[2013年02月06日] アーカイブ

2013年02月06日

2月10日(日)のセール情報⑥

RIMG4288_1.JPG
写真は、試作として製作した小さめスツールです。
家に持ち帰って手荒に使っても壊れないかどうか実験中ですが、いまのところまったくその兆候がないので、未使用品は試作品特価販売(特価なのかどうかは個人の価値観にもよるので何ともいえませんが・・・)で、実験サンプルになったスツールはオークションで出品しようと思います。

物を作るのは好きなのですが、私は職人向きではないので、どうしても少ない手間で見た目も悪くないものというのを前提で、さらに端材を使えないか、ということを考えて試作品を作る傾向があります。
そんな中、広葉樹などの良材の短材が目にとまり、このスツールを作ったのですが、手間削減のため、見えにくいところでビス留めしていたり、若干寸法がずれていたりといったところがあります。


投稿者 katsumata : 11:01

2月10日(日)のセール情報⑤

RIMG4276_1.JPG
写真は、セール特価またはオークションで出品予定の板たちです。
一番上に載ってる曲がった板はケヤキで、4枚あるのですが、ここまで反り返っていると建築材としては短く切って平面出ししてから使うくらいしかできないのですが、一般の人が使うのであれば、また違った発想もあるかとも思ってこのままの状態でセールに出します。
また、反り・割れ・傷等ありますが、青森ひばの巾広カウンター天板を、「まんま持ち帰り限定」(1週間以内)の超特価で出品します。
平面出しするとかなり板厚が薄くなってしまったり、いろいろ加工しているうちに加工賃の方が板より高くなってしまったりといった問題が出てきそうなので、そのままの状態(加工・製作なし)で持ち帰っていただくか、+配送費だけで送らせていただくかの限定販売にさせていただきます。
青森ひばの巾広長尺板といった価値で買っていただける方には超お買い得な品になると思います。
価格は、3万円くらいを予定しています。

投稿者 katsumata : 10:26

2月10日(日)のセール情報④

RIMG4285_1.JPG
板接合の機械の使い方を覚えたことと、ブラックウォルナットの端材がとってもいい木目を出していたことで、時間があるときに写真の板接ぎを作ってみました。
ただそのとき、急な接客が入ってしまい、板と板の隙間が空いていたのを直せずにボンドがほぼ固まってしまったため、そのまま作ってしまいました。
写真では、わかりにくいかもしれませんが、現物を見れば隙間を埋めたことがよくわかると思います。
よって、アウトレット品ということでセール特価で出そうかとも思ったのですが、価格をいくらにしていいか迷ってしまったので、14時~開催予定の「木のオークション」コーナーで、出品したいと思います。
サイズは、約89cm×53cm×3cmほどで、ソファテーブルや、ちゃぶ台などに良いサイズだと思います。

投稿者 katsumata : 10:09