[2008年03月] アーカイブ

2008年03月28日

「岐阜仕入れ材」、全部入荷しました。

IMG_0554_1.JPG
写真は、今回入荷した岐阜仕入れ材の一つである「ケヤキの端材」です。さまざまなサイズの角材が数十本あり、乾燥材・生材が入り混じっています。一つ1000円~販売予定です。
明日は土曜日なので、一般建築材の配送も少なく、時間がとれそうなので、今回入荷した材を整理しながら展示しようと思っています。木が好きな人なら、見るだけでも面白いと思いますので、吉祥寺近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 18:39

2008年03月27日

ケヤキの輪切り、1枚2000円です。

IMG_0553_1.JPG
写真の「ケヤキの輪切り」は、直径約30~40センチあり、厚みは2センチと4.5センチの2種類があります。2月に入荷していたのですが、ブログに載せ忘れていたので、今日載せました。鍋敷きや花台としてはもちろん、表面に字や絵を描いてみたりなど、いろんな使い道があります。数十枚入荷していますので、複数枚の購入も可能となっています。
私共材木屋という商売は、御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、建築会社へ木材・建材・住設機器などを販売・配送するのが主業務となっております。
材木屋であれば、考えたことのある人も多いと思いますが、限界を超えつつある販売競争や価格競争に疲れてくると、施主から、「木材は、勝又木材さんから入れて下さい。」と建築会社に言ってもらえるような指定をもらえないものだろうかと考えてしまいます。直に施主さんと顔見知りで、指定までもらえるような関係であれば、通常よりさらに気を付けて、「良質な材を入れるように努力しよう。」という気持ちになるのが当然のことなので、施主にとっても悪いことではないと思います。
こんなことを今、ブログで書くには理由があります。今、うちで建材や木材の一部を納入している現場は、施主の知り合いの材木屋さんから構造材や羽柄材の大半が納入されたからです。ただそこは、あきる野の方にある材木屋さんらしく、細かい対応ができないということもあってか、上棟後に使う材料は、うちから納品するものが多くなりそうですが・・・。
今回、逆に材木屋を指定されてしまったということで、「うちも施主から指定されるような材木屋にならないといけないな。」という気持ちにさせられました。尚いっそう、良質な木材を仕入れ、一般の方々に紹介できるように場を盛り上げ、努力していこうと思います。


投稿者 katsumata : 18:53

2008年03月24日

「蔵出し材」、展示しました。

IMG_0550_1.JPG
写真は、数年間倉庫に桟積みして乾燥させていたカウンター板やテーブル天板です。数日前に当社スタッフから、「休みの日に、ねている蔵出し材をひっぱり出して、立てかけ展示しませんか。」という提案があり、確かに、休みの日以外だと、なかなかできそうもない作業だったので、昨日、集中して行いました。
私が、無垢一枚板を集め始めてから5~6年たちますが、その間に仕入れたもののうち、仕入れ金額の高かったものを中心に、桟積みしてねかせていました。それが蔵出し材です。
表向きは、「桟積みして、ゆっくり自然乾燥させる」という理由だったのですが、自分で気に入って買った高価な無垢一枚板なので、「商売としては売りたいけど、手放したくない。」といった、変な思いがあって、展示せずにここまできたのではないかとも思います。
まさに勝又木材の宝物として、人目に触れることのなかった「蔵出し材」が、春のセールを前にして一般に展示販売できる状況になり、今後、お客様からどういった反応が出てくるか楽しみです。

投稿者 katsumata : 18:40

2008年03月22日

「ウエンジ・紫檀」入荷しました。

IMG_0549_1.JPG
先日仕入れに行ってきた岐阜からの荷物が一部入荷しました。
写真の右がウエンジ・左が紫檀ということで仕入れたのですが、紫檀と一言で言っても、産地によって違うし、ローズウッドやソノクリンなども紫檀と呼んだりするので、正直なところ正式名称は、わかりません。
桜も、山桜・朱桜と、カバ・水目といった桜の代替材をすべて「桜」という名称で売っていたりするため、違いがわかりにくかったのですが、興味があって、実物を見比べたり、人に聞いたりしながら、だいぶ違いがわかってきました。
紫檀に関しては、元々、材木屋の流通というよりも銘木屋で流通したものなので、銘木屋さんに聞いたり、実物を徐々に集めて勉強していこうと思っています。
ウエンジと紫檀を「競り」で競り落としたときの話ですが、岐阜に行った目的の一つに、「当社で持っていない種類の木を仕入れたい」というものがありました。そのため、この二つはどうしても競り落としたいという思いがあり、なおかつ東京の競りとは違うテンポの速さのため、ちょっと躊躇していると他の人に競り落とされてしまうという不安から、争って値段を出し続けたため、予算を大幅にオーバーした価格で競り落としてきました。
一緒に行った材木屋さんたちも、「高く買ったな。」と思ったのでしょうが、「競り上がるものは、人気があるから競り上がるんだよ。競りあがって買ったものに失敗なしだよ。」と言ってくれました。確かに、現在では、海外から入荷することはほとんどなく、日本国内にすでに入荷していたものが少しづつ流通しているそうです。
来週には展示できると思いますので、お近くへお越しの際は、お立ち寄り下さい。

