[2011年06月] アーカイブ

2011年06月30日

「欅(けやき)のフローリング」、展示販売始めました。

RIMG1720_1.JPG
写真は、欅(けやき)のフローリングで、グリーンのテープより下は無塗装そのままの状態、テープより上はワックス塗布したものです。
売上げの上がる無垢材の商品ということで考えるとまずフローリングというものが思い浮かびます。うちも例にもれず何とかフローリングを販売したいと思い、まとまった数量を在庫して販売していますが、施工をお断りしている関係もあり、なかなか思うように売れません。
また、高樹齢杉のオーダーフローリングなども自己満足の世界で完結しているらしく、いくら良いものでも予算オーバーとなってしまい、売れません。(自宅の2階に貼ったのですが、時間が経つほどに味のある色が出てきて、個人的には最も満足しているフローリングです。)
そんな中、寺社建築材などで使われる日本の広葉樹の王様「ケヤキ」のフローリングが入荷しました。
関東地方の国産ケヤキをベトナムで加工することでコストを抑え、エンドユーザー価格で約1坪当たり25000円(税込み)にて販売開始しました。
坪当たり30000円以上になってしまうと、なかなか手が出にくい商品となってしまうのですが、ナラ・カバ(外材)のフローリングが品薄・価格上昇傾向で価格差が小さくなってきている今、少し予算を出して「欅のフローリング」を検討してみてはいかがでしょうか。
加工は海外ですが、国産・広葉樹材のフローリングで考えると、安めの価格設定だと思います。

とにかく暑くじめじめした毎日で、自分自身軽い熱中症にかかったのかと思うほど夕方だるくなってしまいましたが、皆さんも体調をくずされないよう気をつけてください。

投稿者 katsumata : 19:26

2011年06月28日

栃(トチ)の板、入荷しています。

RIMG1690_1.JPG
写真は、トチの曲がり板で、長さ3メートル近くあります。先月の仕入れでまとめて購入したもののうちの一枚で、他にはもう少し短めの板が10枚以上あります。
そのうち半分以上は難あり特価で、含水率は18~20%、ほどほどの重さになっているので、御自分で製作する人などにはお買い得だと思います。

今日は、木材市場の会合に参加してきました。
自分自身、気分が沈んでいたのは春先あたりだったのですが、どうも他の材木屋さんは「今」の人が多いようで、最近特に「この先どうなっちゃうんだろ。」といった声をよくききます。
まさに、実際に商売している材木屋が東京に10件くらいしかなくなる日も近いかもしれません。
とにかく今は、それでも勝又木材で買ってくれるお客様たちに感謝です。

投稿者 katsumata : 19:18

2011年06月27日

店舗の座イスになります。

RIMG1698_1.JPG
写真は、今日現場納品させていただきました「店舗の座イス」9台で、低めのイスになります。
予算と工期の兼ね合いで、材は杉上小節の集成材を使い、加工はビス留め木ダボ埋めにて製作しました。
今までは、店舗建築材では店舗カウンターなどの受注が中心だったのですが、この現場は通常お付き合いのある建築会社さんの仕事ということもあり、現在製作中の杉柾板接ぎテーブルや納品済みの青森ひばのカウンターなど、いろいろとやらせていただいていますので、また、ブログで御紹介していきたいと思います。


投稿者 katsumata : 19:20

2011年06月24日

「レッドシダーの幅接ぎ扉」、できました。

RIMG1691_1.JPG
写真は、「レッドシダーの4枚接ぎ扉」です。
なぜレッドシダーを使ったかと言うと、当建物の外壁材がレッドシダーなので、それに合わせるという意味と、たまたま余り材があったからで、さらにウッドデッキ材としてポピュラーな木なので、外の扉としても悪くないのではないかとも思いました。
黒っぽい木とステンレスのハンドルが意外とマッチしていると思います。
価格はそれなりにUPいたしますが、「木」の大好きな方がリフォームや新築を考えるとき、この際だから思い切って「無垢の扉」を自分が選んだ木(ケヤキや高樹齢杉などは最高です。)で作ってみるのもいいと思います。
何台かまとまれば、建具屋さんの手間賃もそれほど割高にならずにできると思いますので、そういった御希望のある方は是非御相談下さい。

投稿者 katsumata : 19:45

2011年06月23日

「屋久杉テーブル天板」、展示中です。

RIMG1687_1.JPG
写真は、2階でテーブル天板として展示中の屋久杉です。まだ未乾燥でヒビもありますが、長さは2200mm以上あり、幅は900mm前後あります。
置き場所のある人には、お買い得な一品かと思います。

