[2007年12月] アーカイブ

2007年12月27日

「看板文字」作れます。

IMG_0392_1.JPG
写真は、園芸屋さんの注文で製作した看板文字です。材料は杉です。園芸屋さんに許可をもらい忘れたので、名前の部分の写真を載せませんが、全部で4文字作りました。最初、木を継ぎはぎで切り貼りしたものでよいということで注文を受けたのですが、ちょうどうちのスタッフで糸鋸の得意な社員がいたため、仕事の合間を見て製作してもらったところ、なかなかの出来栄えだったのでブログで紹介することにしました。
看板代としては、お客さまに選んでもらった3500円の杉板に漢字4文字を貼って、字を黒く塗って、板は表面を少し磨いて材工共20000円(板は無塗装の状態です)にて承りました。
看板のプロではないので、塗装と現場取り付けの部分で課題が残りますが、ご要望あれば、ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 18:47

2007年12月25日

谷保に飲み屋の「みかちゃん」オープンしました。

IMG_0395_1.JPG
写真は、谷保駅徒歩4分のジョナサンの裏手に先週末オープンした飲み屋「みかちゃん」に納めたカウンターです。今回は、うちでの加工は一切なく杉のカウンター板を3枚入れさせていただき、現場の大工さんが加工し納めたものです。写真のL型カウンタ(7~8人掛け)と2~3人掛けカウンタとトイレの洗面カウンタに使っていただき、杉カウンタ板代全部で145000円です。
うちのお客様が店のオーナーさんを連れてきて、当社の展示在庫板を見て選んでくれました。このお客様(建築会社)は、原価公開方式で運営しているため、うちの無垢一枚板に価格表示してあってもまったく問題なかったので助かりましたが、オーナーさんに価格を見られたくない建築会社だと、どう対処したらよいか今後の課題です。

投稿者 katsumata : 19:55

2007年12月17日

「漆の板」、削りました

IMG_0390_1.JPG
写真は、漆の板です。写真では、それほどわからないと思いますが、現物は毒々しいほどの鮮やかな黄色で、着色したかのような風合いです。木の価値としては、重厚さもなくあまり高いものとは言えませんが、あまり流通していないという点と、独特な自然ぽくない木肌の色を持っているという意味では、おもしろい素材です。うちでも、4mの板を1枚購入できただけで、それを半分に切って削ったので、現在2枚のみの在庫です。
最近よく、「今度の木工教室はいつですか?」といった質問を受けます。問い合わせをいただき大変有難いのですが、うちの方で、企画(製作予定品のサンプル製作等)ができていないため、まだお知らせするにいたっていません。お知らせできるのは、来年1月中になってしまいそうですが、お問い合わせいただいている方々には、企画完成次第連絡いたしますので、ご了承下さい。
予定としては、2月後半の土曜日を考えています。

投稿者 katsumata : 19:10

2007年12月14日

「レッドパインフローリング」処分品、入荷しました。

IMG_0389_1.JPG
吉祥寺情報サイト「吉祥寺タウン」に、勝又木材紹介ページできました。
http://www.kichijoji-town.com/mypage/kj012746/
写真は、「レッドパインフローリング」の15㎜厚4坪分30000円と、31㎜厚5.5坪分50000円の2種です。店舗改装したいオーナーさんや、DⅠYリフォームしたい人など興味ある人がいたら、ご相談にのります。また、下地になる材木や断熱材なども揃えられます。
昨日、新宿の靖国通りを車で走っていると、楓並木で信号待ちしながら、ふと楓の葉っぱを見たら黄色く黄葉していました。一般的に楓(もみじ)は、赤く紅葉するようなイメージなのですが、「何故、黄葉しているのかなあ。山とは気温が違うからなのかなあ。」などと一人で考えていたのですが、この前の日曜日、(株)カツマタの現場見学会でお邪魔したお宅の庭にある楓は、見事に「紅葉」していたのを思い出して、「そうか、やっぱり木の種類が違うんだな。」ということに行き当たりました。一言でカエデといっても何種類もあるそうです。
私達、木を扱う人間の間では、カエデを、俗にメープルと呼んでいます。今日も北海道産のイタヤカエデ(メープル)が入荷しましたので、興味ある方は遊びに来てください。
明日土曜日は、営業日ですので、朝8時から夕方5時半まで、特価品などを店頭に出してお客様の来店をお待ちしています。お車での来店も可能ですので、是非お立ち寄りください。

