[2012年08月21日] アーカイブ

2012年08月21日

蔵出し材入荷

RIMG3905_1.JPG
今日は、やり方材(ヌキ2束と垂木1束)を足立区へ持っていく用があったため、少し足を伸ばして、浦安まで材料引取りに行ってきました。
通常、少量を足立区まで配達するとなると別途運賃をいただくのですが、やり方材を持っていくということはプレカット構造材も一緒に入れさせてもらうのが暗黙の了解になるので、少量で遠距離であっても配達します。
さて、トラック荷台上の写真の材は、新木場周辺の材木屋さんの蔵出し材で、木曽桧と霧島杉の長期乾燥材になります。
乾燥しているので、すぐに使えるのが利点だし、見た目は汚いですが、近日中にプレーナーをかけて展示するつもりなので、見違えるものになると思います。

手の手術などもあり、今日は、数ヶ月ぶりに石膏ボード15mm厚の2階・3階上げをやり、爽快な汗を流しました。
肉体労働だけでは食っていけないとわかりつつも、肉体労働をしていると、すごく健全な仕事をした気分になります。
「いろいろ考え、新しいこともやっていく一方、やっぱり肉体労働もやめられないな。」と思った一日でした。

投稿者 katsumata : 18:20