[2008年09月] アーカイブ

2008年09月26日

明日、あさっては、材木屋のセールです。

9月27・28日は、今秋一回目の「材木屋のセール」です。
久しぶりのセールで、やっと良い天気に恵まれそうです。
ついに、私達「勝又木材」にも良運がめぐってきたのではないかと思ってしまいます。
明日土曜日は、たいやき屋さんも来ていますので、たい焼きでも食べながらゆっくりと「木」の鑑賞を楽しんでいただきたいと思います。
たくさんの御来店お待ちしています。

投稿者 katsumata : 18:00

2008年09月24日

今週の土日(9月27・28日)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0688_1.JPG
写真は、今回初めてカラーで作った「材木屋のセール」のチラシです。印刷屋さんにカラー印刷の金額を聞いてみたところ、10000枚を超えれば、1枚3.5円とのことだったので、白黒でも1.7円はするからいっそのことカラーにしてみようかと思い、約15000枚ほど印刷してもらいました。
このチラシの行き先は、近所の新聞折込が9割で、残りがダイレクトメール及びポスティング他になります。
もうかってもいないのに思い切って広告宣伝費を使ってしまいましたが、ここにきて木工製作品の受注が順調なので、需要はまだまだあるのではないかと予想してのカラーチラシ作成です。
「あーもう、受注がたまり過ぎてこなしきれませんよ-。」とスタッフが音を上げてしまうくらいになれたらうれしいと思います。
うちの若手木工スタッフ2人が入社して1年半になりますが、入社面接のときに私が、「建築資材の配送の仕事が8割で、木工は2割あるかどうかです。」と言ったことを覚えています。
それが現在、木工スタッフ2人の仕事の9割が、「木工製作」になっていることを思うと、「この1年半で、うちもずいぶん変わったなあ。」と思わざるをえません。

今回のセールから、「セールのみ目玉樹種に限り、20%引き」という企画をすることにいたしました。
今回の目玉樹種は、「杉・桧・松」です。
この機会に、是非一度お買い求め下さい。お待ちしています。

投稿者 katsumata : 19:23

2008年09月19日

セールのオークションコーナー出品例です。

IMG_0682_1.JPG
9月27・28日に開催する「材木屋のセール」の中で、午後3時より「木のオークション」を行うのですが、
写真は、出品の一例です。
大きい方から順に行くと、「銀杏のカウンタ天板」ですが、サイズは約2m強×巾60cm前後×厚5~6cmあるのですが、芯持ちということと、縦反りが多少あるので、10000円から開始です。
次に「栗の一枚板」ですが、これは5000円から開始です。
次に「屋久杉の板」ですが、これは2000円から開始です。
最後に「杉の無節板」ですが、これは100円から開始です。
この写真意外にも、出品予定のものがまだまだありますので、「木に興味はあるのだけれど、なかなか一歩踏み出せない。」という方は、このオークションから木と触れ合う生活を始められてはいかがでしょうか。
先日、新木場にある製材所に行った際、「もくもく」を見学させていただいたのですが、さすがにきれいに木が陳列されており、とても参考になりました。
うちも、一般のお客様が入りやすいような店づくりをさらに進めていきたいと思っています。
明日は土曜日は台風ですが、お店は営業しています。


投稿者 katsumata : 18:25

2008年09月16日

「GEISAI #11」

 先日の9月14日に東京ビッグサイトで開催された「GEISAI #11」に行きました。
あまり23区内には行かない自分ですが、りんかい線で国際展示場駅まで。

というのも勝又木材のお客様が出展することとなり、材料提供社として、若干チラシを置かせてもらうこととなったからです。

お客様は4人組のユニットで、一人1点づつ出品し、そのうちのタモ材とブビンガ材を使っていただきました。
木工だけでなく芸術全てを対象としていろいろな方が出展するイベントなので、こちらがいろいろ刺激を頂きなかなか面白いイベントでした。

DSCN0313_R.jpg

DSCN0314_R.jpg

DSCN0315_R.jpg

DSCN0316_R.jpg

DSCN0317_R.jpg

DSCN0318_R.jpg

今後もいろいろな方と協力し合って盛り上げていければと思います。

投稿者 moriya : 08:14

2008年09月12日

9月27・28日(土・日)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0662_1.JPG
写真は、遠目には何の木だかわからないような汚れたケヤキだったのですが、一削りしたら、きれいな木目が出てきました。
真ん中のあたりに汚れた部分を残してあるので、削る前の状態もわかると思います。
数週間前に、巾広板を削れる「自動一面かんな盤」を購入したので、今後、削った板の展示が少しづつ増えてくることになると思います。
木材業界での長い景気低迷が続く中、儲かってもいないのに、トラック1台分くらいの価格のローンを組んで「自動一面かんな盤」を購入してしまいました。「現在の受注製作の効率化」と「将来の需要創造」において、存分に活躍してくれることと信じています。

