[2012年09月] アーカイブ

2012年09月26日

トラック後部にステッカー貼りました。

stecker_1.JPG
当店には、3トン・1.5トン・1トン・軽で、合計4台のトラックがあります。
だいぶ前から、ステッカーを貼れば多少なりとも広告効果があるのではないかと思っていたのですが、今回やっとできました。
道路を走っていて、前の車の後部に写真のステッカーが貼ってあったら、うちの4台のうちのどれかなので、思い出して是非御来店下さい。

投稿者 katsumata : 20:37

2012年09月25日

今、新入荷しました。

RIMG3974_1.JPG
1ヵ月くらい前に買い付けてあった無垢一枚板の一部が先ほど入荷しました。
今回入荷したのは2mくらいの長さの板がほとんどです。近日中に3m・4m以上のカウンター材などが入荷する予定です。

私事ですが、5月のゴールデンウィーク明けから7月いっぱいくらいまでダイエットして5~6㌔痩せて、現在は1㌔ほど戻したところなのですが、腹八分目とはよく言ったもので、最近、食べ過ぎると体の調子が悪くなるということが自分自身の体調からわかってきました。
現在、特別に食事制限しているわけではないのですが、あまり満腹になるまで食べないように気を付けることで、もっと気持ちよく生活できるのではないかと思い始めているところです。
ただ、とにかく食べることが大好きなので、どこまでいつまで自制できるかわかりませんが・・・。

投稿者 katsumata : 18:07

2012年09月24日

栗の水槽台

SN3V0233_R.JPG

SN3V0235_R.JPG

SN3V0237_R.JPG

写真は先日納品させて頂いた栗の水槽台です。

正面は上から2枚目の方で、木目が見えます。裏手の棚がある方にポンプなどを置くそうです。水槽台といっても、この箱自体に特別なにか機能があるわけではないのですが、無垢の木で作るとやはり雰囲気がグレードアップするような気がします。また天板と同じサイズ(この場合は300角サイズ)の水槽を置くそうなので、すっきりした印象になりそうな気がします。

木のことでなにか作ってみたいものがあれば、ぜひお尋ねください。

製作担当でした。ではでは。

投稿者 moriya : 08:23

2012年09月21日

お知らせ

ブログを見直していたら、カテゴライズされていない記事がたくさんありましたので、あらためてカテゴリーに入れ直しました。初めてみる方にはあまり関係ないかも知れませんが常連さんには懐かしい記事もあるかもしれませんので、お時間あれば是非見て頂ければと思います。

ではでは製作担当でした。

投稿者 moriya : 11:52

2012年09月19日

無垢の山桜板のミシン台

RIMG3955_1.JPG
RIMG3967_1.JPG
写真は、お客様が使っていたミシン台の天板を、当店で無垢一枚板(山桜)に取り替え加工させていただいたもので、当店スタッフ・笹田の製作です。
無垢の山桜天板とアンティークな感じのミシンとが一体化していてとてもいい感じで、末長くお使いいただければこちらとしても有難く思います。
こういった特殊なオーダーメイドも技術的には可能ですが、完成するまでには出来上がりを見ただけではわからないほど相当な手間がかかります。
現時点で自社加工スタッフは2人しかおりませんので、時間的にかなりお待ちいただく場合もございますし、価格もそれなりになることを考慮いただいたうえ御相談いただけると助かります。

投稿者 katsumata : 18:01

2012年09月18日

木曽桧の天然物、入荷しました。

RIMG3944_1.JPG
写真は、天然の木曽桧です。厚みが65mmくらいあるので、彫刻材などには適していると思います。
1~2年くらい前までは、普通の桧材より高いとは言っても価格差以上に品質差の方が大きかったので、好んで木曽桧を購入しておりましたが、このところ流通量も少ないし、価格もかなり上がってきているため、仕入れ量が少なくなりつつあります。
木曽桧の天然物は、万人受けする良い香りと上品な肌合いで、とにかく身近に置いておきたい木の一つであることには間違いありません。
興味のある方は普通の桧と天然木曽桧の違いを是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:33

2012年09月13日

桧の無節カウンター

h-kaunta2_1.JPG
写真は、当店2階にて保管展示中の桧無節カウンター板です。
カウンターに予算をかけたい和のお店がありましたら、是非御相談下さい。

今日、「解体する前のお店のカウンター材を引き取れるかどうか見てほしい。」という依頼があり、見にってきました。
とても立派なカウンターが何枚もあり、処分するのはもったいないものがあったのですが、取り付けの際にできたビス穴や、自然発生したヒビ割れや、加工による穴空きなどがあり、希望と折り合わず帰ってきました。
桧の無節板は特に、白木でそのまま使うことが多いため、傷があると価値が大きく落ちてしまいますが、あれだけの巾と長さと目詰まりと考えると、名残りおしくもありました。

