[2012年10月] アーカイブ

2012年10月31日

11月10日(土)のセール情報⑨

RIMG4049_1.JPG
写真は左がタモ、右が栃で、サイズはタモが約2500mm×100~600mm×32mm、栃が2800mm×350mm×17mm程度です。
両方とも難有りのため、朝一特価品で安く売るか、オークションにかけますので、奮って御参加下さい。

投稿者 katsumata : 19:56

11月10日(土)のセール情報⑧

kuri5588_1.jpg
写真上は、北海道産の楓(かえで)の板で、サイズは約1100mm×300mm×35mm程度です。
写真下は、善福寺産の栗の板で、サイズは約1100mm×250~300mm×50mm程度です。
一応プレーナー削りだけはしてあるので、ベンチ天板や、小カウンター天板などにも使えるし、板自体が広葉樹で重くてしっかりしているので、インテリアとして置いておくだけでもいいと思います。
特に栗は杢も出ています。
この2枚は14時~開始予定の「木のオークション」にて競り売りしようと思います。
開始価格は1000円~を予定しています。みなさん、ぜひぜひ声出して御参加下さい。
(みなさんが黙ってしまうと、赤字売り幅が広がってしまいますので・・・。)

投稿者 katsumata : 19:12

2012年10月30日

11月10日(土)のセール情報⑦

RIMG4055_1.JPG
写真は杉の多目的ボックスで、サイズは約300mm×300mm×150mmのものを7台作りました。
これは、超強力両面テープと家具用木工ボンドだけで接着して作った試作品ということもあり、表面などは荒材のままだったりと雑な仕上がりになっていますが、たまたま出た端材の底板が結構良い板だったので、お買い得な品になっていると思います。
製作者(私)の意図は、ソファテーブルの脚として、また本棚や簡易スツールなどとしても使えるようにというものですが、それ以外にもいい使い方があれば教えて下さい。
セールの試作品で荒仕上げということもあるので、1台1000円にてセール日に販売予定です。


投稿者 katsumata : 19:57

11月10日(土)のセール情報⑥

RIMG4053_1.JPG
RIMG4054_1.JPG
上写真と下写真は、同じ板の表裏を撮ったもので、左が杉・右が木曽桧です。
杉は、約1800mm×150mm(木表)~280(木裏)×25mm程度で、表は白無節ですが面白みがなく、裏の赤身の色が良く、個人的には好みです。
また、木曽桧は、裏だけ削ってみたのですが、思ったよりすぐにキレイな面が出てきました。
サイズは、約2000mm×240mm×24mm程度の四方無節です。四方無節という価値から考えて、1㎥当たり200万で計算したとすると、税込み24000円くらいの価値になります。
この2枚共、14時~開催予定の「木のオークション」にて競り売りする予定ですが、開始価格は杉が500円~、木曽桧が2000円~で考えています。
皆さん、積極的に御参加下さい。

投稿者 katsumata : 19:25

2012年10月29日

11月10日(土)のセール情報⑤

RIMG4028_1.JPG
写真は、高樹齢杉の薄板3枚で、一枚の杉板をスライスしてきたものです。
普通に建築材として使う杉板とまったく違い、同じ杉板とは思えないくらいの風格を感じる板です。
このまま、部屋の壁などに貼り付けて毎日見ているだけでもいいし、味のある木の箱などを作ってもいいかと思います。
とにかく、実物の高樹齢杉を見にきて下さい。
この板は、セールの目玉商品として、3枚セットで10000円にて販売予定です。

投稿者 katsumata : 21:27

11月10日(土)のセール情報④

RIMG4044_1.JPG
今回のセールは「グルッペ収穫祭」がもう一つのメインなので、スペースの都合上、積極的には参加ショップを集めていませんが、それでも、同業の宮崎材木店さん・鈴一材木店さんなどを含め8店~10店くらいのお店が参加してくれそうです。
写真は、先日、板の整理をしていたときに出てきた「善福寺の栗板」です。
数年前、善福寺の地主様から譲ってもらい、板割りし、割れ止めを塗って自然乾燥させていたものを削ってみたら、杢が出ていて予想以上にいい感じなので、花台などにもいいかと思い、オイルを塗って、鉢を載せて写真を撮ってみました。(背景が悪く、板も映えず、あまり良い写真とはいえませんが、実物はもっといいものです。)
今回のセールで、この地元産「善福寺の栗板」を何枚かオークションや目玉品などで出品します。

