[2010年03月] アーカイブ

2010年03月31日

「広葉樹無垢の特価フローリング」、入荷しました。

画像 007_1.jpg
写真は、在庫分として入荷した通称「かば桜のフローリング」(無塗装品)のサンプルで、A’グレードというグレードの商品です。Aグレードと比較すると若干の小節がありますが、「逆に本物の木っぽくていい。」という人もいるほどですし、十分に無垢のフローリングの質感を楽しめるものと思います。
また、広葉樹フローリングの継続商品としては当社で初めてエンドユーザー売りで1万円を切り、税込み9800円/坪という価格で販売いたします。
デフレ不況に対応すべく、「予算はないけど、無垢の木がいい。」という数多い人たちのために仕入れたフローリングなので、国産ではありませんが、本物の木のフローリングです。
興味のある方は是非一度、現物サンプルを見に来て下さい。
余談ですが、「かば桜」というのは通称であり、桜ではなく、「かば」のことです。

投稿者 katsumata : 15:22

2010年03月29日

板接ぎテーブル

栗・ブビンガテーブル 010_R.jpg

栗・ブビンガテーブル 012_R.jpg

栗・ブビンガテーブル 007_R.jpg

写真は違う樹種で板接ぎしたテーブルです。栗とブビンガを使っております。サイズもかなり大きく2100×1100というサイズです。真ん中に使っているブビンガは玉杢というきれいな杢が出ており、お客様が来店された際にこの木目を気に入られて栗材の間に挟むこととなりました。これぞオーダー家具といった感じで、好みの板で家具を作るという一例になると思います。とても面白い製作例が出来て、ご注文していただいたお客様、お客様をご紹介していただいた工務店様・設計様にも感謝です。

栗・ブビンガテーブル 001_R.jpg

脚は栗材で縮杢の出ている材料を使ってみました。このくの字型というかL字型の脚で天板を乗せるだけのタイプは加工時間が余りかからない形ですので、材料費を抑えるとかなりお求めやすい値段になります。天板が軽いとパタパタしてしまうかもしれませんが、今回のように大きいサイズや重厚なものは乗せるだけでも十分安定します。大人が天板の端に乗っても大丈夫です。

投稿者 moriya : 07:56

2010年03月27日

栗無垢の階段きざみです。

RIMG0131_1.JPG
写真は、栗板の階段ささらです。
現在の住宅では、階段材に無垢一枚板を使うことはほとんどなく、さらに広葉樹材となればなおさらです。
今週当社加工場で大工さんがきざんでいるのは、栗無垢一枚板からの階段です。
ささらに長さ4.3m必要なため、長さ4.5m、幅50cm前後の栗材を2枚使用しました。この材がたまたまあったからいいようなものの、あらためて探したらとんでもない金額になってしまうと思います。
こういった御要望の場合、予算と時間が必要だということを今までより強く感じました。
予算は気になるところですが、長い間住む家ですので、本当に気に入った木を毎日見ながら過ごす贅沢もいいものかもしれません。

投稿者 katsumata : 17:18

2010年03月25日

「桜の乾燥板」、10枚入荷しました。

RIMG0077_1.JPG
写真の桜の板は、10枚入荷したものを1枚試しに削ってみたものです。
サイズ約1300㎜~1400㎜×幅400㎜~600㎜×厚55㎜~60㎜くらいの板が10枚です。
写真からもある程度わかりますが、木目がキラキラと輝いており、なおかつどこかの材木屋さんに数年眠っていたという乾燥材でいて木の狂いの少ない希少材です。
予算と使いみちがあれば、個人的に購入しておきたい良品です。


