[2009年09月] アーカイブ

2009年09月29日

茨城の木材市場へ行ってきました。

IMG_0344_1.JPG
先週の土曜日、茨城県にある木材市場へ行ってきました。
その木材市場は、通常の木材市場の他に「原木市場」と「銘木市場」を併設しているため、1箇所でいろいろ見ることができ、勉強になります。
写真は、そこの「原木市場」の風景です。
実は今回、造園屋さんからお茶代程度で譲りうけ、1年半当店で寝かせておいた欅の原木を、「その原木市場の競りにかけて売ってもらう。」ということが茨城まで行った最大の理由であります。
東京の材木屋だと原木から扱っている店は少なく、うちのような老舗材木屋でも原木相場はよくわからないのですが、このところ景気が悪いこともあって、「驚くほど安いよ。」という噂くらいは耳にします。
よって、1年半保管して、引き取り運搬・市場への運搬などの経費を考えたら、赤字になってしまう可能性もあるかと思いますが、相場の勉強も兼ねているので、欲しい人がいたら、市場にオマカセで売ってもらうことにしました。どんな結果がでるか、少し楽しみです。
なぜ、今になって原木の相場をわかる必要があるのかというと、ホームページを見た人などから、「立木を伐採し、処分にもお金がかかるので、引き取ってくれませんか?」といった問い合わせが今まで何度かあったからです。
原木で引き取ると、たとえ挽き割って板に製材しても、乾燥するまでに時間がかかるし、置き場所も必要になってきたりするので、1~2本ならまだしも、何本も引き取ることが難しくなってきます。
そこで、原木の相場がわかっていれば、運搬費などを考慮してマイナスになるかどうか検討し、引き取れるかどうかの判断がしやすいと考えたからです。
中には、いくらか支払ってでも欲しいという原木も出てくるのですが、相場を把握していないと、おおよその数字さえわからず、話がまとまらなかったということもありました。(このときは、とてもいい木が2本あったのですが、残念でした。)
とにかく、木に関することでしたら何でも、気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 18:10

2009年09月18日

「国産杉、芯去り赤身のウッドデッキ」です。

IMG_0338_1.JPG
写真は、秋田杉・吉野杉・山武杉の在庫品の赤身部分をとってつくった自宅のウッドデッキです。
写真を見る限り、レッドシダーのように見えますが、実際に材木屋が見ても近くに寄って見てみないとレッドシダーと区別がつかないほど似た感じになってしまいました。
「だったら、レッドシダーで十分じゃないか。」と思う人も多いことでしょう。
結局、はたから見たら、材木屋の自己満足に他ならないのだろうと思いますが、自分が満足できるということはとても幸せなことなので、やってよかったと思うことにします。

先日、新木場へ行ってきたのですが、新木場の材木屋さんたちと何人か話をしたら、彼らも意識が変わってきたような感じを受けました。
「右から左へ売れていたようなものが売れなくなってきており、そういうものより2倍・3倍手をかけて売れるようなものばかり売れるようになってきている。でもそれを面倒くさがっていてはいけない。」という内容のことを彼らは言っていました。
私も常々同じような感覚があったので、妙にしっくりと受け入れられました。
材木屋は、どんどん減ってきていますが、明治に静岡御殿場にて勝又商店から伝わっている吉祥寺の勝又木材は、まだまだ頑張り続けます。


投稿者 katsumata : 18:07

2009年09月16日

「杉の2枚接ぎテーブル」、納品しました。

IMG_0341_1.JPG
写真は、昨日納品した「紀州杉の2枚接ぎテーブル」で、最若手スタッフの笹田の製作です。
木目を見ていただけばわかるかと思いますが、先細りの板を斜めにカットしてつないでおり、1m以上の幅広天板のテーブルに仕上がっています。
当店で建築材を納めさせていただいた施主様が、当店へ来店し、現物を見て選んだ板で、製作させていただきました。
これから建築するお客様、現在建築中のお客様など、何かいいものが見つかるかもしれませんので、是非一度当店に御来店下さい。
 


投稿者 katsumata : 17:52

2009年09月11日

「黒檀」、初披露です。

IMG_0331_1.JPG
写真は、黒檀の無垢の本物で、サイズは、約4m×170㎜角です。
これは、昨年秋に千葉県の木材市場の紀州材市に初めて行ったときに出品されていたもので、「何で、紀州材市なのに、黒檀があるんだろう?」と疑問に思ったのを覚えています。
結局、その近所の材木屋さんの在庫処分材だったそうです。
とはいえ、黒檀の無垢で、このサイズでこの木目というものは、そんなに安く落札できるものではなく、競り合いの末、少々無理して仕入れてきました。
1年近くシートにかぶって保管していましたが、2人がかりで何とか壁に立てかけ、本日より展示を開始しましたので、吉祥寺にお越しの際は、のぞきに来て見て下さい。
日曜・祝日以外は、常時一般のお客様が自由に出入りでき、価格も表示しておりますので、まだ来たことのない人は、一歩足を踏み入れてみて下さい。
明日土曜日も、もちろん営業しております。


投稿者 katsumata : 18:43

2009年09月09日

店内の一部、整理しました。

IMG_0323_1.JPG
写真は、最近整理した勝又木材店内の無垢一枚板カウンター等を展示販売している様子の一部です。
少し見やすくなりましたので、みなさまの御来店、お待ちしています。

昨日、今日と木の仕入れに行ってきました。木材市場に行くと、みんな「暇だ」「暇だ」の大合唱です。
木材市場には、テーブル・カウンター等に使うような無垢一枚板より、建築に使う柱や垂木などのほうが大量に販売されているのですが、そういった建築材でさえかなり売り残しているようでした。
そんな中、桜の乾燥した板が10枚ほどあり、かなり安めの競り開始価格にもかかわらず、私が市場に着いた時点ではまだ売れ残っていたました。
結局、買い手がいないため、競り開始価格よりもさらに下げてくれ、うちで買い取ってきました。(それでも、桜の乾燥材なので、それなりの価格ではあります。)
買う人がほとんどいない状況で買うと、市場価格よりもかなり安く仕入れでき、買う方にとっては有難いことです。
その分、売る方も今以上にがんばってやっていこうと思ってます。

投稿者 katsumata : 18:27

2009年09月08日

「杉・大径木の天板」、入荷しました。

IMG_0324_1.JPG
写真は、先日入荷した杉の無垢一枚板天板で、サイズは、長さ2700ミリ×幅100~120㎜という大きさです。
現在、店内で展示販売中ですので、気になる方は一度御覧になってみて下さい。

投稿者 katsumata : 18:51

2009年09月04日

「ブラックウォルナットのスピーカースタンド」です。

IMG_0041_1.JPG
写真下部分は、オーダーで、当社スタッフの笹田が製作したブラックウォルナットのスピーカースタンドです。(上にのっているスピーカー本体は、お客様のスピーカーです。)
重厚で、スピーカーにピッタリ合ったスタンドがいい感じでできたと思います。

最近、少しづつではありますが、楽器や音楽関係で木を使うお客様が増えつつあります。
ブラックウォルナットは、家具材としても人気の高い木なので、カウンタサイズ・テーブルサイズの板なども数枚在庫しながら自然乾燥させているのですが、その他にも国産材・外材問わず、在庫で持つ木の種類を増やすよう心がけていますので、お探しの木などありましたら、問い合わせてみて下さい。

投稿者 katsumata : 10:57