投稿者 katsumata : 20:50

11月10日(土)のセール情報③

RIMG4039_1.JPG
写真の3枚の板は、「朝一超特価処分品」として出品予定の板で、どれもプレーナー削り済みです。
向って左は、欅(けやき)の薄板で、サイズは約960mm×400~600mm×13mm程度になります。
真ん中は、桧の小節板で、サイズは約1400mm×360~400mm×34mm程度になります。
向って右は、北海道産の楓(カエデ)で、サイズは約900mm×200mm×35mm程度になります。
3枚とも、ほぼ自然乾燥しています。
「朝一超特価処分品」は、当日の開店時間前でも御来店頂いたお客様に限り受付OKですが、前日予約などは一切できません。また、お1人様1点限りにてお願いします。
ちなみに、この3枚は、1000円/枚にて当日販売予定です。どれも1点限りのものですので、あらかじめご了承下さい。

投稿者 katsumata : 20:12

11月10日(土)のセール情報②

RIMG4021_1.JPG
写真は、入荷したばかりの屋久杉3枚で、真ん中の板で長さが約2100mm×幅400~900mm×27mm程度あり、39000円にて展示販売始めました。
向って右の屋久杉は割れがかなり大きいこともあり、今回のセールの朝一特価処分品として、3000円で販売予定です。
また、向って左の屋久杉は、板厚が薄くなっている部分があるのが難点ですが、それ以外は真ん中の板とそれほど変わりない状態で、14時~開始予定の「木のオークション」にて、開始価格3000円から競り売り始めます。
皆さんの積極的なオークション参加お待ちしています。

投稿者 katsumata : 19:14

2012年10月27日

高樹齢杉の共木、9枚入荷

RIMG4024_1.JPG
写真は、高樹齢の杉板で、サイズは約2100mm×80mm0~1050mm×75mm~100mmくらいのものが合計9枚あります。
おそらく社木ではないかと思うような風格のある板なので、興味のある方、また、店舗などで「共木で何枚か使いたい。」といった方なども是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 18:46

2012年10月26日

ブラックウォルナットのパネルフレーム3台

RIMG4008_1.JPG
写真は、表参道にあるギャラリーのようなところに納品させていただいた、ブラックウォルナットのパネルフレームで、当店スタッフの笹田による製作です。
ブラックウォルナットの人気は衰えたかと思っていた時期もありましたが、今年はなんだかんだブラックウォルナットの作り物が結構多いような気がします。

明日土曜日は板磨きや整理などしながら、ほぼ一日店番の予定なので、皆さん遊びにきてください。

投稿者 katsumata : 19:22

2012年10月24日

5.4mカウンター板、入荷

RIMG4018_1.JPG
写真は、昨日入荷したばかりの杉のカウンター板で、サイズは長さ約5400mm×巾550mm前後あります。
当店では、長さ4.5mを超える無垢一枚板は事務所側の置き場に重ねているので、店舗カウンターなどで長さが必要な方など、お声かけ下さい。

当店がある吉祥寺の東地区は、吉祥寺周辺の中では今ひとつ集客力のあるお店が少ないため、「もっと盛り上げていこう」という東地区周辺のお店の集まりがあり、今日もこれからその集まりに行きます。
ヨドバシカメラ隣にVICさんがオープンさせたベルギービールの店「ワッフル」で会合があるのですが、この前はじめてベルギービールを飲んだところ、予想以上にとてもおいしくて、一度でベルギービールのファンになってしまいました。
そのときはプレオープンだったため価格はよくわかりませんが、つまみに出たラム肉のフライやローストビーフなど、とてもビールに合う食べ物もあり、オススメの店です。
VICさんは、うちのお客様でもあるのですが、ちなみにこのお店に使った材料で、うちから納入したものは一切ありません。

