[2009年06月] アーカイブ

2009年06月30日

「ブビンガ板」、処分します。

IMG_0273_1.JPG
先週土曜日の「材木屋のセール」は、ポスティング10000枚と手書きチラシの効果があったのか、最近では特にお客様の入りが多く、開始から終了まで、あっというまに過ぎました。
ありがとうございました。
日曜日のビフォーアフターでは、勝又木材の名前は大きく写ったものの、店内に無垢一枚板が並んで売られている風景が写らなかったので、残念ながら、ほとんど宣伝効果は期待できないのではないかと思います。あれだけ撮影に時間をかけたのに、少しガッカリです。

写真は、ブビンガの板3枚で、いい木目ですが、どれもほどほどに狂いが出ています。3枚とも幅18cm×長さ2.2ほどあり、厚みは24㎜・30㎜・45㎜などです。いい加減長い期間倉庫に眠っていたので、一枚3000円で販売します。「ブログを見た」と言ってもらえれば、3枚まとめて7000円にて販売しますので、興味のある人は、見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 15:47

2009年06月26日

明日、6月27日(土)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0272_1.JPG
今回のセールは、スタッフ全員で10000枚のチラシを手分けしてポスティングしたので、たくさんの御来場を期待しています。
チラシを10000枚積み上げると、10000円札で1億円揃えるのと同じ枚数なので、「1億円の厚みってこのくらいなのかなあ。」などと、くだらないことを考えながら、私自身もひたすらポスティングしました。
一言で10000枚と言っても、かなり配りごたえのある量で、厚みにすると1メートル以上あったと思います。チラシを折りたたむ人や、ポスティングする人、仕事の合間をぬってよくがんばってくれました。その成果が出ることを願っています。
写真は、今回のセールで出品する目玉品一つである「屋久杉のテーブル用天板」で、サイズは、およそ1.7m×750㎜×60㎜です。
この他にも、たくさんの目玉品や午後3時からのオークションもありますので、皆さん是非遊びにきてください。

投稿者 katsumata : 08:58

2009年06月24日

6月27(土)、「材木屋のセール」開催します。

IMG_0271_1.JPG
写真は、今度の土曜日(6月27日 9時~17時)に開催する「材木屋のセール」のチラシです。
6月28日(日)の「大改造!!劇的ビフォーアフター」に当店内が放映されるという出演記念セールということもあり、気合が入ってます。
お客様から、「手書きのチラシが、親近感を持てて、いい感じです。」と言われたことと、最近、多摩美術大学さんから職業研修生が来ていたこともあり、チラシに載せる「絵」を書いてもらうことができたので、久しぶりに手書きのチラシをつくりました。
また、来客者が、オークションを開催する午後3時頃に集中してしまい、午前中が手空きになってしまうので、午前にも来客いただくために、数に限りのある特価処分品も多数用意します。
一日2回御来店いただけたら最も良いと思います。
皆さん、是非お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 09:09

2009年06月16日

「桐」、入荷しました。

IMG_0268_1.JPG
先日、いつも桧などの建築用木材を購入している仕入先の社長から、「桐が入荷したから、見に来てくれ!」と言われ、木材市場まで行ってきました。
すると、真っ黒で、古材のような板が十数枚並んでいて、「これ、買ってくんないかな。」と社長に言われたのです。その場は、「一枚削ってみてから考えたいので、借りていきます。」と言って逃げたものの、実際は商品にならないのではないかと思っていました。
しかし削ってみると、ところどころ使えない部分はあるものの、大部分は写真のような桐がとれそうな状態です。
後日、結局、値切るだけ値切って、桐板十数枚をまとめて購入いたしました。
写真の桐板のサイズは、約2700㎜×250~420㎜×20㎜くらいで、プレーナー削り済みです。
価格は、税込み18000円になっていますが、まとめて購入してくれる方がいらっしゃいましたら、柔軟に価格対応いたしますので、お声かけ下さい。

投稿者 katsumata : 17:59

2009年06月09日

住宅にも、もっと無垢材を。

IMG_0258_1.JPG
写真は、現在建築中の木造住宅の玄関内側面で、左側にある縦の材が玄関ドア枠に使った「国産のブナ」です。
また、下にある横の材は、上が「桧の無節」で巾木として使用し、下が「欅の柾板」で玄関付カマチとして使いました。
最も一般的な住宅だと、上記のどれも、シートを貼り付けた新建材を使っており、それはそれでツルッとしていてきれいな仕上がりとも言えます。
予算のかね合いなどもありますので、新建材を選ぶ人が多いのも最もなことだと思いますが、一度取り付けたら数十年か一生を共にする、ましてや玄関などは毎日目にする場所だし、お客様が来たら必ず目に入ってしまう所なので、少し予算がかかっても、目で見て自分で選んだ、気に入った材を使ってみるのもいいのではないかと思います。
やっぱり、見るほどに飽きないのが無垢の良質材だと思います。


投稿者 katsumata : 19:33

2009年06月04日

店舗棚の製作品

IMG_0265_1.JPG
写真は、吉祥寺にあるハワイアン風の居酒屋さんから依頼を受けて製作した、「杉の棚」です。
大きさは、H1800×W800×360㎜くらいのものが2台です。
オーダー製作だと、既製品よりは高価でも、スペースに合ったものを作れるので、便利だと思います。また、杉の節有り板という比較的安価な材でも、無垢の木にはかわりなく、十分に木の良い雰囲気を出してくれます。


投稿者 katsumata : 18:33