投稿者 katsumata : 14:54

2010年03月19日

「杉の6.3mロングカウンター板」入荷です。

RIMG0106_1.JPG
写真は、一昨日入荷したばかりの杉の長尺カウンター材で、産地は吉野周辺だと思います。
節の部分で1箇所穴あきがあるのが難点ですが、とても良い木で、幅も60cm前後あります。
4.5m以上の無垢カウンター板は、うちだけでなく全体的に数が少ないため、実際に使いたいと思ってから探すと見つけるのも大変なのですが、たとえ見つかったとしても高額なものが多く、さらに現物を見れずに仕入れせざるをえないようなことも多いのです。
今回入荷した6.3mの杉カウンター板は、ちょうどタイミングよく昨日引き合いがはいったので、もしかしたら今日中に決まってしまうかもしれませんが、まだ、取引先に数枚在庫があるそうなので、お探しの方がいらっしゃいましたら、御相談下さい。

投稿者 katsumata : 09:20

2010年03月18日

お茶室の囲炉裏です。

RIMG0064_1.JPG
写真はお茶室の囲炉裏ですが、何の木かわかりますか?
漆のようなものが塗ってあり、木目だけでは判別が難しく、「この木は何の木ですか?」と恥ずかしながらたずねたところ、「桑」の木とのことでした。
お茶室は、木が主役になってはいけないし、また、できるだけ自然な感じになるようにするため、欅のような木力の強い木は、あまり好まれないそうです。ひとつ勉強になりました。


投稿者 katsumata : 19:58

2010年03月17日

お茶室見学へ行ってきました。

RIMG0054_1.JPG
先日、木材市場の市場長に誘われ、以前から興味のあった「お茶室」を見学にはるばる前橋まで行ってきました。
高崎のインターを降りて5分ほど走ると、「たむらや」という漬物屋さんがあり、食事もできます。以前からその店の「しょうがの味噌漬け」が好きだったので、そこでランチしました。
すると、ランチには漬物食べ放題が付いていたため、山盛りで3皿いただき、大満足で本来の目的であるお茶室見学へ向かいました。

写真は、外から見たお茶室の建物なのですが、予想していたよりもずっと立派で本格的な建築だったのでビックリしました。まず、お茶室を作るためには、庭造りが欠かせないものということで、石や灯篭や樹木、さらには、苔まで根付かせるという手のかけようです。
「自分でもお茶室の材料を販売できるようになりたい。」と思い、気軽な勉強のつもりで伺ったのですが、あまりの奥の深さに脱帽してしまいました。
ただ、この茶室の主である前橋銘木店の専務さんいわく、「お茶室材として、これを使わなければいけないという材料が決まっているわけではありません。」とのことでしたので、少しだけ希望は残ったものの、やはり本格的なお茶室は、前橋銘木店さんのように知り尽くした人に頼むのがベストだと思います。
もしこれからお茶室を作ろうと考えている人が近所で居りましたら、勉強させていただくつもりで安く材料を出しますので、よかったら御相談下さい。(たぶん誰もこないと思いますが・・・)
埼玉以北の人は、お寺のお茶室なども手がけている前橋銘木店さんに行ってみるといいと思います。


投稿者 katsumata : 19:32

桧 磨き丸太

桧 丸太 001_R.jpg

写真は桧の磨き丸太(皮を剥いできれいにしたもの)です。径が30㎝以上あります。取り寄せてもらった私も思ったよりきれいなものが届いてびっくりしてしまいました。木はまだ水分が抜けていないので割れなど入る可能性があるのですが、生材ゆえ香りは強くて良い感じです。

桧 丸太 002_R.jpg

保育園の遊具になるそうです。もちろん売り上げもうれしいのですが、特に都会の子供たちが木に触れる機会が増えるのは情操を養う意味でもうれしいことだなぁと思いました。

投稿者 moriya : 07:55

2010年03月16日

栗 ブックマッチ 座卓

栗 座卓 001_R.jpg

栗 座卓006_R.jpg

おはようございます。先日栗の家具を納品させていただきました。数ある樹種の中でも個人的に栗はお気に入りの材で、仕上げた時の色艶や、加工のしやすさ、木目の表情、水に強い機能性など色々と長所もあります。

今回は乾燥材のブックマッチ天板があり座卓に加工させていただきました。脚部材はトメに加工はしていませんが目通しになるようにしています。

栗 座卓 004_R.jpg

栗 座卓 005_R.jpg

上の写真の天板がものすごく反っているように見えますが、写真の圧縮の関係だと思います。きちんと平面を出して仕上げますのでご心配なく。

当社のような製作品の展示のない中で、信頼してもらい家具の注文を頂けるのは本当に感謝です。展示のない分これからもいろいろと写真をアップしていきます。頑張ります。

投稿者 moriya : 07:57

2010年03月15日

月・木はお得?

