[2010年02月] アーカイブ

2010年02月27日

ジューテックの展示販売会に行ってきました。

RIMG0044_1.JPG
写真は、本日、池袋のサンシャインシティ文化会館で開催された、ジューテックという建材問屋さん主催の「住まいるフェア2010」の招待状です。
朝の空いているうちにと思い早めに出向いたのですが、思ったよりもたくさんの来場者で賑わっていました。聞いたところによると、去年に比べてリーマンショックの影響が薄れつつあり、少しづつ仕事が出てき始めていることもあり、来場者が増えているのではないかとのことでした。
半信半疑ですが、本当に少しづつでも回復していってくれているのであれば、うれしいことです。

この展示会のときに、ジューテックのうちの担当者の方が、
「ちょっと気になってるんですが、テンション下がってるみたいなブログの内容が最近多いみたいですけど、何かあったんですか?」と言うのです。
理由としては、先日、頼んだわけではないのですが、F井総合研究所からダイレクトメールが来ました。
その内容とは、「工務店売り・ビルダー売りだけではもう黒字化は難しい。」というものでした。頭ではわかっていたけど、活字になったものを見たらより現実的になってしまったのす。
また、そこにきて、このところ鳴りを潜めていた建築会社からの値下げ要求のようなことが2~3立て続けにあり、「これから2番底がやって来るのか。」という気がしてしまったからです。
私は、明るい性格ではないのですが、暗い気分も長続きするほうではないので、切り替えてこれからどういった対策をやっていこうかと考え始めています。


投稿者 katsumata : 15:37

2010年02月25日

「欅(ケヤキ)の薄板」、大量入荷です。

画像 006_1.jpg
写真は、先日の特売にて仕入れてきた「薄く挽いた欅の板」です。
ほとんどが赤身で乾燥している良材で、仕入れたまんまの束売りが50000円~、バラした束は一枚単位で1800円均一(5枚以上お買い上げの方は、1枚1600円均一)にて販売開始しました。
価値のわかる人に買っていただきたい品です。ちなみに、私も個人的に1梱包購入しました。

最近、「ワーキングプア」という言葉が他人ごとではなくなってくるのを感じ始めています。自分自身というより、材木屋という業種、というか下請け業者全般がそうなりつつあるような気がします。
ワーキングプアの流れを止めるには、他社にはできない独自の技術や商品を持つ下請けになるか、エンドユーザーに販売するような商品を増やしていくか、といったことが必要と感じています。

私生活のことになりますが、最近、ワーキングプアの強い見方、育ちざかりの子を持つ親として、都合の良い食材を見つけました。吉祥寺ロンロンをぶらぶらしていたら、オーストラリア産牛肉が1キロ690円で売っていたのです。
早速、それを買って焼肉にして食べてみたのですが、意外とおいしく頂けて子供たちも喜んでいました。結局、3日間連続で食卓に並んでいたため、もうなくなったのではないかと思うので、週末になったらまた買いにいこうと思います。

投稿者 katsumata : 18:28

2010年02月24日

木挽き職人が挽いた板です。

画像 004_1.jpg
写真は、先日の木材競り売りにて非売展示品として出品されていた「木挽き職人が挽いた杉の板」です。
写真では一部分しか写していませんが、実物は長さ2m強で、幅60cm以上はあったのではないかと思います。横からみても肉眼ではほとんどどのぶぶんも厚みが同じくらいに見えるくらいきれいに挽いてあり、昔の職人さんの凄さを感じることができ、技術を伝承していってほしいものだと感じました。

今日は、あやしいながらもちょっと面白いところへ見学及び仕入れに行ってきました。
まだ、ブログで公表できませんが、「こんな世界があるのか。」「あーいう店は、こういう所で仕入れてるのかな。」といった、感想をもった一日でした。


