[2011年10月] アーカイブ

2011年10月31日

11月5日のセール情報⑦

RIMG0638_1.JPG
写真は、楠の板で、ひびがところどころに入っています。サイズは約1700mm×巾30cmくらい×厚45mmくらいではないかと思います。かなり適当に書いた寸法なので、詳しく知りたい方はメール下さい。
この板2枚は、朝一超特価コーナーで、各1000円で出品予定です。
楠はメンソール系の香りのする木で人気があり、また、彫刻材としても人気のある木です。何か使いみちのある人ならかなりお買い得なのではないかと思います。

どうしても、午後3時からのオークションに合わせて御来店くださる方が多く、それはそれで大変有難いのですが、午前中が少し手空きになってしまうので、朝一超特価コーナーを今回設けました。
朝からの御来店と、午後の御来店と、両方来れる方は、是非来てゆっくりしていって下さい。

投稿者 katsumata : 19:02

11月5日のセール情報⑥

RIMG0634_1.JPG
写真は、パインのフローリング約2坪+半畳分くらいで、少し難有りの品(欠け・ヒビなど少し有り)です。
現在これで12000円にて販売していますが、セールの日まで売れ残っていれば、10000円にて販売します。また、これだけでは足りない方には同商品の在庫品(通常価格)がありますので、1畳単位で追加することも可能です。

結局、先週・先々週で計3回、無垢板の競り売りに勝又木材として参加してきてしまいました。(私はそのうち2回)
ただ、今回のセールまでに入荷するのはそのうち半分くらいだと思いますが、それでも新入荷商品は大小合わせて50枚以上はありますので、ご期待下さい。

投稿者 katsumata : 18:35

2011年10月28日

11月5日のセール情報⑤

hinoki_111028.JPG
写真は、セールで、19800円にて販売予定の紀州桧の4m天板です。幅は30cm前後で厚みは36~40mmくらいです。7月に仕入れたものなのでまだ乾燥していませんが、その分、フレッシュな桧の香りが残っています。香りを楽しみたい方にもオススメします。
また、今回のセールで「セレクト新商品コーナー」として、「青森ひばのチップ」、木の香りを凝縮した「青森ひば精油」「ひのき精油」や杉の間伐材に植物成分を浸透させた「森の香りの防虫剤」など、木の香りを商品にしたものなども販売いたします。
長年、木に囲まれて生きてきていますが、それでも今も、天然の木の香りにとても癒されるものですので、みなさんも是非、香りを嗅ぎに来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:38

11月5日のセール情報④

RIMG1905_1.JPG
写真は、桧の彫刻材特価品で、一つ3000円で出す予定です。芯去りで、ほとんど節がないのですが、木曽桧ほど良いものではないので、試し彫りに使ったり、素人さんで彫刻を趣味としてやっている人などには良いのではないかと思います。

最近、リフォーム関係で、「大工さんを世話して欲しい。」といった話が多くなっているような感じがします。
とはいっても、なかなか安心して紹介できる大工さんというのはそう多くはいないし、また、良い大工さんはなかなか空いてないので難しいところではありますが、「材木屋が工務店に大工さんを紹介したら、材料もその材木屋で買う。」というのが、暗黙の常識になっているので、良い大工さんと知り合いになったら、連絡先を聞くようにしています。
そんな中、大工さん紹介で有名な材木屋さんと先日話していたところ、「うちが紹介した大工の現場なのに、構造材がプレカットになり、そのうち羽柄材がプレカットになり、さらにはベニヤがプレカットになり、足らずまいだけ納品していても商売にならないから、こんな会社の仕事はやめろ。」と大工さんに言ったそうなのですが、すっかり大工さんはそこのビルダーの仕事に慣れてしまっていたため、「戻ってこない。」と嘆いていました。まあ、わかるような気がしますが・・・。

投稿者 katsumata : 18:57

11月5日のセール情報③

RIMG1900_2.JPG
写真は、今回のセールで1枚3000円で販売予定の「尾鷲桧」限定10枚です。尾鷲はとっても雨の多いところなので、桧の油分が多く、土台などには適している木で、知り合いの宮大工さんが「土台には尾鷲桧のグリーン材を使う。」と言っていたことを思い出します。また、あまり知られていませんが、人工の日本三大美林の一つでもあります。
最近、何故か「桧」がよく売れています。半年くらい前までは、桧ブランドといった名前だけで、実際は杉のほうがはるかに良く売れていたのですが、このところ、「桧も結構、需要があったんだなあ。」と思ってしまうくらい引き合いが増えている感じがします。テレビか何かで桧を宣伝でもしているのでしょうか。それとも単なる偶然なんでしょうか。不思議です。

投稿者 katsumata : 18:37

2011年10月27日

11月5日セール情報②

RIMG1901_1.JPG
「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」のチラシが出来上がりました。
グルッペコーナーの他、15時からの「木のオークション」、セール特価品いろいろあります。