投稿者 katsumata : 18:11

2012年10月23日

11月10日(土)のセール情報①

RIMG4015_1.JPG
写真は、今度のセールのオークション(14時~)で出品を予定している板で、左から<青森ひば>サイズ約1350mm×400mm×33mm、<きはだ>サイズ約2200mm×200~270mm×40mm、<楠>サイズ約1600mm×500~600mm×41mm程度です。
<青森ひば>は、20年以上前から当店に置いてあったもので、両面無節部分が結構広く、また、長期乾燥済みなので狂いも出にくく、それでいて青森ひばの香りがしっかりします。
<きはだ>は、外側に近い部分が少し黄色がかっていて、また、部分によりキラキラした杢が少しだけ出ています。
<楠>は、メンソール系の香りのする木です。この板は巾があるので、小さめのテーブル天板などにも使える材です。
完全乾燥とはいかないまでも、どれも、ほどほどには乾燥しています。
開始価格は、まだ決めていませんが、1000円~5000円くらいからのスタートになるかと思います。
皆さん、是非積極的にご参加下さい。

私は、ここ何年かマンガよりも文庫本を読むことが多く、3~5冊くらいを並行して読んでいる感じなのですが、唯一、1巻から揃えているマンガ本があります。
約15年くらい前に私が住んでいた場所の隣に古本屋がオープンし、オープン記念に1冊10円のマンガ本がいっぱい並んでいたことがあって、そのときに30巻くらい買って読んで以来はまってしまい、現在、98巻まですべて古本で揃えました。(まだ、現在進行形で揃えています。)
ただ、ここ1~2年、94巻まで揃えて止まっていたのですが、息子が「ブックオフで105円で売ってたよ。」と言って95巻~98巻を買ってきてくれたので、また読み始めました。
そのマンガのタイトルは「静かなるドン」です。
嫁に勧められて読んだ「ガラスの仮面」と、「静かなるドン」は、自分の本棚に並べて、たまに読みかえしたい名作です。

投稿者 katsumata : 18:02

2012年10月22日

スパイスラック

RIMG4011_1.JPG
写真は、杉やケヤキなどで作ったスパイスラックです。
先週金曜日まで在籍していたアルバイトの彼の空き時間に、当店製作担当の指導のもと製作してもらったのですが、丁寧にひたむきに物事を進める彼の性格が出ていて、かなりいい感じに仕上がったと思います。
私の手の手術の関係で人手が足りなくなることを考えて、半年間限定でアルバイトとして働いてもらったのですが、まじめにひたむきに文句ひとつ言わずに働いてくれた彼には感謝です。
ただ、就職が決まるまで居てくれるように言っていたので、まだ数ヶ月は居るものと考えていたのが、あっさりと木材関係の会社に就職が決まってしまいスタッフが1人減ったため、これからオーバーワークになりそうです。
忙しい時と暇な時、また、特定のスタッフに仕事が集中してしまう場合など、なかなかちょうどいいようにはいきませんが、安易にスタッフを増やすことも考えどこなので、しばらく様子見です。

投稿者 katsumata : 20:51

2012年10月21日

11月10日は、「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」です。

画像 618_1.jpg
11月10日(土)朝9時~「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」を開催します。
写真は、グルッペさんからの依頼で私が製作した杉の商品台で、材料費は2600円+α(巾30cm杉板が2300円と100円コーナーの杉板3枚とビス・ボンドなど)です。
先日、グルッペさんに買い物に立寄ったところ、「簡単なものでいいから商品台を作って欲しい。」と依頼され、昨日、ビス留め・表面仕上げなし・角は軽くサンドペーパーで丸める程度で時間をかけずにザックリ作りました。
道具は、ノコギリと電動ドライバーがあれば、このくらいのものは簡単に出来ますので、まだやったことのない人はDIYを始めてみてはいかがでしょうか。(さらに、木材カットを当店に頼めば、ノコギリも不要です。)

