[2011年07月] アーカイブ

2011年07月29日

「紀州桧の無垢一枚板」、入荷しました。

RIMG1783_1.JPG
写真は、今日入荷したばかりの紀州桧無垢一枚板の百年生です。
生材・芯持ち材、入荷したてという特価条件が揃ったので、サイズは2m超×幅300mm~400mm×厚35mmくらいですが、3800円と5000円にて明日から販売します。
また、共材で芯去りの4.3mのものも数枚入荷しており、比較的買いやすい価格で販売していきますので、興味のある方は是非御来店下さい。
(生材ということもあり、桧の香りもフレッシュです。)

昨日は、異業種交流の勉強会に参加してきました。
たまたま近くでお話した方がそうだったのかもしれませんが、朝5時頃に起床して、自分の時間を有効に使っている方々が複数居り、「いいことだな。」と思いつつも、やれない理由を見つけて、いいと思ったことをやれずにいる自分を考えて、ちょっと自己嫌悪っぽくなってしまいました。
それでも、いろんな方々と接することで勉強になることもたくさんあるので、参加するだけでも意義があると思います。

投稿者 katsumata : 18:53

2011年07月27日

国産胡桃板の洗面カウンターです。

RIMG1732_1.JPG
写真は、いろいろと納品させていただいた店舗のトイレ洗面カウンターです。
材は、国産の鬼グルミの耳付き板(天然乾燥)で、ブラックウォルナットより少し淡いですが、薄紫っぽい色です。ただ、この洗面は、葉っぱの形をしたタイルや洗面ボウルが主役になっているので、カウンター天板は脇役になってしまった感じです。
このくらいの板なら数千円~ありますので、興味のある方は御来店下さい。

今週はどういうわけか夜飲みに行く用事が多く、昨日も大手居酒屋チェーンで材木屋の集まりに行ってきました。久しぶりに大手居酒屋に行ったのですが、「個人的には、もう二度とこのチェーン店には飲みにこないな。」と感じるちょっとがっかりした内容でした。
団体の飲み放題コースだったからなのかもしれませんが、「近所のやきとり屋でホッピー飲んでるほうが数倍いいや。」と感じてしまいました。
最近は個人的にはホッピーにはまっていて、近所のスーパーで1本99円のホッピーと2ℓ990円くらいの焼酎を買ってきて自宅で飲んでいます。夏バテすれば痩せるのかもしれませんが、暑いからこそビールやホッピーがおいしくいただけるので、結果として食もすすんでしまい、なんだかここのところウエストがきつくなってきているように感じます。
人間(特に自分)は意志が弱いと、楽な方楽な方へすすんでいこうとするので、現状の生活をなかなか代えることができず、日々軽い罪悪感を感じつつ過ごしています。
もし「あなたの短所は?」と聞かれたら、「自分に甘いことです。」と答えるのではないかと思います。


うちは、武蔵野市の学校関係へのベニヤ・木材などの納品をさせていただいています。
用務員さんが使う程度の量なので、建築材に比べると少量ですが、最近ではそれでも有難く感じるようになるほど、業界は厳しくなっているということを材木屋同士の集まりや建築会社さんからの話などで感じつつ働いています。
学校は夏休みになると所々で工事が始まっているのですが、そういった工事で使う材料も建築会社を通すのではなく、「材木屋に注文してくれたらいいのに・・・」などといったことを思いつつ、昨日配達に行った学校で荷物を降ろしながら考えていました。
ただ、そんなこと考えていても仕方ないので、こちらとしてはお客様に買ってもらえるお店になれるよう考え努力し、やっていくしかないのですが・・・。

とにかく、木のことなら何でも気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 10:31

2011年07月22日

「木の表札」、ついに完成です。

otabesan.JPG
写真は、銀杏の木で作った表札で、自社スタッフ市川の製作です。
お客様は、建築会社の株式会社カツマタで新築工事をやらせていただいた方で、うちのセール「木のオークション」などにも参加いただいたり信頼関係ができていたことと、このお客様自体の性格がものすごく良かったので、完成までかなり長い間待っていただいたようなのですが、すごく喜んでくれたそうです。
表札は外部に取り付けるので、塗装は8度塗りして仕上げたりといったこともあり、通常業務の合間で製作することを考えると、もしまた他でご注文をいただいたとしても、それなりの時間は必要になると思いますが、興味のある方がいらっしゃいましたら、お声かけ下さい。

