[2008年10月] アーカイブ

2008年10月30日

杉の本棚

DSCN0320_R.jpg

画面は少し前に注文製作した無垢の杉板の本棚です。
杉といってもさまざまな風合いがあって面白みがあり、
お客様も違う風合いの杉を使ってみたいということでしたので
棚板に変化をつけて製作してみました。

DSCN0321_R.jpg

話は変わりますが最近特に無垢の板のよさを感じるのは「手触り」です。
目で見る木目や色合いなどのよさも合板家具には変えられないものがありますが、
やはり決定的に、そしてダイレクトに心に訴えかけてくるのは仕上げた後の木の手触りではないかと思います。

ウレタン塗装でガッチリ固めたものはその手触りが殺されてしまいます。
もちろんウレタン塗装の長所というのもありますので、絶対にだめとは言えませんが
個人の好みとしてはオイル仕上げやワックス仕上げ、ソープフィニッシュなどの木の質感を殺さない
塗装です。

ちなみにこの本棚をご注文いただいたお客様はオイル塗装をご自分で挑戦してみるとのことでした。
手軽に塗装できるのもオイル塗装のいいところですね。

投稿者 moriya : 16:48

2008年10月29日

赤松タルキ、値上り中です。

IMG_0708_1.JPG
現在、赤松の垂木が品薄で、価格上昇中です。
当社では、4種類の垂木を在庫しているのですが、そのうち3種類は赤松で、一般グレード・乾燥材一般グレード・乾燥材最高級グレードという内容です。
1ヵ月前に最高級グレードを注文したところ、価格アップはもちろん、品薄のため入荷待ちになっており、その後1梱包は仕入れられたのですが、現在、次の入荷を待っている状態です。
ただ、このところ一般グレードの垂木さえ、品薄ということを理由に5~10%値上げになってしまいました。
うちとしても、売値に反映したいところなのですが、もう少し耐えてみてから考えようと思っています。
ただ、現在、円高になってきているため、来年になったら、赤松などの輸入材の価格も値下がりしてくる可能性が高いと思うので、売値を決めるのには難しい状況と言えます。
適材適所という観点で見れば、垂木として赤松が最も使い良いと考えられているし、私も同意見ではありますが、内需拡大(国産材を使う)ということを考えると、「杉」や「北海道の蝦夷松」などをうまく使いこなすように大工さんに働きかけていった方が良いのではないかとも思います。
そういえば、今日の読売新聞朝刊に勝又木材の名前が載っています。32~33面あたりだったと思います。興味ある方は御覧下さい。

投稿者 katsumata : 18:42

2008年10月27日

成田近くまで、仕入れに行ってきました。

IMG_0704_1.JPG
写真は、先週土曜日に参加した、「競り売り」に出されていた、長さ7.5mある桧の特大カウンタ板です。
私たち東京もんは、置き場所の関係上、長い材を在庫しにくい状況にあるため、ひとごとのように「どんな値段で落札されるのかなあ。」と見物していました。
この木を買った人は、どんな人か知りませんが、全体的に買っているのは木材問屋の人達(通常は私達に木を売っている立場の人達です。)が多く、グロスが大きいと安易に買うことのできない私達町の材木屋の目の前で買っていました。
問屋さんが頑張って仕入れしても、その後に売る町の材木屋に元気がなければ、結局売れ残ってしまうということを考えると、問屋さんが問屋さんから買うという状況も、そう長くは続かないのではないかと思ってしまいます。
ただ、そうやって問屋さんが頑張って競りに参加してくれていたおかげで、私としては厳選して欲しいもののときだけ競りに参加して買えたので、いつものように余計なものを買って帰らずにすんで、結果的に良い買い物ができました。
この日に仕入れたものは、カバの3mカウンター板2枚、栃の乾燥板2枚、黒檀の170㎜角などです。
これで、大きな特売仕入れは今年最後になると思います。これからしばらくは売る方に本腰を入れてやっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 18:47

2008年10月20日

いろんなこと、やってます。

IMG_0697_1.JPG
写真は、注文で製作したレッドシダーの残りです。なんだか変わった加工ですが、厚みも30㎜あるので、店舗改装などで使える方がいましたら、見に来て下さい。
長さは1.3m~3mくらいで、20~30枚あります。
こんな変わった加工などもやっていますので、木のいろんなこと御相談下さい。
これから、さらに不況が深刻化してきそうな気配で、業界としても厳しい状況です。
この状況からすると、これからより予算の少ない現場が増え、今以上に利益を圧迫して商売を続けていかざるをえないことになると思います。
実際、先月の売上げは悲惨なものでした。
それでも現在、おかげさまで体が暇になることはないくらいの注文はいただいているので、半年くらいで景気が持ち直してくれれば、それほど大きなダメージを受けずにいられるのではないかと予想しています。
とにかく、前を向いてがんばっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 19:24