セールの詳細情報はまだほとんど発信しておりませんが、来週から少しづつブログに情報を載せていきます。

投稿者 katsumata : 18:10

2012年10月17日

ガラス入り欄間処分

RIMG4003_1.JPG
写真のガラス入り欄間、約1700mm弱×375mmくらいのもので、処分価格1000円にて販売します。
物がかさばると、そのまま持って帰ってもらえるなら、破格でもなんでも処分したくなるものが出てきます。これもその一つなのですが、まだいろいろとあるので、11月10日(土)のセールのときなどに出品しようと思います。

投稿者 katsumata : 18:28

2012年10月15日

ブラックウォルナットのハイカウンター

KC3Z0017_R.jpg

写真はブラックウォルナットで製作したハイカウンターです。寸法は約L1800×D450×H800位の寸法で窓枠の合わせ高さを揃えました。

仕上げはオイル仕上げ(グロスクリアオイル)で、今回は時間を掛けて油研磨(クローズドポア仕上げ)を施しましたので、重厚感のあるツヤが出たかと思います。

とても素敵なお家で、雰囲気の良いお部屋で椅子などもご用意してくださったので、写真もうまく撮れたような気がします。

夏の暑い日の納品でしたが、携帯のデータ移行が不調で(個人的には写真データが消えてしまったり大変でした)、写真のアップが遅くなってしまいました。

オーダー家具は、納期・価格等、既製品のものよりかはそれなりに掛かってしまうとは思うのですが、ご希望などございましたらご遠慮なくご質問ください。

また、もちろん素材のみの販売も行っており、そちらは手間賃など掛からない分お安くご購入頂けるかと思います。

では製作担当でした。

投稿者 moriya : 08:48

ナラ テーブル4台

KC3Z0001_R.JPG

写真はナラのテーブルで、寸法は750×750×h660です。仕上げはオイル仕上げです(弊社標準のグロスクリアオイル)。

4台まとめてご注文を頂き、下の写真は梱包され納品を待つパーツたちです。

KC3Z0003_R.JPG

脚部は取り外しが出来るようにレッグジョイントという金物で接合しています。

4台のご注文でしたが、店舗のお客さまではなく一般のお客さまからのご注文で、お客さんが来た時に使えるように脚が取り外しできる方が良いとのご希望でした。

なにかご希望がありましたら、是非お声掛けください。
製作担当でした。

投稿者 moriya : 08:35

2012年10月12日

明日は土曜営業日です。

agatis_1.JPG
今日、林場を整理していたら、写真のアガチスと思われる柾目の一枚板が出てきました。サイズは長さ4m弱で、巾530mmくらいのものが2枚です。
欲しい方がいらっしゃいましたら1枚5万円でお譲りしますので、「ブログ見た。」と言ってください。
集成のフリー板より当然高いのですが、5万円で集成が一枚板になると思えば、安いと思ってくれる人もいるのではないかと思います。
また、もう少し巾狭の450~480くらいのピーラーの板も4枚あります。これも程度により3万~5万円程度で販売しますので、興味のある方は、勝又まで問い合わせ下さい。

明日の土曜日は、私自身ほぼ一日店番をしている日です。
無垢一枚板の整理と、値札付け、桧の釣竿立ての製作などしながら店番しておりますので、皆さん吉祥寺へお越しの際は是非、勝又木材へお立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 18:33

2012年10月11日

「材木屋のセール」&「グルッペ収穫祭」の開催日程、決まりました。

今秋の「材木屋のセール」&「グルッペ収穫祭」は、11月10日(土)9時~17時頃開催いたします。
いつも通り、グルッペさんなどの飲食のお店は、11時頃~15時頃になると思います。
まだセール内容は決まっておりませんが、少しづつ特価品やオークション出品などのセール情報をホームページ上でお知らせしていきます。
また、グルッペさんやその仲間のお店、それと当店関係の出店者などもおおまかにしか決まっておりませんので、確認とれ次第、セール情報としてお知らせします。

当店の製作事例はこちら


東京の材木屋共通の悩みの一つとして、材料の置き場所が少ないといったことがありますが、当店は特に無垢一枚板の在庫展示販売など行っていることもあり、置き場所の確保が難しい状況になってきています。よって、在庫一掃したいのですが、材料だけ買ってくれるお客様は少なく、なかなか在庫が減っていきません。
そういった理由から、加工なしの持ち帰り・そのまま配送限定で、超特価品をセールで販売させてもらったこともあります。今回も同じようにするかわかりませんが、なにかしら材料売りを増やすための方法を考えているところです。