9月27・28日(土・日)は、「材木屋のセール」を開催いたします。時間は、9時~17時。今からセールチラシを作成するので、まだ予定の段階ですが、樹種を特定した特価販売を考えています。また、木のオークション開催(午後3時より)も計画しています。
今秋、1回目のセールになりますので、みなさん是非遊びに来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:18

2008年09月08日

本棚作りました

DSCN0304_R.jpg

DSCN0305_R.jpg

DSCN0306_R.jpg

DSCN0307_R.jpg

先日納品しました本棚です。
やっぱり無垢の木はいいですね。

最近不況のせいかあまり予算はかけられないというご依頼が多いのですが予算によっては家具材に向かないものもあり、予算・用途の向き不向き・お客様の樹種の好み、などのせめぎ合い?で使う材料を決定いたします。

自分もあまり予算がないタイプなので(笑)お客様の立場もよく分かりますので、あと少し予算があればもっといい材料が使える場合や、木の特性などの情報を色々提案させて頂き、最終的にお客様が納得して頂ければそれでいいと思って営業しています。

今回本棚の棚板に使った材料も杉の破風板といって乾燥状態も甘く、反りや割れなどが出てくる可能性が大いにある材料です。ただ値段は安く、その一点を重視すれば、「安さという価値」があるともいえるのではないでしょうか。

破風板のポテンシャルは最大限引き出したつもりです。お客様も反りなどは木の味として楽しむとの事なので
これを機にまた木を使ってくれればいいかなと思っております。

投稿者 moriya : 13:37

2008年09月06日

「栓」の机

診察机2_R.jpg
写真は、「木工房 のいとど」さんの製作した「栓の机」です。
材料は、北海道産の栓(セン)の板です。
「のいとど」さんは、子供の木のおもちゃなどを製作しており、大きめの板の加工等が道具の都合でできないためか、当社で材料販売及び、板ハギをやらせていただきました。
発注者の方は内科のお医者様で、今まで診察に使っていた事務机を、丸み柔らかさがあり、明るい色の無垢の木のテーブルにしたいという要望があり、取り替えたそうです。
何気なく使っているテーブルを木のテーブルにすることで、気分転換やストレス軽減などの効果が期待でき、尚且つ、風水的にも「木は良い」とされているので、運が良くなるかもしれません。
テーブル購入を考えている方は、一度は当店へ足をお運びいただければと思います。
「出来るだけ無垢の木を生活の一部に入れてほしい。」という木の心地良さを知る材木屋からの思いがあるので、予算が少ない方も御相談いただければ、できるだけ対応したいと思っています。

投稿者 katsumata : 11:35

2008年09月02日

木に関すること、何でも御相談下さい。

IMG_0661_1.JPG
写真は、一般のお客様からの依頼で製作中の「ボックス棚」に使うために削った杉板です。
長さ2m×巾20~30cmくらいで1枚3000~4000円というお手頃価格の杉耳付き板なのですが、削ってみたら何とも言えないきれいな木目が出てきたので、ついブログにて紹介してみたくなり、写真を載せてしまいました。
削ってみたら見違えるように綺麗になる無垢一枚板が他にもまだまだいっぱいありますので、どんどん削って展示していこうと思っています。

最近、一般のお客様の数が少しづつ増えてきています。端材のカット・削り、木工製作品の様々な依頼などあるのですが、内容は何であれ、とにかくお店に足を運んでくれるということは、とてもありがたいことなので、木に関すること・木で作りたいもの・作ってほしいものなどありましたら、気軽に立ち寄って御相談下さい。

このところ、主業務である住宅建築材の販売が一段落つき、落ち着きすぎてしまっているのですが、今月の中頃からまた少しづつ忙しくなってきそうなので、今は忙しいときにはできないような雑務や新規営業廻りなどをやっていこうと思います。
ただ、今までのブログでも紹介しましたが、このところ建売業者が次々と破綻しています。
私共材木屋が営業に廻る先は建築会社が多いのですが、行った先の建築会社が建売業者の下請け工事を請け負っている場合などもあり、連鎖的なことも考えると、リスクが高くなっているのは事実です。
かといって、ボーとしていると材木屋存続の危機にさらされることとなるので、現在は信用不安の少なそうな数少ない建築会社や、その他の業種で木を使いそうな会社などに限定して少しづつ営業しています。

投稿者 katsumata : 17:55