明日は、土曜営業日です。昨日・今日と涼しくて楽に過ごせましたが、明日はどうなるのでしょうか。
暑いようならお客様の入りは少ないと思いますので、いろいろ相談したい方など、そうでない方も是非、木を見に来て下さい。


投稿者 katsumata : 19:22

2011年07月20日

「店舗テーブル」です。

RIMG1736_1.JPG
写真は、先日のブログで「青森ひばのカウンター天板」を御紹介させていただいたお寿司屋さんの2階フロアーに納品させていただいた「杉柾板接ぎテーブル」で、自社スタッフ笹田の製作です。
集成材で作ってしまうと味気ないので、予算を抑えつつも味わいのあるテーブルをと思い、建築会社の人と相談して、無垢の杉柾テーブルを5台作りました。脚材には、節の少ない栂材を使い、スッキリと仕上がっています。
杉の柾材は品が良く、色は白赤(黒)のツートンで、個人的にツートン色の板が好きなこともあり、予算を抑えつつも満足いく天板になりました。
実際にどうなっているか気になるので、そのうち、このお店に食べに行きたいと思っています。
(ちなみに、東小金井徒歩2~3分くらいのところにあるお店です。)

木づくりの店舗テーブル・カウンター、その他、木のことなら何でも気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 18:19

2011年07月14日

「欅(ケヤキ)のテーブル・ベンチ」、納品しました。

RIMG1731_1.JPG
写真は、お客様のお宅で撮らせていただいた欅(けやき)3枚接ぎ天板のテーブルと、欅の両耳付き一枚板のベンチです。
テーブルの天板に使ったケヤキは、穴埋めが所々にありますが、赤身はとても赤く、(私たちの間では勝手に赤欅と呼んでいる良材です。)また、目も詰んでいて、勝又木材好みの良材でした。
それと、ベンチですが、これはナント私の製作です。よって、作りとしては褒められたものとは言えない部分もございますが、その分、通常より少し安く製作させていただきました。ただ、素材は同じものなので、十分に無垢のケヤキ材の良さは味わえると思います。

お客様には数ヶ月待っていただき、この2点にプラスソファテーブル(後日ブログにて紹介予定)の合計3点を注文いただきました。
ここでは、お客さまから価格表示の了解を取っていないため、価格を公表できませんが、何十年も使っていくものだと考えると、安売り家具を買うよりもむしろお買い得なのではないかと思うくらいの価格です。
(個人個人の物に対する価値観の違いがあるので、これはあくまで私の個人的意見ですが・・・。)
家を新しくした人・これから家を新しくする人など、長く使っていくものに関しては、イニシャルコストは少々かかりますが、この際ですので、できるだけ自分の気に入った無垢材を使うことをオススメいたします。

投稿者 katsumata : 19:13

2011年07月12日

「青森ひば」カウンター天板です。

RIMG1748_1.JPG
写真は、先日納品させていただいた「青森ひばカウンター天板」で、サイズは約長さ4m×奥行き600mm前後です。磨きなどはうちで行い、現場取り付けは大工さんにお願いしました。
1階は、このカウンターのお寿司やさんで、2階はテーブル席が5台ほどあり、それもうちで製作させていただきました。(後日、ブログにて御紹介の予定です。)

青森ヒバは水に強く腐りにくいので、私の自宅外部のアプローチを木道で作ったときの下地根太に使ったのですが、梅雨時や雨になると、そこを通ると青森ヒバのほのかな香りがしてとてもいい感じなので、
少々値は張るかもしれませんが、青森ひばでウッドデッキなど作ってみるのも青森ひばの香り好きの人にとっては良いかもしれません。