投稿者 katsumata : 18:16

2011年10月24日

11月5日のセール情報①

RIMG1903_1.JPG
写真は、金物特価コーナーにて出品する予定のビス類です。
数年前に廃業した金物屋さんの最終処分品を安く譲り受けたのですが、実際に普段使うものは少なくて、場所取り在庫になってしまっているのが現状のため、今回のセールにて格安処分いたします。
ビス・釘などの金物を中心に出品しますので、日曜大工する方はこの機会に是非お求め下さい。

10月21日(金)は、仕入れに行ってきました。青森ひば・杉・桧・桧のまな板・カエデ・屋久杉・栗・槇・楠・タモ・桜などを仕入れました。近日入荷予定ですので、お楽しみに。

投稿者 katsumata : 18:25

2011年10月20日

11月5日(土)は、「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」です。

RIMG1875_1.JPG
11月5日(土)9時~17時に「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」を開催します。
今回のセール情報も、これから約2週間このホームページでお知らせしていきますので、是非チェックして下さい。
また、今回の参加出店者は毎度おなじみのメンバー、たいやきの「よしかわ」さんや木工房「のいとど」さんの他に、前回のお餅つきのときに好評いただいた「女性による紙芝居」の方も来てくれるそうです。
さらに、写真のような「手作りリース」「流木を使った花台」「植物」などを販売する「みのる工房」さんが初参加してくれます。
そして、まだ決定ではありませんが、吉祥寺名物「ハーモニカ横丁」からの飲食出店参加も予定しています。詳細がわかったらセール情報として御紹介しようと思ってます。
皆さん是非遊びにきてください。

このところおかげさまで仕事は忙しく働かせてもらっているのですが、今週・来週で無垢一枚板の仕入れの競り市が3回もあります。とりあえず明日は行く予定をしているのですが、仕入れに行くとつい買いたくなってしまうので、他2回はどうするか迷っています。買ってしまうと、仕入れ代金もかかるし、なにしろ置き場所の確保が困難な状況にあり、行きたい気持ちは強いのですが、悩みどこです。
そんな状況なので、セール当日にはたくさんの無垢材が新入荷すると思います。おたのしみに。

投稿者 katsumata : 18:47

2011年10月19日

無垢板の洗面カウンターの加工です。

RIMG1900_1.JPG
写真は、欅無垢一枚板を洗面カウンターとして加工・仕上げしている最中です。
図面・打ち合わせいただければ、写真のように給排水の穴あけや表面磨き・寸法カットなどもほとんど自社内でやっていますので、御相談下さい。


投稿者 katsumata : 18:20

2011年10月14日

「ビーチ材の本棚2台」、納品しました。

RIMG1888_1.JPG
写真は、10月4日のブログで少し紹介させていただいたビーチ材無垢の本棚で、当社スタッフ笹田の製作です。
背板以外は、ビーチ材無垢の2枚接ぎで、背板はシナベニヤを使いました。
棚板はステン棚柱を4本埋め込んで、高さを変えられるようにしてあります。
最近は、住宅・店舗建築関係の業者さんから直接依頼された仕事の割合が少し多めですが、今回のようにまったく一般の方からの注文も常時承っておりますので、プロ・一般を問わず気軽に御来店下さい。

まったくプライベートな話ですが、オススメの本を御紹介します。去年読んだ中で最も感動したのは、百田尚樹さんの「永遠の0」という有名な本で、その後、著者の本を数冊読みましたが、「ボックス上・下巻」もオススメです。
そして、最近ちょっとはまっているのが、池井戸潤さんの本です。「空飛ぶタイヤ上・下巻」で、はまってしまい、5~6冊は読みました。「下町ロケット」という新刊はハードカバーで高いので、まだ読んでいませんが、きっと面白い本なんだろうと思います。
本を読みたいけれど、お酒も飲みたい。飲んでしまうと本を読むどころかすぐ眠くなってしまうので、毎晩なやみどころなのですが、「空飛ぶタイヤ」はお酒を飲んだ後でも眠くならずに読めるくらい面白い本です。興味ある人は読んでみてください。

投稿者 katsumata : 19:19

2011年10月13日

「天然木曽桧の赤節カウンター板」、入荷しました。

RIMG1892_1.JPG
写真は、先日入荷した木曽桧の赤節カウンター天板で、サイズは約3850mm×幅400~500mm×60mmです。(価格は税込み180000円)
天然の木曽桧を手元に置いて暮らしたい方は、自宅のカウンターテーブルなどに使ってみたらいいかと思います。
やはり木曽ブランドの天然桧材は日本桧の王様と言っていいかと思うくらい目の詰み方や赤節の色が他の産地の桧と異なります。興味のある方は是非見に来て下さい。

