[2012年06月20日] アーカイブ

2012年06月20日

ブナテーブル

SN3V0105_R.JPG

SN3V0094_R.JPG

SN3V0095_R.JPG

SN3V0096_R.JPG

写真は先日納品させて頂いたブナのテーブルです。

天板寸法が約1800×約1100~1200×約42厚とかなり大きなサイズです。もちろん一枚板ではとれないので、共木の2枚接ぎなのですが、ねじれが大きい材だったのと、2枚接ぎだと赤身と白太が交互になってしまうので、元々2枚のものを赤身と白太に分割して接いだ5枚接ぎになっています。

磨いていない状態の板からご依頼いただき、もしかしたらお客様はドキドキだったかもしれませんが、ご発注頂き本当に感謝しております。

当店の1Fにある在庫の8割以上は埃が被ったり、割れ止めが残っている状態です。(2Fはきれいな板のみの展示)。時間が取れずになかなか削って展示が出来ないこともあるのですが、実は削ってから立てて展示してしまうと、またねじれや反りが出しまい、削って厚みが減った上に、さらにねじれや反りを取るのに厚みが減るというダブルパンチで、薄くなりすぎて使えなくなってしまう材料もあります。

ただ埃だらけでもイメージが伝わりにくいので難しいバランスなのですが、そういった中でご依頼して頂けるお客様には感謝しております。

部分的に削って木肌をお見せすることはもちろん可能なので、なんだ汚い木ばっかりだなと思っていても一声お掛け下さい。

製作担当でした。


投稿者 moriya : 08:23