投稿者 katsumata : 18:57

2012年10月09日

ブラックウォルナット、無垢カウンター天板入荷。

RIMG3990_1.JPG
先日買い付けしてきたブラックウォルナットの耳付きカウンター板がやっと入荷しました。
長さはどれも約2400mm前後で、4枚あります。そのまま仕上げてカウンターとして使ってもいいし、2枚接ぎしてテーブル天板を作ってもいいかと思います。
価格は、いいものと難ありのものと様々なので、1枚5万~15万円程度と巾があります。
興味のある方は、実物を見に是非御来店下さい。

製作事例追加しましたので、御覧下さい。
当店の製作事例はこちら


最近、うちの会社が目立つせいか、新しい建築業者さんからの引き合いが増えてきています。
一時期、バカみたいに営業まわりをしていた頃はなかなか新規のお客様になる建築会社さんをつかまえられなかったのですが、今はまったく営業まわりをしていないのに不思議なものです。
引き取り専門の安い材料屋さんも増えてきているようですが、忙しい人は、引き取る労力の方がもったいないので、電話1本で現場まで配達する材木屋から材料購入することが多いようです。
材木屋に頼んだ方がそういった意味で便利だとすると、材木屋は「木のコンビニ」といったところでしょうか。


投稿者 katsumata : 20:05

2012年10月05日

新入荷材

RIMG3984_1.JPG
8月28日に買い付けした材料が少しづつ入荷してきています。
写真は、そのうちのひとつ「桐」の一枚板で、向って右側が表面削りしたものです。長さは2m前後ですが、木表で巾45センチ以上あるものもあり、カウンターとして使える大きさです。
とにかく軽い木なので、その利点を生かして使えればいいと思います。
また、青森ひばや、杉の共木板、杉の薄板、楓(かえで)なども入荷しています。
明日土曜日は営業しておりますので、みなさん是非御来店下さい。

投稿者 katsumata : 18:54

2012年10月04日

ケヤキの飾り棚

12飾り棚_16_1.jpg
写真は、当店でいつも無垢板を購入いただいている常連のお客様の製作品です。
趣味で製作されているのですが、無垢材に本格的に漆を塗っていて、御覧のように素人とは思えないような出来栄えのため、知人から製作依頼を受けることもしばしばあるようです。
この飾り棚もすでに自宅にはなく、知人宅に送られたそうです。
この常連のお客様は、吉祥寺在住で温和なとってもいい方なので、漆塗りをやりたいと思っている方などいらっしゃいましたらアドバイスいただけるのではないかと思います。
まずは、勝又まで問い合わせ下さい。

投稿者 katsumata : 19:34

2012年10月03日

カバの勉強机

P9080292_R.JPG

写真はカバの天板でできた勉強机です。無垢材部分はオイルで、ラワンの箱はウレタンで仕上げています。子供さんの新学期に新しい勉強机で勉強が出来るようにということで、9月の初めころに納品させて頂きました。(新学期には1週遅れてしまいました。すみません。)

お客様は何度も来て頂いている常連様で、セールの際に天板の板を見付けて頂きました。元々3m位あったその木をカットしてL字になるようにしています。入隅の部分を留め(45度)でつなぐとその分長さが足りなくなるので、長さカットした材の耳の部分のひかり付けをして合わせました。

P9080300_R.JPG

箱はラワンランバーとラワンのフラッシュで作り、大手面は45度の面を取りながらRをつけたかったので、ラワンの無垢5㎜厚をつけています。

P9080304_R.JPG

抽斗前板はメジロカンバ(色の白めのカバ)で、抽斗の箱はイエローポプラ(モクレン科の朴の木に似た木)です。前板が無垢なので反らないように端食みをつけました。

話がちょっとそれますが、少し前に作業場に軸傾斜番という機械が入りました(わかりづらい話ですみません)。要は定盤が平らなままで刃物の軸が傾斜する、木を切断する機械のことなのですが、斜めの加工が簡単になるので大変ありがたい機械なのです。この端食みも、以前の機械なら出来ないというか怖くてやりたくない加工でした。矢筈接ぎの技法の一種だと思っていたのですが、端燕(はしつばめ)という名前の加工のようです。

