[2009年04月] アーカイブ

2009年04月27日

「栗の独立脚」出来ました。

IMG_0211_1.JPG
きのう、おとといの「材木屋のセール」も無事終わりました。ありがとうございました。
今回のセールは、いつもより来場者数が少なかったのですが、そのことで反省材料が2点見つかったので今後に生かしていきたいと思っています。
このところ、無垢一枚板目当てのお客様が増えてきていることや、そのことで忙しかったこともあり、セールの宣伝活動がおざなりになってしまっていました。
一つは、スタッフによるチラシのポスティングを怠ったこと。そしてもう一つは、オークション以外に目玉がなかったことです。
このことを踏まえて、次回のセールはより頑張っていこうと思います。

写真は、栗材で製作したテーブルの独立脚で、これが2台1組でテーブルの脚になります。
テーブル天板にばかり目がいき、脚はほとんどイメージしていないお客様も多いので、こういった脚も一つの例として参考にしていただければと思います。また、この脚は、天板を乗っけるだけなので、脚を倒すと、座卓としても使えます。


投稿者 katsumata : 20:04

2009年04月25日

明日のオークション出品予定例④

IMG_0220_1.JPG
今日は、この時間にもかかわらず、雨本降りのためお客様の入りがとまったので、こうしてブログを書いています。
こんな天気にもかかわらず、3時のオークション時には十数人の方に御来店いただき、ほとんどを売り切ることができ、感謝しています。

写真は、明日のオークションで出品予定の「吉野杉の一枚板」で、サイズは約1730㎜×580㎜×36㎜です。また、当店イチオシの東野商店による製材となっておりますが、反りが多少あります。
開始価格10000円~。
その他もいろいろとオークション出品いたしますので、たくさんの参加をお待ちしています。


投稿者 katsumata : 16:47

2009年04月24日

4月25日または26日のオークションの出品予定例③

IMG_0223_1.JPG

ブビンガの玉杢です。サイズは、およそ2200㎜×75~150㎜(台形のような形)×36㎜ほど。
開始価格は、1000円~。

IMG_0225_1.JPG
北海道産の楢です。サイズは、およそ1800㎜×220~380㎜×45㎜ほど。
開始価格は、2000円~。

以上、今回セールのオークション情報の一部ですが、他にも数百円スタートの出品などもございますので、たくさんの御来店お待ちしています。
ただ、明日はとっても天気が悪そうなので、ギャラリーの集まりが少ないことが予想され、競り上がりがほとんどないまま、かなりなお得値を連発してしまいそうで怖いです。
御来店くださった人は、とにかく積極的に御参加下さい。
雨天決行です。


投稿者 katsumata : 19:48

4月25日のオークション出品予定品の一例②

IMG_0221_1.JPG
写真は、レッドシダーの一枚板で、サイズは、およそ長さ1370㎜×巾550㎜×厚60㎜です。
開始価格は10000円~を予定しています。

投稿者 katsumata : 18:30

2009年04月23日

4月25日オークション出品予定品の一例①

IMG_0224_1.JPG
今回のセールはどうも雨っぽいため、オークションのお客様の数も少なそうなので、事前に数枚のオークション予定品を決めて発表し、できるだけ多くの人に参加していただきたいと思っています。

写真は、「屋久杉」の板で、サイズは、およそ2.3m×巾40cm前後(四角の板ではないため、巾の狭い部分と広い部分があります。)×20㎜です。
開始価格近くで落ちたら相当お買い得になると思われる¥12000~のスタートです。
厚みはありませんが、大きさは十分なので、いろんな使いみちがあると思います。

投稿者 katsumata : 21:05

あさって4月25日・26日(土日)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0219_1.JPG
写真は、今週末開催する「材木屋のセール」のチラシです。
みなさん是非一度お立ち寄り下さい。
このところ、雑用などもあり、忙しくてブログの更新もサボり気味になっていますが、時間がとれたら、オークション出品予定品や開始価格の紹介などもしたいと考えています。

投稿者 katsumata : 11:14

2009年04月18日

「松のちゃぶ台」出来上がりました。

ちゃぶだい2_1.jpg
写真は、近所の奥様からの依頼で、伐採した庭木を製材し、低温人工乾燥機に入れてから製作した「松のちゃぶ台」です。
依頼を受けてから4~5ヶ月かかってやっと形になったのですが、それでも人工乾燥して製作したので、早いほうではないかと思います。
(他に今受注している同じような案件は、自然乾燥で考えているため、まだまだ時間がかかりそうです。)

このところ、自社の木工部隊が常に受注を複数抱えている状態が続いているため、今回のちゃぶ台の製作は自社内施工ではなく、信用のおける木工作家さんに折りたたみ機能まで付けて作っていただきました。
曲がっている板材も直し直し加工していただき、立派なちゃぶ台となりました。ありがとうございました。

自分の土地に立つ思い入れのある立木・庭木を伐採し、思い出の品として、記念にテーブルやベンチ・本棚などにリサイクル再利用できるのであれば、価格さえクリアできれば、需要はかなりあるのではないかと思います。
(実際は、新しく木を購入して作るよりもコストがかかってしまうのが現状ではありますが・・・。)

