[2013年12月] アーカイブ

2013年12月28日

年末年始の営業時間

お知らせが遅くなり大変申し訳ないのですが、年末は28日の午前中まで、年始は1月8日(水)からの営業となります。

今年も皆様どうもありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 katsumata : 09:56

2013年12月25日

桧一枚板(節有り)の出窓カウンター

RIMG4003.jpg
写真は、幅50㎝ほどあった桧の一枚板を幅調整して450mmくらいに製材し、敷居用に溝加工した出窓のカウンターです。
溝加工は幅450mm以下であれば昇降盤の刃を取り換えればできるのですが、一枚板はさすがに失敗できないので、集成材でお試し加工して確認しながら加工したので、思った以上に時間がかかりました。
一般住宅で無垢カウンターは、対面キッチンカウンター、洗面・トイレカウンター、下駄箱天板などに使うことが多いのですが、今回のように出窓カウンターにもよいかと思います。
無垢一枚板は、安いものを選んでも加工賃を考えると集成材より高額にはなりますが、一度取り付けたら長く使っていくものなので、少し予算を出して一か所でも二か所でも無垢一枚板を使うような施主様が増えていってくれたらいいと思います。

投稿者 katsumata : 18:10

2013年12月23日

2階ショウルーム展示追加材

RIMG4001.jpg
最近追加した「欅の角材」(中央右)と「杉赤身天板」(中央左)です。
写真では全くこの木の良さが伝わりませんが、実物は両方とも存在感のある良材で、欅は玄関框や化粧柱に、杉は風格あるカウンターなどとしておすすめです。
私は何故か太い角材に魅力を感じてしまいついつい仕入れてしまうため、同じような感覚をもつ方もいるかと思い、以前から無垢の化粧用角材をたくさんの人に見て知ってもらいたいと思っていたのですが、そのひとつとしてやっと今回、2階に欅角材を展示できました。
これから家を新築・増改築される方など、御自分で気に入った木を化粧用角材として部分部分で取り入れていってみてはいかがでしょうか。

投稿者 katsumata : 11:43

2013年12月19日

さわらカウンター

RIMG3993.jpg
RIMG3996.jpg
写真は、昨日の栗の2枚接ぎダイニングテーブルに引き続き、同じお宅のリフォームに合わせて納品させていただいた「さわらのカウンター天板」です。
施主様が図面を持って御来店下さり、当店展示在庫の中から気に入った板をお選びいただき、また、うちの都合も考慮いただいたようで、納品の2~3か月前にご注文をいただきました。
天板の加工・仕上げは当店で承り、その後は現場大工さんに取付けしていただいたのだと思いますが、リフォーム工事に関してはこちらはまったく関係していないため、はっきりしたことはわかりません。

リフォームの下地材(木材・建材等)から当店で納入させていただき、無垢カウンターやテーブルなども合わせて注文いただく場合も多いのですが、今回のように無垢カウンターやテーブルといった無垢材の部分だけの御相談に関しても大歓迎ですので、是非、気兼ねなく御来店いただければと思います。

投稿者 katsumata : 22:25

2013年12月18日

栗の2枚接ぎテーブル

RIMG3985.jpg
RIMG3988.jpg
RIMG3991.jpg
写真は、先日納品させていただいた「栗の2枚接ぎテーブル」で、御来店いただいたお客様が当店在庫の栗の耳付板を2枚お選びいただき、製作させていただきました。2枚共ヒビ割れや歪みの少ないとても素性のいい板でした。
栗の板の当店の在庫は、広葉樹材ではケヤキ同様に数十枚在庫していますので、栗好きの方は是非見に来て選んでいただきたいと思います。
栗の平角なども持っていますので、ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 22:57

2013年12月16日

2階展示の追加

RIMG3998.jpg
RIMG3999.jpg
今日、私が接客したお客様だけで2階ショウルームに3組ご案内しました。このところ、少しづつ認知されてきたのか2階の削った板を購入いただくケースが増えつつあり、最近また何枚か板を削り展示しました。
上の写真は、テーブル脚用に高さ65㎝に切り揃えた欅の平角材(厚み約160mm)で、下の写真は、長さ1700mm~2100mmくらい、板幅300mm~500mmくらいの範囲の板で、右が山桜、中央が杉、左が高樹齢杉となっています。
削ってある板はイメージしやすいので、すでに図面ができていて板を選ぶ段階といったお客様などにはとても良いかと思います。
2階をご覧になりたい方は、気軽にスタッフへ声かけて下さい。


投稿者 katsumata : 18:53

2013年12月12日

栗の曲がり板カウンター

RIMG3794.jpg
RIMG3799.jpg
写真は、数か月前に納品させていただいた栗の曲がり板を使った一枚板カウンターです。
曲がっている板は、もともと流通量が少ないのに加えて、間取りに合わせにくかったり保管しにくかったりするのであまり在庫を持たないのですが、特有の杢の面白さや、一品ものとしての価値は、より高いとも言えます。
この板を気に入った施主様の希望で、無塗装の状態で納品させてもらいました。
予算を抑えるために使った針葉樹集成材のボックス製作2台とカウンター磨きは自ら加工させていただいたのですが、すこし汚れているように見える耳部分はできるだけ天然の感じを生かすため、あまり削らずに角だけ少し面取りする程度で仕上げてあります。