最近、多摩産材の流通価格が東京の一部の材木屋の間で話題になっています。今月、それに関連する講演も開催されるくらい材木屋の間では話題になっているのですが、「とにかく多摩産材は高すぎる。」ということを、みんな口を揃えて言います。
確かに私達材木屋の眼から見て、木のグレードに対する通常相場価格の倍くらいする印象ですが、多摩産材が東京都の公共工事で材料指定になっている場合、使わざるを得ないわけです。
私の予想では、多摩産材の価格は、「本来、製材業者が売りたい価格」なのではないかと思うのです。実際私たち町の材木屋も、「売れる価格」と「売りたい価格」があり、できるだけ後者に近づきたいと思いつつも、前者に限りなく近づいているのが現状です。私たちも「売りたい価格」で売れるように努力していかなければいけないのかもしれません。

厳しい価格は依然として続いていく感じですが、それでも最近は、「やっぱり材木屋が減ってきているのかも」と、なんとなく思うくらい引き合いは増えてきつつあります。材木屋を必要としている建築会社さんなどいらっしゃいましたら、是非御相談下さい。


投稿者 katsumata : 19:06

2011年10月12日

無垢木材用の仕上げオイル入荷しました。

RIMG1882_1.JPG
写真は、今回入荷したプラネットジャパンのオイルの一部です。
今までの仕入れ先で在庫を置かなくなってしまったので、メーカーさんからまとめて仕入れました。(まとめてといっても、ダンボール1箱程度です。)
価格は他社より少し高めですが、今までいろいろと使ってきたオイルの中で、結局これに落ち着いた商品なので、良いものなのだと思います。

このところ、仕事の話は増えてきつつあり、また体も忙しくなっています。
ただ、手間をかけずにそれなりの売上げ利益の上がる仕事は、10年前くらいから確実に減ってきており、まったく増えることはありません。
最近では工務店さんからの注文も、木材の特殊な加工をやっている材木屋が少ないためか、加工仕事に関してはよく問い合わせがあり、受注するケースが多いような気がします。
ただ、うちも加工のキャパがすでにいっぱいの状態でまわしているため、待っていただく場合も多くなっているのが現状ですので、ご了承下さい。

投稿者 katsumata : 18:05

2011年10月07日

お客様の製作品です。

RIMG1880_1.JPG
写真は、以前土曜日特価で販売した栃の板を使って、お客様が製作したミニテーブルです。
板の素材自体は安く買えるものもたくさんありますので、こうやって御自分で作れれば、かなり安く無垢の家具が出来上がります。

昨日、木材問屋の人と話していたら、9月は結構忙しかったそうです。
確かにお盆休み明けくらいから動きが出てきたような感じはしていたのですが、やはり少しづついい方に向っているのでしょうか・・・。
とはいっても、松屋の牛めしは、240円です。こんなに安くなっているので、今日の昼食は吉祥寺の松屋で牛めし大盛り340円を食べてきました。みそ汁と紅ショウガまで付いてこの価格で食べられるなんて、不況デフレとしか考えられません。
ちなみに、牛丼の味では吉野家・松屋が好きで、回転寿司では天下寿司とスシローがオススメです。

明日土曜日は私も出勤して、加工作業・板の整理等しながら無垢板や無垢フローリングなど販売しています。また、店舗リフォーム・住宅リフォームの御相談も受け付けていますので、吉祥寺にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 18:57

2011年10月05日

日本の赤松のバイオ乾燥材です。

RIMG1865_1.JPG
写真は、地元産赤松の板で、バイオ乾燥機にて乾燥させた板です。
バイオ乾燥をお願いしている業者さんによると、40度以下の超低温乾燥のため木の細胞を破壊することなく油分を残して水分だけ取り除いており、そのために木のツヤが増すとのことです。
木の個体差もあるので、はっきりはわかりませんが、確かに、普通より光沢があるように見えます。
興味のある方は見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 20:03

2011年10月04日

キャビネット(本棚)、製作中です。

RIMG1874_1.JPG
写真は、現在製作中のキャビネットに使うビーチ無垢材を板接ぎしたものです。
一般の人からのご注文で、最初は「スペースにピッタリくるサイズのものが欲しい。」というお話だったので、針葉樹の集成材でお見積もりしたのですが、結局、白っぽい広葉樹材を気にいっていただいたようで、少し価格UPにはなりますが、写真の材料で製作することになりました。

最近は、石膏ボードの配送量が多く、なんとも言えない感じですが、不景気が長く続いているので、以前に比べると石膏ボードでも注文もらえて有難いという気持ちが多くなってきています。ただ、実際問題としては疲れるし、体を痛める可能性も増えるので、無理せずゆっくりやるようにしています。
そうはいっても、腰や手足を痛めてしまうのは材木屋としての宿命でもあり、自分は1年前に腰を痛めて2週間は荷物を持てない状況になり、今年はうちのスタッフたちも似たような状況になったりしているので、またそのうち誰かやってしまうかもしれません。
ただ私自身は、今のところ体調良好ですので、いっぱいご注文下さい。

投稿者 katsumata : 19:55