このところずっと建築不況の影響で、「体は忙しいのに売上げが少ない。」という現象が続いているため、肉体的にも精神的にもあまり良い状態とは言えませんが、今月25日・26日(土・日)に「材木屋のセール」を開催するので、このあたりで流れを変えられるようがんばろうと思います。
2日間やっておりますので、吉祥寺に買い物に来たついでにでも皆さん是非お立ち寄り下さい。たくさんのご来場お待ちしています。


投稿者 katsumata : 17:43

2009年04月16日

「栗材のテーブル脚」、製作中です。

IMG_0160_1.JPG
見づらい写真かと思いますが、栗材を使用して独立脚を自社製作中です。
来週月曜日には納品してしまうので、製作中か出来上がりの状態を見たい人がいましたら、今週土曜日くらいに御来店いただければ、見れると思います。
ちなみに、天板は風格のある杉の高齢木を仕上げる予定です。

投稿者 katsumata : 18:51

2009年04月10日

4月25日・26日(土・日)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0157_1.JPG
ついに、「材木屋のセール」の時期がやってまいりました。
しかしまだ、セールチラシの原稿作成に手をつけていないので、少し憂鬱です。
どうも自分はデスクワークが好きじゃないようで、原稿作成や請求書作成・チェックなどをギリギリまでやらない傾向があるのですが、今回は少しがんばって、来週の後半にはチラシ原稿を完成させるつもりです。

写真は、今回のセールで出品する予定の「500円端材」です。
「材木屋が建てる材木屋の自宅」で使用している木材の端材がほとんどのため、良い木が多いのですが、在庫処分材も使っているので普通程度のものもあります。
内容は、桧の角材(120㎜角・105㎜角)と地松の梁材がほとんどで、桧は、吉野の目詰まり材(天然乾燥材)や裏木曽の桧(自然乾燥材)・在庫処分材など、地松は岩手産(天然乾燥材)です。

これから家を建てようと考えている方で、「コストも考慮した中で、どんな木を使ったらいいか聞いてみたい。」という人がいらっしゃいましたら、当社の取引先建設会社以外ですでに施工会社が決まっている方でも、質問していただければ簡単なアドバイスくらいはできますので、遠慮せずにお問い合わせ下さい。

投稿者 katsumata : 18:18

2009年04月09日

「楢の厚単板フローリング」、取り扱いしてます。

IMG_0156_1.JPG
写真は、楢の3㎜突板を貼った床暖房対応のフローリングです。
最近、広葉樹無垢の無塗装フローリングで床暖房対応のものを探していたときに、見つかった商品です。
どうしても無垢にこだわる人にとってはオススメできませんが、上3㎜は無垢の楢材を貼ってあるので、見た目は無垢のフローリングそのもので、現代の家では欠かせない床暖房にも対応しています。
木に関することなら何でも気軽に御相談下さい。

投稿者 katsumata : 18:26

2009年04月08日

「木曽桧の四方無節」、入荷しました。

IMG_0154_1.JPG
写真は、木曽桧の四面無節の板で、寸法は、約1200㎜×440㎜×80㎜です。
彫刻や、料亭のまな板、神棚などに使用できると思います。
2面無節・3面無節と比べて格段に価値が高い「4面無節の桧」なので、それなりの価格になりますが、必要な方にとっては、探すとなかなか見つからない貴重な材です。

投稿者 katsumata : 18:24

2009年04月07日

「老齢の杉カウンター材」、納品しました。

IMG_0148_1.JPG
写真は、昨日納品した「杉の老齢木カウンター」の仕上げ前のものです。
最終仕上げしたものをお見せできないのが残念なのですが、後日、取り付け完成後のものが撮れれば、御紹介できるかと思います。
やはり、樹齢の高い木は、削っていくと、若い木とは違ってとても風格が出て、まるで屋久杉のような雰囲気に仕上がりました。
地球温暖化のためにも、こういった光合成をほとんどしなくなった老齢木を使い、新しい木を植林していった方がよいのではないかと思います。

投稿者 katsumata : 08:03

2009年04月01日

先日、現場納品した銀杏カウンターを撮影させてもらいました。

IMG_0141_1.JPG
今日の午後、上井草駅徒歩1分ほどにあるオープンしたての「ぼっちり」という和食居酒屋風のお店で、先日納品させていただいた6m30cmの銀杏のカウンターの写真を撮らせていただきました。
長いカウンター材はスペースの都合上、あまり在庫をもたないのですが、やはり1枚板でスーっと6m以上カウンターが伸びていると、とても感じのいいものです。
「長いカウンター材も在庫できるようにした方がいいのかな。」などと考えてしまいました。
今回は、店舗カウンターとしての使用例ですが、最近では住宅でも無垢一枚板カウンターを取り付ける方が増えているようです。リフォーム・新築などをされる際に、一品物として木のカウンターを付けてみてはいかがでしょうか。削り・加工も承っています。

この不景気で、どこにいっても(特に木材市場)景気の悪い話ばかりですが、その中では、うちは動いている方だと木材市場の人たちから言われるし、自分でもまだいいほうなのかなと思っていたのですが、今日、建材仕入れの請求書を見て、あまりの少ない合計金額にビックリすると同時に、それだけ売上げも少なくなっているだろうということを考え、ちょっとブルーになってしまいました。
一日一日は、ゆっくりできる時間がないくらい、それなりに忙しいのですが・・・。

今月は、春の材木屋のセールをゴールデンウィーク前の25・26日に開催する予定です。詳細は、おいおいブログにてお知らせするつもりです。

投稿者 katsumata : 19:38