[2012年10月02日] アーカイブ

2012年10月02日

欅(けやき)の良材

RIMG3983_1.JPG
欅(けやき)にもいろいろありますが、写真の欅材は大きくはありませんが、彫刻材として彫っても良さそうな良材です。その他ケヤキ材で小物を作る方にオススメです。
ひとかけら1000円くらい~のものですが、数に限りがありますので、興味のある方はお早めに。

今日はだいぶ秋らしい天気になり、日中どうも体の調子がいいので、自分でも「どうしたのかな?」と思ってしまうほどだったのですが、夕方パソコンの前に座ったらなんだか急に足が疲れてきて眠くなり、座ったまま20分ほど寝てしまいました。
このところ、自分で接客したお客様から注文いただいた木工仕事も少しづつ取り組んでいるため、立ったまま作業し続けることで、気が付いたら足が疲れていたりするんだと思います。

加工賃などの手間仕事の売上げ額自体はそれほど大きくはなりませんが、手間仕事は粗利率が極めて高いので、利益の部分で言えばかなり大きくなりつつあります。
10年前までは、構造材やシステムキッチン・サイディング工事など金額の張る売上げも多く、建築資材の販売だけで何とかやっていけたのですが、流通の変化と価格競争で売上げ・利益ともに年々厳しくなり、それまでのように「手間仕事はサービス」などとは言っていられなくなり、ちょっとづつ加工賃などをいただいているうちに、利益額のうちのそれなりの割合を占めるようになってきました。
これからの材木屋の生き残りを考えると、お客様から必要とされる「加工」という手間仕事のために、設備を強化していくのもひとつの選択なのかもしれません。

投稿者 katsumata : 18:17

BWのキッチンカウンター

P8290276_R.JPG

P8290281_R.JPG

P8290283_R.JPG

P8290285_R.JPG

写真はお盆明け頃に設置させて頂いたキッチンカウンターの写真です。

樹種はブラックウォルナットを使い、背板にも本実加工した柾目の同材を使っています。仕上げはオイル仕上げです。

基本的には現場作業は行っていない弊社なのですが、間口が狭い物件でしたので現場内で組み上げました。板接ぎした材料にシンクやIHの穴をくり抜き、反り止めをつけるところまではこちらの作業場で行い、脚の組み立てや、背板の取付、オイル仕上げは現場で行いました。

とにかく暑かった思い出が残っているのですが、うまく納めることが出来てひとまず安心です。シンクはアンダーシンクという取り付け方で、木口が水にあたってしまうので心配だったのですが、ご希望されている設計様と施主様に木への影響は説明させて頂きました。

無垢のカウンターはメンテナンスが必要なことや木の動きなどもあるので、利用される方が無関心ではいられないのが短所といえば短所なのですが、代えがたい心地よさが得られることは間違いないと思います。

時間や予算はそれなりに掛かりますが、ご興味のある方は是非お問い合わせください。
施主様や設計様はじめ、工務店さんやご協力頂いた職人さん、どうもありがとうございました。
ではでは製作担当でした。

投稿者 moriya : 08:11