投稿者 katsumata : 20:13

2010年02月19日

今日は「木材仕入れ、競り」です。

画像 005_1.jpg
今日は、うちの無垢一枚板の半分近くを仕入れさせていただいている木材問屋さんの年3~4回ある競り売りの日でした。
競りが始まる前に、いつもバーベキューでお昼をご馳走してくれるので、ほとんどいつも3~4人でお邪魔して腹いっぱい食べてきます。料理の仕度をしてくれる奥さんからはいつも「勝又軍団が来ると思って、いっぱい用意しましたからね。」などといわれ、みんなでガッついて食べてから競りに参加します。
「味の浸み込んだ鶏肉と手羽」「大盛りうどん」「白菜の漬物」などとてもおいしくいただきました。
さて、競りの方はというと、全体的にはケヤキ材を多く仕入れ、他に杉・ヒノキ・栃・栗・屋久杉・タブなどなどです。後日、また御紹介したいと思います。

先日、ブログでも書いた私事の重大事が終ったら、ホッとして気分爽快になるかと思いきや、今まで見て見ないふりをしてきた商売の現況と将来が気になりだし、最近ちょっと暗い気分に気持ちが偏りつつあります。
そんな中、ある木材問屋さんと話していたら、「同じ状況でも、前向きに進むのと、暗い気分でぼやいているのとだと、やっぱり前向きのほうが良い方向にいくと思いますよ。」といったことを言っており、「やっぱ、そうだよなあ。」と感心し、いろいろと考えながら、前向きに頑張っていこうと思いました。
明日は、私自身は下の子の幼稚園の卒園前のイベントがあるため会社に居りませんが、営業していますし、天気も良さそうなので、是非お店へ遊びに来て下さい。(駐車スペース有り)

投稿者 katsumata : 20:01

2010年02月18日

やっぱり、木を売りたい?

RIMG0034_1.JPG
先日、白ポリランバーで棚板の注文を頂き、今日納品だったのですが、汚れてはいけないと思ってトラックの助手席に置いて窓を閉め切った状態にして、売上げ伝票を書いて戻ってきて、運転席の扉を開け、運転席に座ったら、かなり鼻をつく臭いがするではありませんか。
短時間でも、閉め切った狭い車内で気温が上がってくると、化学物質が揮発してくるのでしょうか。
この白ポリは、化学物質濃度は基準値内の商品なのにこんなに臭うなんて、ちょっと驚きです。(臭うからと言って、有害物質の臭いかどうかはわかりません。)

自分は材木屋なので、仕事場も住居も無垢の木の空間に居るし、それが当たり前であり、シックハウス症候群というわけではないのですが、化学物質が大量に揮発されているような場所に長時間いることが最近、耐え難くなりつつあります。
もしかしたら、自分で気がついてないだけで、私自身すでに軽いシックハウス症候群なのかもしれません。
明日午後は仕入れのため、スタッフが留守となりご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いします。

投稿者 katsumata : 19:12

2010年02月17日

今年初めての新規営業廻り、開始です。

画像_1.jpg
写真は、「パープルハート」と呼んでいる材で、名前の通り紫色をしています。
材指定の加工の注文をいただいた時に取り寄せたものの残りです。参考までにこんな色の木もあるということを覚えておいて下さい。

今年になってから、数ヶ月前から発注していた代物が入荷しました。
この代物は、営業廻りのネタとして思い切って仕入れたものなのですが、一般には秘密の品です。
今日から、このネタを持って店舗設計業者さんの住所を目がけながら、途中で通りかかった建築会社さんなどにも立ち寄り、営業廻りし始めました。
忙しいだけでは利益が残らないという今の世の中で、きちんと商売している材木屋として存続できるよう、このネタを持って営業廻りしようと思っています。

投稿者 katsumata : 19:41

2010年02月16日

「日刊木材新聞」の取材が来ました。

RIMG0024_1.JPG
写真は、木材業界では最も有名な「日刊木材新聞」の記事です。
昨日突然、記者の方から連絡があり、今日の午後に取材に来たわけですが、思ったよりも若い20歳台くらいの記者の方で、熱心に取材していかれました。
記事になって、そのうち新聞の片隅に載るのでしょうが、記事を見るのは同業者か仕入れ先なので、あまり会社の宣伝効果は期待できません。
ただ、取材に来てくれた記者さんは、無垢一枚板をいっぱい在庫展示販売している店内を見て、思いのほか驚いていました。
よって、記者さんだけには宣伝できたのではないかと思います。

