[2009年07月] アーカイブ

2009年07月30日

「木のリサイクル処分棚」、店頭販売中。

IMG_0303_1.JPG
写真は、木で作った本棚などのリサイクル品です。現在のところ3台あり、2000円~販売していますが、土曜日にはさらに1~2台追加し、さらに値下げも考えています。
出来はあまりよくありませんが、一応、本物の木でできていますので、興味のある人は、一度お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 19:14

2009年07月26日

北海道産のナラで、自宅用テーブル作りました。

IMG_0298_1.JPG
写真は、昨日の夕方と今日の午後6時間を使って製作した「ナラのダイニングテーブル」です。
自宅用のテーブルがどうしても2~3日中に必要になり、予算と照らし合わせた結果、ナラの薄板の3枚テーブルになり、尚且つ自分で製作してしまいました。
よって、できるだけ手間をかけないようにするために、クロムメッキの丸脚を取り付けるだけの簡単テーブルで、板ハギや平面出しや表面の最終仕上げなどもカットしました。
よって、お客様に出せるような仕上がりではありませんが、それでも本物の楢の木で、1850㎜×850㎜の大きさのダイニングテーブルを、控えめな予算で製作できるということは、材木屋の特権なんだと思います。


投稿者 katsumata : 19:03

2009年07月25日

「自社手作り国産ブナのフローリング」、貼りあがりました。

IMG_0284_1.JPG
写真は、今年5月7日のブログで御紹介した「国産ブナのフローリング」です。
耳付きの板から2年ほど天然乾燥し、狂いを出してから仕上げたので、2cm以上も薄くなってしまうという贅沢な使い方でしたが、ブナ材の特長からしてロスが多くなるということは了解済みだったので、それはそれで納得です。
また、自社製作なので、板のとれる幅で加工できますので、1枚のフローリングの幅が20センチ前後という幅広になっています。
この木は、仕入れした当初から自分が気に入っていて、「何か良い使い方はないか。」と考えていたものなのですが、木を眺めて、自分の気に入ったもの、自分の感性に合うものをフローリングや内装ドア、外部フェンスなどに使えるというのは、木が好きな人にとっては、何とも満足感の高いものです。

ちなみに、広葉樹(特にブナの場合)だと1坪作るのに、5万円以上の加工賃をいただき、プラス材料費ということになりますので、かなりの金額になってしまいますが、1部屋だけでも、市販されてない自分だけのフローリングを自分の感性で選んだ木でつくってみたりするのも、おもしろいと思います。実際今回のフローリングも予算の関係上、1坪のみの製作でした。

また、当店在庫の無垢一枚板は、ほとんどが天然乾燥ものなので、今回のブナにしても写真のようなキラキラした仕上がりになりました。市販のフローリング以外を使うというのは、そういった点でも、天然ものが好きな人にとっては魅力的なものだと思います。

投稿者 katsumata : 14:32

2009年07月22日

「チギリ」、入れられます。

IMG_0278_1.JPG
このところ、私用が忙しくて夕方以降の時間がとれなかったため、ブログの更新も久しぶりになってしまいました。
写真は、現在製作中の栗2枚ハギのキッチンテーブル天板で、チギリは、ウェンジ材を使用しています。
チギリは、ひび割れの広がりを防止したり、木と木をつなぐ役目などをしますが、お客様によってはアクセントとしても、チギリを入れたいという要望もあります。

木に関することなら何でも、気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 17:57

2009年07月09日

幅広板、薄く挽き割ってきました。

IMG_0274_1.JPG
写真は、栓(左側)の幅45cmくらいの板と、銀杏(右側)の幅70cmくらいの板を厚み6~10㎜くらいに挽き割ってきたものです。
何に使うかと言うと、「栓」はクロゼット折戸の突板、「銀杏」はトイレ扉の突板です。今日、建具屋さんに板材を持ち込んで、加工を依頼してきましたので、2週間後にどんな雰囲気でできあがってくるのか今から楽しみです。
このところ(いつものことですが)、「特に体だけは忙しいけど、売上げが伴わない。」という状況が続きます。
ブログの更新もサボり気味になっていますが、見捨てずにちょくちょくのぞいてみて下さい。

投稿者 katsumata : 18:33