今日は、石膏ボード中心の荷物で神奈川まで配達に行きました。
以前だと、石膏ボードを運ぶのは疲れるだけの仕事といった感じだったのですが、最近の材木屋事情からすると、石膏ボード中心とはいえ、他のものも積んで、トラック満載で配達に追われるということだけでも有難いと思うようになってきました。
体は疲れても、暇で売上げゼロでジッとしているよりも逆に疲れないような気がします。
ジメジメしていて、これから夏を乗り切るのが大変ですが、へばらないように体調管理に気を使ってがんばっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 19:59

2011年06月21日

「紅梅」、入荷してます。

RIMG1695_1.JPG
写真は、5月末に入荷した「紅梅」の厚板です。
梅の木にしては太めで、あまり市場に出回らない材であり、さらに、うちにも在庫のない材ということで、ついつい高値で競り落としてしまったものです。
仕入れてしまった後に、「失敗したかな。」と思っていたのですが、6月4日のセールで1枚売れたことで、少しホッとしました。
ただ、これを仕入れた業者さんによると、元々安くは流通していないものらしく、うちが仕入れた値でも、ほとんど原価だということでした。
ちなみに、品物により上下がありますが、一枚10000円~15000円で販売していますので、興味のある方は、お声かけ下さい。

先日、半額チケットが当たったということで妻に誘われ、「風と共に去りぬ」の舞台劇を見に行ってきました。
だいぶ前にビデオで見たことはあったのですが、キャストが良いとか悪いというわけではなく、今回もやはり、あまり感動しませんでした。
きっと、男が見て感動するような話ではなく、女性が見て感動する内容なのだと思います。
ただ、スカーレット・オハラの人間としての強さみたいなものは、少し刺激されるものがありました。
また、最近、たたかれ続けている菅首相も、「あれだけ言われてもめげない。」という意味では、ちょっと尊敬してしまう部分があり、「自分ももっと強く生きていかなければいかんな。」と思わされます。


投稿者 katsumata : 18:48

2011年06月17日

デジカメ修理完了しました。

RIMG1686_1.JPG
写真は、デジカメ故障のために写真なしで先日御紹介させていただいた「楠の小板」で、1500円~3000円です。
載せている台は、栃の一枚板テーブル用天板の乾燥材で、168000円にて展示販売中です。

デジカメは吉祥寺のヨドバシカメラで購入したのですが、そのときは何故かヨドバシカメラの5年保証に申し込んでいたため、今回は無償で修理してもらえました。結構、派手に故障していたようだったので助かりました。


投稿者 katsumata : 19:26

2011年06月15日

御山杉(伊勢神宮地域内社木)の大径木天板あります。

RIMG1642_1.JPG
デジカメ故障中のため、写真は以前撮りおきしてあったもので、幅約1200mmある御山杉の天板です。
実際に幅1200mmもあるテーブルだと使いにくいし、置き場所も確保するのが難しいかと思いますが、探してもなかなかない品だと思います。
場合によっては薄板に製材して、突き板として使うのもおもしろいのではないかと思います。

写真で紹介できずに残念ですが、「桧の切り株」と一緒に購入してきた「楠の小板」が6枚入荷です。
赤身が黒っぽくブラックウォルナットのような色合いでクッキリしており、楠材にしては重く、とても見た目の綺麗な板です。
2階ショウルームにて展示販売中ですので、興味ある方は見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:51

2011年06月13日

「桧の切り株丸太」、7台入荷です。

デジカメ故障中のため、写真なしで失礼します。
今日、埼玉の北部の方に木材の引き取りに行ったついでに、懇意にしている製材所に立ち寄り、桧の切り株を7台分けてもらってきました。
去年12月のブログで御紹介した杉の切り株は、大きすぎて今ひとつ不評だったので、今回はそれよりもひと回り小さな桧の切り株の入荷です。動かしやすく、腰掛けにはちょうど良いサイズだと思います。
ひとつ3000円~4000円で明日より販売します。7台しかございませんので、興味ある方はお早めに。

投稿者 katsumata : 21:16

2011年06月09日

タモ一枚板のテーブル

タモ一枚テーブル_1_1.jpg
写真は、去年、ご注文いただいた「タモ一枚板のテーブル」で、うちのスタッフ笹田の製作です。
納品させていただいてからブログ掲載するまでにかなり時間がかかってしまいましたが、デジカメが故障したことで、この写真を預かっていたことを思い出し、幸いです。
タモの一枚板で、テーブルサイズになるものは意外に少なく、当店でもあと1枚しかないと思います。
また、テーブル・カウンターサイズの天然乾燥の天板は、端のほうに割合大きめにヒビが入ることが多く、タモという広葉樹のポピュラー材のイメージとは違って、幅広天然板でまともなものはそれなりに希少材といえます。
この写真の板も端のほうに割りと大きめのヒビがあり、チギリなどで補修しながらテーブルとして納品させていただいたものでした。