投稿者 katsumata : 18:39

2011年07月11日

「雷電木」、製材してきました。

RIMG0443_1.JPG
写真は、「雷電木」の板で、サイズは約2m×600mm前後×50~55mmが2枚です。
この板、実は4mのカウンター板だったもので、国産広葉樹で幅600mmのカウンター天板というと希少材の部類に入ってくるため、できればそのまま保管したかったのですが、しばらく乾燥したら大きく縦反りしてしまい、やむなく長さを半分に切ってから製材所でおおよその平面を出してもらいました。
雷電木の板は木自体はあまり有名とはいえませんが、色が赤オレンジっぽくて目立つし、価格も安くはありませんがケヤキの良材より買いやすい価格のせいか、展示しておくと比較的よく売れます。
そういったこともあり、たまに売りに出るとだいたい仕入れるようにしています。
ただ、まともな板材の在庫としては、ついにこの写真の2枚で最終在庫となってしまいましたので、興味ある方は、早目に見に来て下さい。

連日暑い日が続き、体力的にもキツイ季節になってきました。
ただ、去年夏に80キロまで体重を落としてから、とくに気にせず食べているのにまだ80キロを維持しています。それがいいのか夜になっても以前ほどグッタリ疲れていないことが多いようです。
いつの間にか健康に気を使って食事したり、お酒を飲んだりする年になったと思うとちょっと寂しいような気にもなりますが、やはり健康はとっても大切なことなので、うまくコントロールしていけたらいいなと思います。

投稿者 katsumata : 19:14

2011年07月08日

杉ローテーブル

P7030091_R.JPG

写真は間もなく納品予定の杉のローテーブルです。天板には高齢木で目詰まりの良材を使わせて頂きました。「いつでも良い」というお客様のお言葉に甘え、1年ほどかけて完成に至りました。

埃まみれの材木の一部を削ったのを見ただけで、ここまでお待ちいただき本当に感謝しております。
こちらも精いっぱい加工させて頂きました。

脚部ですが、無垢の鉄の13角で製作してあります。黒錆び+蜜蝋仕上げです。

P7030077_R.JPG

木の雰囲気が良く、耳を落として板接ぎするにはもったいなかったので、耳をそのまま残して、3本の反り止めでつなぎました。

P7030075_R.JPG

反り止めの溝を隠すアリ蓋も雰囲気をさらに活かすように鉄で作ってあります。

同じ原木から製材した4mものがあと2枚ありますので、ご興味ある方はご相談ください。

ではでは。製作担当でした。

投稿者 moriya : 16:39

2011年07月06日

ナラの板(未乾燥材)、挽いてきました。

RIMG1722_1.JPG
写真は、グリーン材として購入した楢の300~400mm幅・厚60mmの板5枚を半割りしてきたものです。
現在、当社裏の材料置き場にて桟積み自然乾燥中ですので、まだこれから狂いがどの程度でてくるのかわかりませんが、まとめて購入してくれる方がいらっしゃいましたら現時点でも販売しますので、興味ある方はお声かけ下さい。

今日は、これから、40年以上続いた木材市場の最後の競り売りに参加してきます。今までほとんど毎月参加していた競り売り市が今日で最後というのは寂しいかぎりですが、時代の流れなので仕方のないことなんだとあきらめるしかありません。

今週は夜に私用があるため、ブログの更新が少なめになると思いますが、御了承下さい。

投稿者 katsumata : 10:48

2011年07月04日

ウッドデッキ

デッキ写真1_R.JPG

写真はお客様に撮って頂いた、杉のウッドデッキ材「木もちe-デッキ」の施工写真です。
もともとタイルのバルコニーでしたが、夏場など日差しの強い時は熱くなりすぎてしまうので
木のウッドデッキにしたいとのことでした。

施工面積も結構あったのですが、スノコ状にして敷き詰める作業を1日で終えてしまったようで、
一般の方なのにすごいなぁと感心してしまいました。

デッキ写真2_R.JPG

杉のデッキ材なので堅木のデッキ材より施工面ではかなり楽になると思います。

デッキ写真3_R.JPG

勝又木材では「未晒し蜜ロウワックス」など小川耕太郎さんの商品も多少ですが扱っております。

ではまた。

投稿者 moriya : 15:27