[2014年06月09日] アーカイブ

2014年06月09日

ヤニ松の角

RIMG4594.jpg
写真は、京都天橋立産(伐採できない地域)の地松で、長さ1300mmくらい・1辺500~600mmの角材です。
角材にしてこれだけの大きさをとれる原木は、おそらく直径1mくらいあったと推測され、倒木以外ではほとんど市場に出てこないのではないかと思います。
半分くらいが空洞化しているので、このまましばらく置いて買い手がつかなければ板などに製材して小売りするつもりですが、製材込で丸ごとご購入いただける方がいましたら御相談下さい。
腰壁材や床材に加工したり、和室の床板・棚板などに加工したりする使い道もあります。

投稿者 katsumata : 23:52