[2011年03月22日] アーカイブ

2011年03月22日

資材供給状況

RIMG1506_1.JPG
今朝、「ケイカル板も品薄らしいですよ。」とうちのスタッフから報告を受け、調べてもらったところ、ケイカル板メーカーのうちの1社が地震による影響を大きく受けていたそうで、たまたまそのメーカーを取り扱っている問屋に注文しようとしたときに聞いた話だったので、他メーカーからの入荷もあるためそれほど心配することもなさそうな感じです。
写真の石膏ボードは当社の在庫分ですが、これも今までよりは納期が少し長いくらいでそれほど問題なく入荷しています。
ただ、どの商品にしても今までより価格が安くなるといったことは無い状況で、合板などは地震前の2~4割増しの価格になりそうです。ただ、それも入荷すればいい方といえます。
みんな合板の代替品を探しているようですが、代替品が通常品より全ての面で劣るものだと、「震災なんだから我慢してください。」といったところで、一生の高い買い物をする施主さんとしては納得がいかないのではないかと思います。
よって、価格は少し高くなっても、できるだけ無垢の「木」を使うようにしていければいいのではと個人的には思います。ちなみに、野地板の欠品に備えて、杉の1820mm×90mm×12mmという材を仕入れてみました。ヌキ板よりは安いので、使いみちのある方がいましたら、御相談下さい。

投稿者 katsumata : 20:12