投稿者 katsumata : 18:29

2007年12月12日

「黒柿」入荷しました。

IMG_0382_1.JPG
写真は、黒柿の切り株を厚み36ミリに挽き割ったものです。サイズ的にあまり大きなものはありませんが、全部で7~8枚あります。大きさは、40~50cmの写真のサイズが中心です。価格は、物によってマチマチですが、4万円台のものが中心です。興味ある方は、一度お立ち寄りください。
先日、子供の社会の勉強を見ていたら、日本の「天然三大美林」と「人工三大美林」の話が出ていました。私も曲がりなりにも材木屋なので、「天然三大美林」は知っていたのですが、「人工三大美林」は、恥ずかしながら「吉野」1つしか知りませんでした。答えは、「吉野」「尾鷲」「天竜」だそうです。
材木屋という職業にありながら、「森林」や「植物としての木」という観点から木を見るようになったのはここ最近のため、木を扱う者として知ってて当然のようなことで、知らないことがいっぱいあることに気付かされます。昨日も、全国森林組合の人たちと飲む機会があり行ってきました。彼らは、雰囲気としては、公務員とサラリーマンの中間のような人達が多いのですが、木や森林のことに関しては実際に現地を見て知っているので、興味深い話を聞くことができ勉強になり、また近日中に沖縄産の木材のサンプルを頂く約束をしました。(琉球松その他だそうですが、どんな木が来るのか今から楽しみです。)
それと昨日は、北海道産の板を十数枚仕入れました。まだ入荷していませんが、近日中に入荷しますので、見に来て下さい。

投稿者 katsumata : 19:13

2007年12月10日

新木場に、行ってきました。

IMG_0381_1.JPG
今日、幅広板を数枚持って、新木場にある製材所まで行って挽き割ってきました。写真は、そのうちの一枚で、「ケヤキの9寸角柱を4つの板に割ったものです。」こういった挽き割りのご注文も、時間の急がない人なら承ります。(何枚かためてから持っていかないと、運賃が出ないので)

投稿者 katsumata : 18:46

2007年12月07日

「杉のパソコンデスク」完成しました。

IMG_0376_1.JPG
写真は、オーダーで、杉板を2枚接いで製作した「パソコンデスク」です。出来上がって、最後にオイルを塗ってみたところ、結構いけてるので写真掲載させていただきました。オーダー商品のため公表できませんが、価格もオーダーにしては比較的安くあがりましたので、興味ある人は、お問い合わせ下さい。
このところ、建築確認の遅れがメディアなどでも取り上げられていますが、今まで2~3週間でおりていた建築確認が、3ヶ月以上、ひどい場合は半年以上かかる場合もあるそうです。
建築に携わっている会社はほとんどどこも、この2~3ヶ月、売上げ激減のようです。(リフォーム業者は、あまり影響を受けていないかと思いますが・・・)仲間の材木屋さんと話しましたが、うちと同様、売上げが減り、「何かしなければいけない」と思って、新しいことに取り組んではみるものの、「おやつ」にはなっても「飯の種」になるほどの商売が見いだせないという状況のようです。その結論として、少なくとも現時点では、「材木屋はやっぱり建築屋さんに材料を販売するのが、一番の飯の種なんだな。」ということに気づくのですが、メインの売り先である町場の工務店さんの景気はすこぶる悪いため、打開策が見出せません。
私自身、今年の新規取引先開拓目標に到達してしまったこともあり、この1ヶ月くらい、もともとあまり好きじゃない新規営業をさぼっていたのですが、常に時間をみつけて新規営業に出て行く必要があるということを再認識しました。ただ、営業に出て新規客が増えたからといって、それで状況を完全に打開できるというわけではありませんが、今取り組んでいる「無垢一枚板販売」を中心とした一般客売りや新しい種類のお客様の開拓と並行してやることで、東京の材木屋として存続できるようがんばっていくつもりです。