2008年10月17日

本日、大量仕入れいたしました。

IMG_0696_1.JPG
写真は、今日仕入れしたうちのごく一部です。銀杏の輪切りが10枚くらいあるので、まな板などに使ってもおもしろいのではないかと思います。
今日は、久しぶりに大量仕入れの機会があって、倉庫がいっぱいなのに、また仕入れしてしまいました。
このところ、無垢一枚板がコンスタントに売れてきているので調子にのってしまったということと、仕入れにきている人が少なくていつもより安く競り落とすことができた、というのが大量仕入れの理由です。
樹種としては、杉・桧・山桜・ケヤキ・タモ・栗・松・銀杏・楓・栃・春日杉・青森ひば・栓・水目などです。
11月15日のセールまでに少しづつ入荷しますので、御期待下さい。
おとといで私も41歳という年齢になってしまったのですが、最近とても風邪をひきやすかったり、とても疲れやすかったりと、体力の衰えを感じています。
木の競り売りに参加すると、一まとめで信じられないくらい安いものもあるのですが、そういったものを買うと使えそうな材が半分も入っていないため、それを整理するのにとても体力を消耗します。よって体力の衰えを感じる最近では、いくら安くても極力買わないようにしています。
ただ、当店に木を買いに来るお客様の中には、安いものを目当てで来られる方もいらっしゃるので、「大きさの割りに安い」という物の展示販売も切らさないように考えているつもりです。
明日は土曜日で天気も良さそうなので、皆さん是非遊びにきて下さい。


投稿者 katsumata : 19:05

2008年10月08日

「杉の2枚ハギ天板」、製作中です。

IMG_0690_1.JPG
1枚の厚カウンター板を、2枚ハギにてテーブル天板に加工します。写真は、その製作途中の状態で、これから仕上げていくようです。
2枚にしてあわせてみると、とても迫力があり、立派なテーブルができそうな気がします。

このところ、自分も含めてスタッフの半分が風邪をひき、ゴホゴホさせながら仕事しています。私の状態でいうと、2~3週間前からずっと風邪のような症状が続き、今日くらいになって大分調子が戻ってきたような感じです。一番最初に調子が上向いてきたということは、私が持ち込んだ風邪なのかもしれません。
そんな中、先週月曜日から時間さえあれば取り組んでいたセランガンバツ・ウッドデッキ材の加工256本が完了し、昨日納めました。体的にも精神的にもホッとしました。

ウッドデッキ材の加工というのが特殊な加工で、上からビス留めが見えないようにするため、木の両こば側に溝をつけて、特殊な金物で取り付けるというものでした。
通常、大手ゼネコンが採用しているウッドデッキ施工法らしく、一般には、そう簡単にマネできないように作られています。
例えば、デッキ材の板巾が既製品サイズより10㎜幅広くなっていたり、特殊な金物を単体では売ってくれなかったりという具合です。
「大手は、さすがに考えているなあ。」と感心してしまいました。
でも今回は、学校側の予算の都合なのか、うちのお客様である建築会社が信頼されたからなのか理由は定かではありませんが、材料を納めさせていただくことができ、有難く思っています。ありがとうございました。

投稿者 katsumata : 18:14

2008年10月03日

楠の板、削ってみました。

IMG_0689_1.JPG
どういうわけかわからないのですが、楠には、写真のような鮮やかな色合いのものがたまに見られます。
普通の楠の木にはあまり興味が無く、買い気が出ないのですが、写真のような木目色合いのものは、好きで自然と買い集めていたため、何枚か在庫があります。おとなしい木ではありませんが、興味のある方は見に来て下さい。

このところ、ありがたいことにとても忙しい日が続き、疲れてしまってブログを更新する気もおきないほどでした。というのも、某お嬢様学校のウッドデッキ工事をうちのお客様が受注して、そのデッキ材の溝加工を月曜日から今日までやり続けているからです。今日の作業で8割以上がおわり、大分落ち着いてきたのでやっとブログを更新する気になりました。
今までなら自分自身が製材しなくても若手木工スタッフがやってくれたのですが、私が忙しくなるよりも前から、うちの木工スタッフは夜遅くまで残って作業するような状態が続き、今も、さらに今後しばらくそういった状態が続きそうなので、今回の製材は自分ともう一人がメインでやっています。
納期のきつい仕事だと、精神的に苦しくなってしまうものですが、「暇よりは、仕事があるだけ有難い。」と思ってがんばっています。
そういった事情もあり、資材配送の負担が他のスタッフに集中してしまったりと、それぞれが忙しく動いている状況ですが、それぞれの仕事を思いやって、やっていけたらいいなと思います。

明日は、土曜営業の日です。御来店お待ちしています。

投稿者 katsumata : 19:19