端材 001_R.jpg

写真は勝又木材の100円コーナーの棚です。雑然と木々が並んでおります。中から一つひっぱりだすと

端材 002_R.jpg

集成材ですが、2m以上×120×25位のものが出てきました。月曜日と木曜日の朝の時間は掃除に充てているのですが、置き場に困るような端材を思い切って100円コーナーに入れてしまうことが多々あります。毎回おいしい材が出るわけではないのですが、月木は少しお得かも知れません。

ではまた。

投稿者 moriya : 17:04

2010年03月13日

食堂のテーブル

食堂テーブル_R.jpg

おはようございます。

写真は三鷹市にある物流会社様の社員食堂です。テーブルを3台納品させていただきました。杉2台・タモ1台です。

このテーブルを納品させてもらう以前から、ふんだんに木が使われているようで、床にも無垢材が使用されたり、すでに2台ほど無垢のテーブルが使われておりました。

なんだかとても雰囲気がよくのんびりしたくなり、気分もリフレッシュできそうでした。応対してくれた経理(事務?)の方もとても気に入っている食堂のようでした。

そんな食堂に3台も新たに納品させていただき、雰囲気作りに多少なりとも貢献できたかな、喜んでいただけるといいな、と思うと同時に、キチンとお金をかけて、働いて気持ちの良い職場を作っている経営者の方もすごい方だなと思った今回の納品でした。

「今回の納品」と言いましたが、実はすんません、納品したの昨年末でした。

今日は気持ちのよさそうな土曜日です。ご来店お待ちしております。

投稿者 moriya : 08:02

2010年03月11日

「日刊木材新聞」にて、記事が掲載されました。

RIMG0075_1.JPG
写真は、今日の日刊木材新聞の記事です。
「挑戦する販売店」ということで、当社が紹介されました。内容としては、私が普段のブログで書いているようなこと(エンドユーザーと直接つながりのある商材を販売していかないと、材木屋としての生き残りは難しいといった内容)が書いてあります。
読むのが木材・建材業界の人たちだけなので、直接売上げに関係してこないとは思いますが、今日すでに数人の方から、「日刊木材新聞の記事、見ましたよ。」というようなことを言われ、業界内では結構読まれている新聞なんだということを実感しました。
何はともあれ、無料で掲載してくれたのだから、有難いことです。

投稿者 katsumata : 15:47

2010年03月08日

営業の成果第1号がでました。

RIMG0051_1.JPG
写真は、ピーラーの幅広板です。当社には、もったいなくて使えずに何十年も前から在庫となっているピーラーやアガチスなどの幅400㎜~600㎜くらいの幅広材が眠っています。入用の際には思い出して下さい。

先週末に、2月半ばくらいから、時間を見つけて出かけている営業廻りの成果第1号がでました。まだ見積もりの段階なので成果といっていいのかわかりませんが、無垢材を使ったテーブル製作の見積もりをいただきました。
たまたま通りかかったデザイン系建築会社さんだったのですが、やはり引き合いがあるとやる気が出てくるもので、理由を見つけては営業に行くのをどうしようかと迷ったりもしていたので、「とりあえずこの感じで続けていっていいのかな。」と感じられたという意味でも大きな出来事でした。
まずは知ってもらうということが大切なんだと思います。
他にも、無垢の木の引き合いが増えてきていますので、この調子で頑張っていきたいと思います。