今週は、珍しく私自身が営業時間中ほとんど配達に追われる毎日です。
体は疲れますが、気持ち的には常に仕事に追われている方が楽で、夜になると逆に元気なくらいです。

投稿者 katsumata : 20:15

2011年06月08日

2階ショウルームの床貼り終えました。

RIMG1613_1.JPG
写真は、2階ショウルームの北側に貼った色々な木の板です。固定は、火造りの釘で上から打ち込んであります。
種類は、朴・楠・チーク・松・桜・欅・杉・桧・ナラ・塩路・桐・黄肌・カエデ・青森ひば・ウェンジ・鬼胡桃などで、評判は上々です。

昨日、故障したデジカメをヨドバシカメラに持っていったところ、やはり簡単には直らない故障らしくメーカー修理になってしまったため、2週間程度かかるそうです。
普段それほど使っているわけではないのですが、ないとやはり不便です。


投稿者 katsumata : 19:57

2011年06月06日

春の材木屋のセール、終了しました。

6月4日、無事、「材木屋のセール」が終りました。
天気には恵まれたのですが、こちらの宣伝や準備不足で、いつもより来場者数は少なめでした。
ただ、セールをお知らせすることにより思い出して御来店してくれるお客様もいらっしゃるので、やはり年3回くらいのセールは必要だと思いました。
次は、秋、10月か11月ごろになると思います。

デジカメが故障中のため、写真なしで、すいません。

投稿者 katsumata : 20:14

2011年06月03日

いよいよ明日、「材木屋のセール」です。

いよいよ明日、春の「材木屋のセール」です。最近のセールは天気に恵まれてます。明日も天気は良さそうなので、皆さん遊びにきてください。
さて、セール情報ですが、デジカメの調子が良くないということもあり、写真なしでの紹介になりますが、オークションでは、2階ショウルームの小上がりに貼った杉のフローリングの余り材1坪分以上を8000円~。入荷したばかりの難あり栃の幅広板を2枚。一位・榊という縁起物の板なども今日、出品準備いたしました。

また、皆様からのご愛顧を賜っているおかげで、本日「無垢カウンター材の店」という看板を取り付けるまでにいたりました。ありがとうございます。

投稿者 katsumata : 21:21

2011年06月02日

6月4日(土)セール情報⑧

RIMG1672_1.JPG
写真は、こわれかけたデジカメで何とか撮った「天然無垢材のB級家具」の一部です。
左は、タモとナラで作った本棚で、A4サイズが入るようになっています。また、右上は欅良材のスツール兼踏み台で、右下は以前ブログで紹介した脂松と欅脚のスツールになります。
この他、1階に「杉の皮付き板脚と栗天板のガーデンテーブル」があり、今日、時代家具の机の天板だけ栃材に取り替えたものができる予定です。すべて私の製作なので、基本ビス組みだし、自慢できる品ではありませんが、木は本物です。

今日、2階に入ったら、雨で湿度が高いということもあるのでしょうが、屋久杉の香りが部屋中満たしていました。まだ、製材したての屋久杉のテーブル天板を2階に展示したので、すごい芳香をはなっています。乾燥していませんが、この香りとともに暮らすという意味では、家の中で乾燥するまで保管しつつ、乾燥したらそれで何かを製作するというのも面白いのではないでしょうか。
セールにお越しの際は、是非2階ものぞいていってください。

投稿者 katsumata : 15:51

2011年06月01日

6月4日(土)セール情報⑦

RIMG1665_1.JPG
昨日、デジカメを落下させてしまいピントが合わなくなり、望遠などを使ってたまにピントがあったときに撮影し、その中からまともなものを選んで載せました。
とりあえずセールまではだましだまし使っていこうと思っていますが、撮りにくいものもあるので写真掲載できるものが予定より少なくなってしまうかもしれませんが、ご了承下さい。

今日の写真は、今回お試しで出品する「マイはし素材」で、紫檀と黒檀です。
先日、鎌倉に行ったときに立寄った「お箸屋さん」で、紫檀・黒檀などの箸が数千円~1万円以上で販売されていたのを見て、自分でつくってみようと思いたち、今回素材売りで1組500円としました。
実際自分で作り始めたのですが、カッターの切れが悪かったこともあり、結構苦戦しました。今日は家に帰って、もう少し切れるカッターで再チャレンジしてみるつもりです。

また、箸の下台は屋久杉の厚輪切り板です。これは、大きな穴が空いており、そこに火鉢を入れたり、観葉植物を入れたりと、それぞれ使いみちがあると思います。価格はまだ未定ですが、近日中に2階に展示予定です。

投稿者 katsumata : 19:08