投稿者 katsumata : 19:34

2010年02月15日

「端材コーナー」、店内に設置しました。

RIMG0023_1.JPG
写真は、「広葉樹」や「針葉樹の良材」を中心とした端材のワゴンで、どれでも一つ300円、袋詰め放題だと1000円にしました。詰め放題は、袋から頭が出ていてもOKです。

去年で後厄も終ったというのに、今年は自分にとってあまり良くない年まわりだそうです。
聞いたところによると、悪い年には普段自分がやらないようなことをやることで、プラスマイナスゼロになる効果があり、自分の嫌いな分野に顔を出してみたりするのもいいようです。
なので今年は、今まで極力避けていた講習会・見学会やセミナー、その他の集まりなどに積極的に参加してみようかと考えています。(もちろん、あまり経費のかからないもの限定ですが・・・)
とりあえず手始めに、仕入先である木材市場の市場長からの紹介で、今月下旬に日本茶室の見学に連れていってもらいます。
材木屋としての商売的にも茶室材に関しては以前から興味があったので、ちょうど良い機会なのですが、今までだとなかなか重い腰をあげることができず、誘われてもうやむやにしてしまうことが多かったので、そういった意味でも良いキッカケになればいいかなと思います。

投稿者 katsumata : 18:43

2010年02月12日

栗のカウンター板、入荷してます。

RIMG0005_1.JPG
写真の「栗のカウンター板」の下2枚は、長さ4m強×幅50cm前後×厚10cm前後というサイズです。
うちの仕入れ先で、栗の原木を板に挽いて在庫してあったのですが、1年くらい前にそのうちの最も幅広の芯持ちの板をうちで購入、イタリアンレストランのカウンターとして販売し、また最近、代官山のバーカウンターとして同じ原木で2番目に幅広だった板を販売させていただきました。
そのときに、仕入先の社長から、「在庫整理したいから、どうせなら全部まとめて買ってよ。」と言われ、その分少し安くしてもらいつつ購入したのが写真の栗材です。
代官山のバーカウンター材の依頼は、広葉樹で幅600以上・長さ4mという要望だったのですが、国産材だとなかなか見つけるのが難しく、結局、外材のブビンガくらいしか見つからないような状態だったのですが、何とか見つけることができ、よかったです。
予算が十分にあれば、こういったサイズの広葉樹も苦労なく見つけられるのですが、ブビンガと同等の価格といった条件の中で探し出すのは、かなり大変なことだなと今回よくわかりました。
今回買い取った写真の栗材は、芯から離れているということもあり、原木の中で最も良い部分が残ったような感じです。
興味のある方は、是非見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:20

2010年02月09日

今年の「お餅つき」&「材木屋のセール」、無事終了しました。

RIMG0009_1.JPG
写真は、2月7日(日)に自然食品の店「グルッペ」さんと一緒に開催した「お餅つき」の様子です。
毎年この時期に開催しているのですが、今年は、うちサイドとしての宣伝を控えてグルッペさんのお客様頼みといった感じだったこともあり、全体的にお客様の入りが少なかったように感じました。
特に、お餅つきが終った16時過ぎには、ほとんどお客様がいないような状態で、少し寂しいような気もしましたが、うちの準備不足のため、いたしかたありません。

「最近、ブログの更新が少ないんじゃないですか?」といったことを何人かの方から指摘されました。
「いつも見てくれている人は、やっぱり気付いているんだな。でもそうやって言ってくれるなんて有難いことだな。」と、思います。

実は、仕事とは関係ない私事ではありますが、この3年、特にこの半年間はプライベートの時間のほとんどを費やし、一つの目標に向かい共同で努力し続けてきたことがあり、それが1月下旬から佳境に入ってきていたため、ブログを書く気分になれなかったのです。

