[2010年02月24日] アーカイブ

2010年02月24日

木挽き職人が挽いた板です。

画像 004_1.jpg
写真は、先日の木材競り売りにて非売展示品として出品されていた「木挽き職人が挽いた杉の板」です。
写真では一部分しか写していませんが、実物は長さ2m強で、幅60cm以上はあったのではないかと思います。横からみても肉眼ではほとんどどのぶぶんも厚みが同じくらいに見えるくらいきれいに挽いてあり、昔の職人さんの凄さを感じることができ、技術を伝承していってほしいものだと感じました。

今日は、あやしいながらもちょっと面白いところへ見学及び仕入れに行ってきました。
まだ、ブログで公表できませんが、「こんな世界があるのか。」「あーいう店は、こういう所で仕入れてるのかな。」といった、感想をもった一日でした。


投稿者 katsumata : 20:13