[2008年06月10日] アーカイブ

2008年06月10日

木の仕入れに行ってきました。

IMG_0609_1.JPG
今日は、最も近所の木材市場で、「木工所のようなところからの蔵出し品」が出品されるという情報を聞き、安く売り切ってしまうのかと思って、はりきって出かけたのですが、いい値がつかないと元落ち(売り残し)ばかりで、盛り上がらない特売市でした。
結局、一般端柄材以外で仕入れたのは天然桧の長さ4m×幅400㎜強×厚50~55㎜の板2枚と、角材4m×180㎜×105㎜1本、タモの厚30㎜強の板1㎥だけでした。
こういった天然の無垢材・無垢一枚板などの仕入れは、安定して仕入れられるわけではないということを思い知らされたような気がします。
やっぱり、建築材を安定して購入してくれるお客様は、「ありがたいな。」と改めて感じました。特に今、屋根や壁を二重貼りする現場が増えてきており、材料が2倍売れるので、さらに有難さを感じています。
東京の材木屋が減り続ける中、材木屋とういう商売で何とか存続していけるように今後もいろいろな取り組みをしていきますので、よろしくおねがいします。

投稿者 katsumata : 19:31