P9080297_R.JPG

抽斗のレールはソフトクロージングのものでバタンと大きな音で閉まることなくゆっくりと閉まります。取っ手はアンティークショップで購入した艶消し感のある取っ手です。

色々長々と書いてしまいましたが、オーダー家具にご興味あるお客様などいらっしゃいましたらお声掛けください。ではでは製作担当でした。

投稿者 moriya : 08:02

2012年10月02日

欅(けやき)の良材

RIMG3983_1.JPG
欅(けやき)にもいろいろありますが、写真の欅材は大きくはありませんが、彫刻材として彫っても良さそうな良材です。その他ケヤキ材で小物を作る方にオススメです。
ひとかけら1000円くらい~のものですが、数に限りがありますので、興味のある方はお早めに。

今日はだいぶ秋らしい天気になり、日中どうも体の調子がいいので、自分でも「どうしたのかな?」と思ってしまうほどだったのですが、夕方パソコンの前に座ったらなんだか急に足が疲れてきて眠くなり、座ったまま20分ほど寝てしまいました。
このところ、自分で接客したお客様から注文いただいた木工仕事も少しづつ取り組んでいるため、立ったまま作業し続けることで、気が付いたら足が疲れていたりするんだと思います。

加工賃などの手間仕事の売上げ額自体はそれほど大きくはなりませんが、手間仕事は粗利率が極めて高いので、利益の部分で言えばかなり大きくなりつつあります。
10年前までは、構造材やシステムキッチン・サイディング工事など金額の張る売上げも多く、建築資材の販売だけで何とかやっていけたのですが、流通の変化と価格競争で売上げ・利益ともに年々厳しくなり、それまでのように「手間仕事はサービス」などとは言っていられなくなり、ちょっとづつ加工賃などをいただいているうちに、利益額のうちのそれなりの割合を占めるようになってきました。
これからの材木屋の生き残りを考えると、お客様から必要とされる「加工」という手間仕事のために、設備を強化していくのもひとつの選択なのかもしれません。

投稿者 katsumata : 18:17

BWのキッチンカウンター

P8290276_R.JPG

P8290281_R.JPG

P8290283_R.JPG

P8290285_R.JPG

写真はお盆明け頃に設置させて頂いたキッチンカウンターの写真です。

樹種はブラックウォルナットを使い、背板にも本実加工した柾目の同材を使っています。仕上げはオイル仕上げです。

基本的には現場作業は行っていない弊社なのですが、間口が狭い物件でしたので現場内で組み上げました。板接ぎした材料にシンクやIHの穴をくり抜き、反り止めをつけるところまではこちらの作業場で行い、脚の組み立てや、背板の取付、オイル仕上げは現場で行いました。

とにかく暑かった思い出が残っているのですが、うまく納めることが出来てひとまず安心です。シンクはアンダーシンクという取り付け方で、木口が水にあたってしまうので心配だったのですが、ご希望されている設計様と施主様に木への影響は説明させて頂きました。

無垢のカウンターはメンテナンスが必要なことや木の動きなどもあるので、利用される方が無関心ではいられないのが短所といえば短所なのですが、代えがたい心地よさが得られることは間違いないと思います。

時間や予算はそれなりに掛かりますが、ご興味のある方は是非お問い合わせください。
施主様や設計様はじめ、工務店さんやご協力頂いた職人さん、どうもありがとうございました。
ではでは製作担当でした。

投稿者 moriya : 08:11

2012年10月01日

高野槇 無節板、入荷しました。

maki_1.JPG
写真は、入荷したばかりの高野槇(こうやまき)無節板6枚です。サイズは2m前後×巾230~340×30~50mmで、四方無節でとれるものもある希少材です。
価格は木曽桧と同じくらいです。興味のある方は、是非見に来て下さい。


投稿者 katsumata : 09:21