投稿者 katsumata : 16:43

2008年03月18日

岐阜へ仕入れに行ってきました。

IMG_0547_1.JPG
写真は、原木市で売りに出された富山の社木(杉)です。直径2.2mもある木が横たわっているのを見たのは初めてのことだったので、びっくりして写真を撮ってきました。
岐阜は名古屋に近いということもあって、今、日本で最も無垢材が売れる場所とも言われるほどなので、売主たちは、高く売れそうな原木や無垢板などを大量に持ち込みます。やはり、優良な買い手が多いほど、良材は競り上がり、高値が付くものなのです。
我々はというと、数十点の無垢材を競り落としたのですが、東京の競りと違うところは、品数・種類の多さです。特に、うちで在庫を持っていないものを中心に買付けしてきました。安く買えたものや高く競りあが
りながらも競り落としたものなど、様々ですが、楽しく充実した一日となりました。
今回仕入れたのは、栃・欅の端材、タモ・栃・キハダ・栗・ゼブラウッドなどのカウンタ、その他、屋久杉・ウエンジ・シタン・イチイ・桜などです。また、玄関框やテーブルの脚などに使えるような栃の角材も何点か買い付けしてきました。
これらのものは、今週末か来週あたりに当社に入荷する予定ですので、皆さん是非お立ち寄り下さい。
今回は、仲間の材木屋さんたちと一緒に行ってきたのですが、東京の材木屋(当社も含む)は、みんな苦しい状況の中で商売しているため、「先行きがわからないのに、あんまり仕入れるわけにはいかない。」ということが常に頭にあり、買い控えする傾向にありますが、今回ばかりは、片道6時間ほどかけて岐阜まで行ったので、「仕入れなければ、売上げも上がらない。」というように考えを切り替えて買い付けしてきました。
建築基準法改正以来、すっかり冷え込んでしまっていたのですが、今月くらいから、当社でもトラックが全台出払うことが多くなり、仕事が出てきた感があります。
また、暖かくなってきて、一般の人たちの出入りも増えてきました。春からは、「材木屋のセール」の時期に入りますので、はりきってやっていこうと思います。

投稿者 katsumata : 07:35 | コメントを投稿する (1)

テスト送信テスト送信テスト送信テスト送信テスト送信

投稿者 テスト送信 : 2008年03月23日 12:12

2008年03月07日

「屋久杉板」、7枚(大きさそれぞれ)入荷しました。

IMG_0541_1.JPG
今回は、「屋久杉」の小さめの板から中くらいの板が入荷しました。出品されたときに買っておかないと、次にいつ仕入れできるかわからないので、先日の競り売りでは、うちで屋久杉を7枚買い占めてきました。今日から店内に並んでいますので、見に来て下さい。その他で、見てびっくりするような大木も入荷していますので、皆さん遊びにきてください。
明日は、一つ一つ焼く、おいしい「たい焼き屋さん」も出店しています。
昨日、施主様からいただいた、1年くらいしか使っていない「イナバの物置」(定価で20~30万するものです。)を当社広場に設置しようと思い、下に敷く重量ブロックを近所の建材屋さんに買いに行きました。
「重量ブロック12コ下さい。」と言うと、「置き場にあるから、一緒に行こう。」と言われ、そこから1分くらいいった場所まで行き、ブロックを12コもらいました。ブロックの値段は、一つ210円だったのですが、それを12コ売るために、置き場まで案内し、フォークリフトを動かし、積んでくれ、なおかつその置き場所代を月30万払って商売しているそうなので、「こんなの売ってて、商売になりますか?」とストレートに聞いてみると、「なるわけないだろ。やめることも考えてるよ。」といった返事でした。
昔は材木屋で売っていた価格の高いものから順に、他業種やネットなどの的になり、売れ行きが鈍った結果、安くて労力のかかるものを中心に販売しているという東京の材木屋の現状があります。
東京の材木屋は、「高い場所を広く使って、安いものを売っている」と言われ、その現状を嘆きつつも何とかしようと思いいろいろとチャレンジしているのですが、その建材屋さんが、「うちなんか、砂をトラック1台持って行ったって、売上げ2万くらいにしかなんないんだよ。遠い現場なら運ぶたびに赤字だよ。材木屋さんは、高そうなものいっぱい積んでるからいいよな。」と言うのです。そう言われると、石膏ボード・ベニヤ・垂木などでも、満載なら売上げ10万くらいにはなるので、いくら大変だ大変だと言っても、「商売としても、まだまだ恵まれている方なんだな。」と感じました。


投稿者 katsumata : 18:39

2008年03月04日

欅の原木ベンチ、入荷しました。

IMG_0540_1.JPG
木工教室も無事終了し、あとは春からの「材木屋のセール」に向けて、いろいろな木を大量に仕入れしています。また、限られたスペースで、より多くのアイテム(無垢一枚板や無垢フローリングなど)を展示する配置をかんがえたり、予算のかからない集客の方法を考えたりと、やること、やりたいことはいっぱいあって、頭の中だけは忙しい状態です。
写真は、「けやき」の原木を縦割りしただけのベンチです。自然の雰囲気をそのままに、座面のみ仕上げ面が出ており、けやきの美しい木目が楽しめます。75000円にて、1台限り、明日より展示販売開始します。その他にもたくさん入荷していますので、いずれブログにて紹介するものもあるかと思いますが、春からのセールでも出品していきますので、その際には皆さん、足をお運び下さい。

投稿者 katsumata : 18:57

2008年03月01日

本日朝9時より「木工教室」開催です。

今日は、天気にも恵まれ、良い日になりそうです。当社「倉庫」兼「無垢一枚板展示場」兼「加工場」で、木工教室を開催していますが、展示販売も同時に行っていますので、木工教室以外のお客様も遊びにきてみて下さい。

投稿者 katsumata : 08:27