恥ずかしいことですが、この年になって(42歳)改めて、1つの目標を持って長い期間をかけて真剣に何かに取り組んでいくといったことが、とても大切なことだということに気付かされました。
結果はどうあれ、目標を持って長い期間努力し続けたことは、その人のこれからに少なからず影響を与えるものだと思います。
特にうちの場合、悲しみもあり、喜びもありの結果だったため、「自分の思い通りにいかないこともある。」「まだまだ、努力が足りなかった。」ということと、「努力すれば、必ず報われる。」といったことの両方を2週間という短い間に身をもって体験でき、それが何よりの収穫だったのではないかと思います。
また、もたらされた結果については、色んなことを考えてみると、「今になってみたら、それが最も良い結果なのかな。」と心から思うようになり、何か見えざる力が働いていたのではないかと思えるこのごろです。

こういった理由で、ブログの更新が滞りがちになっていたのですが、これからは去年くらいかそれ以上のペースで更新していこうと思っていますので、これからもよろしくお願いします。


投稿者 katsumata : 18:31

2010年02月08日

木曽桧 神棚

桧削り 006_R.jpg

今日は加工に使う機械がカブってしまったので、昼時に更新しております。更新用の写真もたまっていたのでこれもちょうど良かったのでしょう。さて写真は木曽桧の大径木、1800×470×80位だったものです。これを神棚サイズにカットして手鉋で仕上げました。

桧削り 008_R.jpg

木曽桧は削るのも心地よく仕上がりも美しいのでこちらも楽しく作業できます。

桧削り 005_R.jpg

削りカスも美しい。

桧削り 003_R.jpg

こんな薄いのも出ました。

木曽の桧は他産地の桧より単価も高く何が違うのでしょうか?とよく聞かれます。
いろいろ大小意見はあると思いますが、やはり目の詰んだ、木目の美しさにブランド桧としての所以があると多くの人が考えているのではないでしょうか。

ではでは。

投稿者 moriya : 11:38

2010年02月06日

あすのご来店お待ちしております。

エビスさん 001_R.jpg

今日は2回目の更新です。明日のセールにそなえ、お得な端材コーナーを作りました。エビスさんに持ってもらっている袋の中の端材、一つ150円です。中身はすべて広葉樹です。荒材も多いですが、削って磨いて色々な物を作ってみてください。ちなみにこのエビスさんは借りものなので、このコーナーもすぐに終わってしまうかも。明日は寒いようですが、グルッペさんの振舞い餅や、パンとお菓子のグルヌイユさんや、木のおもちゃなどを作る木工房のいとどさんも来られますので、是非この機会に遊びに来てみてください。

エビスさん 002_R.jpg

袋の中はこんな感じ。お楽しみに。

投稿者 moriya : 18:51

ケヤキの棚

ケヤキ 本棚 005_R.jpg

ケヤキ 本棚 003_R.jpg

ケヤキ 本棚 004_R.jpg

写真は先月納品したケヤキの箱物です。
天板にケヤキの無垢材を使用し、その他はケヤキの突板で作ってあります。
無垢材の傾斜にあわせて棚板も加工いたしました。
ケヤキの突板も初めて使ったのですが、無垢材にはかなわないまでも、木目・色味ともなかなかのものでした。無垢材の良さは分かるけど全部無垢材にするほど予算が回らないという方におススメです。

ただ問題点が一つ。
私は元家具屋でしたが、弊社はあくまで材木屋でして、上記家具を作るような設備が整っておりません。もともと無垢の家具づくりには時間がかかるのですが、突き板の家具でもかなりお時間をいただくようになってしまうかもしれません。

さてさて明日はセールです。お時間のある方是非遊びに来てみてください。
では。


投稿者 moriya : 08:15

2010年02月04日

2月7日セールで、オークション出品します。

RIMG0008.JPG
写真は、ケヤキの幅35センチの板と、神代杉の小板です。
ケヤキの方は、私の自宅分として、3枚接ぎで引き戸を製作した板の残りです。
オークション開始価格は、1000円くらいからを考えていますので、興味のある方はどんどん声を出してみてください。
とりあえず、2枚だけ御紹介しました。

投稿者 katsumata : 14:53