投稿者 katsumata : 18:04

土曜日のお詫び

おはようございます。
製作担当です。

先週の土曜日のことですが、大変申し訳ありませんでした。
土曜日の午後御来客の皆様にこの場をお借りしてお詫びいたします。

というのも車が雨でぬかるみにはまってしまい、一台では脱出できなくなってしまったのでした。
土曜日はスタッフが少ないのですが1時間くらいならと思い、引き上げてもらうために応援の車を
だしてもらったのでしたが、その車も一緒にはまってしまいました。

土曜の午後はほとんど営業にならず、ご来店のお客様にもご迷惑をかけたかと思います。

車は業者に頼み引き上げてもらったのでしたが、なんだか申し訳ない一日となってしまいました。

今後は気をつけたいと思いますのでどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

投稿者 moriya : 07:50

2010年03月03日

「造作材の注文」も承っています。

RIMG0050_1.JPG
写真は、建築会社さんから注文いただいた栂のドア枠材です。材木屋というのは、こんなこともやっているので覚えておいて下さい。

今日、午後少し営業廻りに出たのですが、最近は駐車禁止の監視員が多くて車を道路にとめておくのも心配で落ち着いて営業できません。10件に1件くらいは、「まあ、座って下さい」とばかりに椅子を勧められるのですが、お茶まで出されると早々に気り上げるわけにも行かず、10分・20分と話しているうちに駐禁キップを切られてた。なんてことがそのうち現実になりそうです。

この前も、お昼に甲州街道沿いのラーメン屋に入り、食券を置いてラーメンができるのを待っているところで、突然、「駐禁来てますよ!」という声がし、自分を含め3~4人があわてて店を飛び出し車を移動しました。でも、近くに100円パーキングを探してもまったく見つからず、仕方なく元のところに戻ってきて、車をチラチラ見ながら落ち着きなくラーメンを食べました。
私の隣に座っていた人なんかは、ラーメンを食べ途中だったため、帰ってきたらすっかりのびていて、大盛りを食べていた私より後まで食べていました。
そんな状況なので、車での営業廻りと電車+歩きとどちらを選択するか今後考えなくてはいけません。


投稿者 katsumata : 19:04

2010年03月02日

「栃のカウンター板」、入荷です。

コピー (1) ~ 画像_1.jpg
写真の栃の板は、長さ3m×幅500㎜~600㎜くらいあります。含水率は現在のところ30%前後あるので、まだもう少し乾燥が必要となります。
赤身部分もあり、きれいな白トチというわけにはいきませんが、広葉樹で長さ3m以上あるカウンタ材というだけで一定の価値があります。自然乾燥後、削るのが楽しみです。

おとといの昼過ぎくらいから急に腹痛を起こし、「回転寿司のしめ鯖があたったのかな。」と思っていたら、夜には体の節々が痛くなり、吐き気までもよおしてきました。
昨日はやっとこ出社し、その日の用事だけ朝のうちに済ましてから病院へ行ったところ、どうもノロウイルスに侵されていたようで、午後休みをいただいて、ゆっくり寝て梅干とおかゆを食べて、ほぼ回復しました。この時期ノロウイルスがとても流行っているそうなので、皆さんもお気を付け下さい。

先日、うちの妻が子供の給食費を振込みに銀行に行ったところ、子供の同級生のお母さんとバッタリ会ったそうです。
うちの妻も自分と同じ用事で来ているものと何故か思い込み、「給食費払いに来たの?」と聞いたそうです。後になってみたら「馬鹿なこと聞いちゃったな。」と反省していましたが、その人は、寄付しに来ていたそうです。おそらく、定期的に何かに寄付しているんだと思います。
私もその方と面識があります。「あの人なら、そういう人かもしれないな。」と納得させるようなおだやかな感じの人なのですが、お金持ちという感じではなさそうだし、今の世の中自分がどうなるかもわからない中で、他人のために寄付することができる心を持っているということは、感動です。
このことから、自分も文句ばかり言っていないで、自分より大変な状況に置かれている人はいっぱいいるんだから、そういう人たちにも気を配れるようになりたいと考えていたら、さらに気持ちが前向きになってきました。
これからも、商売の形は変化しても、材木屋の存続のために頑張り続けます。

投稿者 katsumata : 19:13