月の特価品3点です。
右から、樫・栗・栃で、サイズはそれぞれ約1150mm×130mm×50mm、1300mm×400~600mm×61mm、750mm×600~650mm×62mmくらいです。
どれもほぼ自然乾燥している材で、価格は、右から税込2000円、6000円、3000円で今月限り特価での販売です。
栗の板はソファーテーブルなどにオススメで、虫喰いが全体的にありますが雰囲気は悪くないし、厚みがあるのですわりもいいと思います。

今日、持ち込み材の簡単なカットを依頼しに御来店いただいたお客様がいました。
その方は海外の木工所みたいなところで働いているらしいのですが、「こんな簡単なカットも引き受けてくれる店が見つからなく、ここにやってきた。」ということでした。
持ち込み材の加工は材料利益がないし、材木屋として自分のところで販売したものでない材を加工するのは気分のいいものではないし、失敗できないプレッシャーなどもあり、通常手間賃の倍額をいただいていますが、それでも依頼が減ることはない感じです。
進んで受けている仕事ではありませんが、とにかく木のことで困ったことがあればご相談下さい。
当店で対応できない加工などもありますが、知り合いや取引先もいっぱいいますので、お力になれることもあると思います。

投稿者 katsumata : 21:57

2014年07月07日

杉無垢の壁

11023.jpg
今年の春に自宅の長細い部屋に間仕切りを作り部屋を分けました。
そのときに在庫の杉羽目板を貼った写真です。フローリングの引き合いは一般の方からもいただけるようになってきたのですが、壁に貼る羽目板なども取り扱っていますので、ご相談下さい。
今日やっと、2週間ほどかかりっきりになっていた製作物の納品が終わりました。(作業は納品ギリギリの今朝までかかりました。)
やっと一段落したので、買い置き材(新入荷材)や製材した材料の引き上げ、ブログやネットショップの更新も頻繁にやっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 21:20

2014年07月05日

たいやきの「よしかわ」、食べログ話題店になる。

11034.jpg
毎週土曜日に当店店頭でたいやきを一枚一枚焼いている「よしかわ」さんに、9%しか配布されないらしい「食べログ話題店」のステッカーが送られてきました。ただ、このステッカーを実際に貼って営業するのかどうかは私にはわかりません。
それなりに評価の高い店の証明のようなものなのかもしれませんが、よしかわさんのレトロな車などの雰囲気にこのステッカーを貼ると、逆にマイナスイメージの方が大きくなるような気もします。
知り合いだからというわけでなく、「よしかわ」さんのたいやき・アイスキャンディー(特に本物の果実を使ったもの)・かき氷などどれも結構高いレベルでおいしくて、さらに上のレベルを目指している味だと思います。土曜日に吉祥寺へ来る機会がありましたら是非、お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 23:58

2014年07月04日

楠の彫刻用材

RIMG4707.jpg
先日、電話の問い合わせがあり写真を撮ったので、楠の平角材をご紹介します。
サイズは約2m×500mm×150mmの板目の芯去り材で在庫2年程度の未乾燥材です。現状では目立ったヒビも見当たらない材です。


投稿者 katsumata : 22:01

2014年07月01日

ブラックウォルナット一枚板、在庫あります。

RIMG4703.jpg
輸入材では当店で最も売れているブラックウォルナットの在庫板が出てきました。
サイズは約2400mm×660mm×70mmくらいで、時間が空いたときに削って展示しようと思っています。

私は気が短いほうではないと思うのですが、食べ物のことになると短気になることが多々あります。
最近思うのは、パスタ屋(イタリア料理屋)さんなどで外食するとき、「タバスコありますか?」と聞くと、「置いてません。」と言われて、代わりに唐辛子オイルのようなものを出されます。自分は、タバスコのサッパリ感と酸味が好きなのに、パスタをさらに油っこくさせるオイルを出されても使う気になれません。
いろいろな好みの人がいるんだから唐辛子オイルとタバスコ両方用意しておいてくれたらいいのに、タバスコを置いていない店が結構多いところをみると、せっかくのパスタの味を殺してしまうと考えているからなのでしょうか。それともタバスコはイタリアのものではないからなのでしょうか。
そういったこだわりが理由だとしたら、極一部の本当においしいパスタ屋さんだけにしてほしいと思います。と、こんなことを力説していたら、「だったらいつもタバスコ持ち歩いてればいいじゃん。」と家族に言われ、余計に腹が立ったことがありました。

投稿者 katsumata : 22:33