[2009年03月26日] アーカイブ

2009年03月26日

「国産鬼胡桃フローリング」、扱ってます。

IMG_0125_1.JPG
写真は、国産鬼胡桃のフローリング材で、薄い色の部分が無塗装、濃い色の部分が塗装済みです。
オニグルミという材は、私自身あまりなじみのない材なのですが、ブラックウォルナットをおとなしく、やわらかくしたような感じのフローリングです。手でさわった感じだと、広葉樹にしては、多少温かみのある質感です。
最近も、無垢一枚板・カウンター・テーブル等の販売・木工部門は確実に引き合いが増えているので、もうひと頑張りすれば、「おやつ程度の売上げ」から「飯の種の一つになる売上げ」へとステップアップできるのではないかというところに来ているのですが、そのアップ以上に建築材が冷え込んでいるため、厳しい状況は続きそうです。
ただ、春以降には仕事が出てきているといったことを言う工務店さんも何社かいらっしゃいますので、今よりは良くなるのではないかと期待しているのですが・・・。


投稿者 katsumata : 18:52