「木」のことなら何でも、気軽に御相談下さい。


投稿者 katsumata : 19:31

2012年09月12日

住宅建材の展示会があります。

RIMG3950_1.JPG
写真は、キッチン・バス・洗面・給湯器などの住設機器やフローリング・ドア・下駄箱などの住宅新建材をいつも仕入れさせていただいている問屋さんの展示会ポスターです。
私達材木屋は無垢の木だけではなく、ベニヤや内装ドア・システムキッチンなども主に建築業者さんに販売していますので、ジューテックさんなどの建材問屋さんとも常時お付き合いさせていただいています。

10月14日(日)、東京ビッグサイトにて開催されます。興味のある方には一般の方でも展示会の無料招待券を差し上げていますので、勝又まで問い合わせ下さい。

投稿者 katsumata : 20:18

2012年09月11日

超強力両面テープと家具用木工ボンドで作る④

RIMG3900_1.JPG
RIMG3901_1.JPG

写真上は、当店で普通に販売している栗の一枚板で、かなり歪みのあった板です。写真下は、その板1枚から木取りして製作した栗の本棚です。
両面テープとボンドだけの固定で、中段を付けても耐えられるかテストする意味も含めて試作したのですが、今日、「コレ欲しいんですけど。」というお客様が来たので、試作品だと説明した上で、それでも欲しいというので販売してしまいました。

このところ、細かい仕事ではありますが、いろいろとやることが増えてきて、「儲からないけど忙しい」状況になりつつあります。ただ、「完全に暇」という状況に比べれば良いことは間違いないので、この状況を楽しみつつ仕事しています。

投稿者 katsumata : 18:31

2012年09月07日

超強力両面テープと家具用木工ボンドで作る③

RIMG3928_1.JPG
写真は、試作用に作ったミニCDラックです。
向って左がパインフローリング材のフレームとシナベニヤの背板で作ったもの(1000円)で、右がブラックウォルナットの端材を使って作ったもの(2000円)です。CDや文庫本などが入るくらいの大きさでつくったのですが、椅子として座っても簡単には壊れないくらいの感じなので、ラックとして使う分には十分だと思います。
ラフでもいいので簡単なスケッチと、板の寸法を教えていただき、こちらで寸法カットした材をお渡しすれば、木工機械なしで製作できてしまいます。
ちなみに、写真左のパインフローリング材は、厚み20mmで巾120mm~125mm程度で、長さはカットして販売することも可能です。
問い合わせは、勝又まで。

明日の土曜日、店は営業して居りますが、私は朝から筑波の木材市場に行ってしまうため、終日、店には居りません。
また、他のスタッフも納品などがあり店番が手薄になってしまう時間帯もあるかと思いますが、何卒ご了承いただければと思います。

投稿者 katsumata : 18:57

2012年09月06日

桧のフローリング・羽目板なども販売してます。

RIMG3941_1.JPG
写真は、明日納品予定の桧無節の羽目板です。
桧のフローリング(縁甲板)は多数流通しているのですが、羽目板(壁に貼る板)は以外に少ないので、まとめ買い在庫して小売りすればいいのではないかという頭がよぎったりするのですが、まだまだ販売量が少ないため在庫するまでには至りません。
こういった化粧木材は、工務店さんはもちろん一般小売り販売も承っておりますので、お問い合わせ下さい。

今週は、埼玉や神奈川の方まで配達にいったりして、気分転換できました。元々、私は車の運転をしながら考え事をしたり、一服したりするのが結構好きな方なので、生産性のあがる(石膏ボード以外でトラック満載だったり)長距離配送であれば喜んで行きます。
また、一般のお客様で車で1時間以上かかる場所への配送などを依頼されることもありますが、その場合は宅配便を使っていただくか、運賃をいただいて自分たちで運ぶかのどちらかで対応していますので、御相談下さい。

投稿者 katsumata : 19:04

2012年09月04日

欅の洗面カウンター板、搬入しました。

RIMG3932_1.JPG
写真は、今日、建築中の現場に納品させていただいた欅(けやき)の洗面カウンター天板です。
丸くくり貫いたところに陶器ボウルをはめるようで、その寸法を工務店さんに教えていただき、穴あけいたしました。
比較的新しい付き合いの工務店様からの無垢一枚板天板の注文でもあり、これを気に入って、無垢一枚板を今後も使ってくれるといいなと思います。
当店では、こういった穴あけ加工・オイル仕上げなどもよくやっていますので、御相談下さい。
当店の製作事例はこちら

投稿者 katsumata : 18:50