当店では、無垢一枚板をお客様が見られるよう展示して販売しています。お客様がイメージしやすいように、2階ショウルームには削った状態の無垢板を展示しております。まだ2階の展示板は少ないのですが、これから少しづつ増やしていきますので、無垢一枚板カウンターをお探しの方は是非お立ち寄りください。

投稿者 katsumata : 18:49

2013年12月09日

一枚板の手洗いカウンター

RIMG3955.jpg
RIMG3959.jpg

写真は、欅の手洗いカウンターで、上は生地のまま、下はワックス塗布後の写真です。
ご要望により、R加工や洗面ボウルの穴あけ加工なども承りますので、ご相談下さい。

このカウンターは、工務店さんからの依頼で一般住宅新築時の手洗いカウンター用に製作したもので、加工・磨き・ワックス仕上げまでこちらで行い、あとは給水用の穴あけ(水道屋さん)と取付け(大工さん)を現場でやってもらえば完了となります。
店舗のカウンターに限らず、一般住宅のカウンターも材工で承っておりますので、工務店さんや施主さんも興味のある方は是非一度御来店下さい。

投稿者 katsumata : 22:10

2013年12月05日

無垢フローリング在庫販売中

RIMG3460.jpg
写真のカバフローリングは、当店で在庫して販売しているもので、通称カバ桜フローリングと呼ばれているものです。
他に、幅広無垢フローリング材などもいろいろと取扱っていますので、問い合わせ下さい。

今日は大失敗してしまい、少々落ち込んでいます。というのも、先日ブログでご紹介したばかりのラワンの扉付き棚の向きを左右逆で製作依頼してしまいました。完成して据え付けに行ったときに気付き、ブルーな気持ちになりつつ持ち帰り、夕方になったら現在の材木屋の置かれている現状などもマイナス思考で思い出し、さらに落ち込んでいます。
ちょっと確認していればよかったものを自分の怠慢で製作者にも迷惑をかけ、ご依頼いただいたお客様にも迷惑をかけ、、会社の利益も減らし、本当に大反省です。

ここにきて自分の担当仕事は一段落してしまい、年末だというのに、今年一番の暇気味状態になりつつあり、久々に営業活動を再開しようかと考えています。
工務店営業は、足を運ぶ割に簡単には引き合いがなく、時間の無駄と思ってしまう部分は多々あるのですが、暇な時期に営業廻りしたその当時新規のお客様が今でも数社取引が残っていることを思うと、社内にいて生産性の上がらない事務仕事や整理などに時間を費やしているよりはいいのかと思いだしています。
仕事がそれなりに忙しいときは、「営業廻りは、効率が悪いからもうやることはないかも。」と思っていたのですが、このままだと年末にもなって営業廻りをすることになるかもしれません。
または、店の宣伝のための看板やサンプル作りや店内案内板の製作や展示板削りなどの店内整備を進めていくことに時間を割くか考えどころで、実際に2階にプレーナー削り展示している板を増やしたところ少しづつ売れ始めていることもあり、結局は、両方やっていくべきだということになると思います。


投稿者 katsumata : 20:18

2013年12月04日

欅の厚板

keRIMG3924.jpg
写真は、現在、店入口に置いている欅の厚板です。厚みは15センチくらいありますが、残念ながら芯持ち材で、それなりに乾燥してはいますが、毎朝、東からの日光を浴びてヒビが入り始めました。
ただ、板幅50㎝前後で厚み15センチ前後という材はあまり多くはありません。52500円の値札を付けていますが、ヒビが入ってきたこともあり、欲しい方がいらっしゃれば交渉に応じますので、お声かけください。

投稿者 katsumata : 23:38

2013年12月02日

ラワン材

RIMG3964.jpg
RIMG3966.jpg
現在、木工房「のいとど」さんに依頼して製作中のラワン材を使った扉付きの棚です。
まだ扉は取りついていませんが、思った以上にラワン材の天板がキレイだったので写真を撮ってみました。
ラワン材は、数十年前には東南アジア方面から日本に大量に入荷し、窓枠・ドア枠・破風板などいろいろなところで使われていましたが、現在では輸入量が激減して価格も上昇している材です。ただ、柾目で巾350~400mmくらいの無垢材という条件になるとどんな木でも高価なものにはなりますが・・・。
完成したらまたご紹介しようと思います。

吉祥寺に熊本物産館のようなお店があり、昨日子供と一緒にぶらぶらしていたらその店の前を通りがかり、以前何度かうちで木材・ベニヤを購入いただいたことを思い出し、立ち寄ってみました。
せっかくなので何か買って帰ろうと思い、酒のつまみになる「辛子レンコン」をいただいたところ、「酒のつまみだったらいいのがありますよ。」と出されたのが「豆腐のもろみ漬け」というもので、これが辛子レンコンの存在を忘れてしまうくらい本当に日本酒にピッタリ合う絶品つまみで、熱燗を家で一人でちびちび飲みながらちょっと幸せな気分になりました。

投稿者 katsumata : 22:35