投稿者 katsumata : 19:09

2007年12月05日

メープル材、入荷しました。

IMG_0374_1.JPG
先日、メープル(板屋楓)の乾燥・荒サンダー仕上げ材が30枚以上入荷しました。
大きさは、長さ600㎜くらいから1500㎜くらいのもので、幅は200㎜~300㎜、厚みは30㎜で、長さ1200を超えるものだと、価格は20000円/枚前後です。じっくり手間をかけて手作り家具を製作したい人などにオススメです。メープルは今まで在庫で持っていなかった材なのですが、これと同時期に、たまたま別ルートで、メープル材を3枚仕入れました。この3枚は、程度は落ちますが、大きさはおよそ2m×450㎜くらいあります。また、まとめ買いによる価格の相談も承ります。

投稿者 katsumata : 18:22

2007年12月01日

今年最後の「材木屋のセール」、終了しました。

今日は、営業日の土曜日にセールを開催したため、配達と接客が入り混じってしまい、あわただしい一日となりました。天気にも恵まれたため、お客様の入りもまずまずでした。
羽目板を探しているお客様に産地を聞かれて「中国」だと言うと、あまりいい顔をしないのですが、価格が安いため、購入していかれました。実際、広葉樹の羽目板やフローリングとなると、国産のものは極まれで、あったとしても、価格がかけ離れています。日本国内の広葉樹の大木は、事実上伐採できないものがほとんどなので、安定供給ができず、国産フローリングと言っても、原木は輸入材であることがほとんどです。中国製品のいろんな問題がこのところ食品を中心にクローズアップされていますが、ユニクロなどの衣料品でもわかるように、中国産の製品は、日本になくてはならない存在となっています。
私自身、出来るだけ国産材を消費した方が良いと思ってはいるのですが、木の好きな材木屋としては、国産では供給しきれない木において、輸入材も扱うべきと考えています。
うちで買った中国産のフローリングのケースに「made in china」と印刷されていたので、貿易会社兼メーカーの人に、「客受けが悪いので、この印刷は消せないんですか?生産国を表示していないメーカーの方が多いですよ。」と言ったところ、「表示していない方が不誠実じゃないんですか。」と言われ、「なるほどそれも一理あるな。」と感心し、それ以上何も言いませんでした。
国産と海外産(特に中国産)をどう区分けして販売していくか、今後の課題の一つです。

投稿者 katsumata : 19:51 | コメントを投稿する (2)

こんにちは。
 欅の薄板が入手できずに困っていましたが、欅の厚板からの挽き割りを請けて下さり、ありがとうございました。
 私も、国産材を使っていきたいと思っていますが、厚みと幅がある程度得られる材料を使って、同じ寸法の品物をいくつも作ろうとするとき、出来上がり姿を同じにしようと期待すると、入手しやすさと価格から、規格品になっている輸入材(パインやシダー)を使う破目になっています。
 でも、今回の欅の挽き割りを引き受けて下さったことから、材木屋さんに希望を伝えれば、国産材でも欲しい板が、思ったよりも手に入れやすい価格で手に入れられることが判りました。これで、つまらない外材を使わなくてもよくなるかもしれません。

投稿者 のいとど、末永 : 2007年12月01日 20:34

土曜日は御来店いただき、ありがとうございました。今までは所有の機会で不可能なため、大きな板の挽き割りを受け付けていなかったのですが、このところ一般客の人からこういった問い合わせが多くなっていることもあり、時間をいただければ、ある程度まとめて製材してこれるので運賃を入れてもそれなりの価格で請けられるようになりました。(安くはありませんが、必要な人にとっては、それほど高くないと思います。)
「のいとど」さんも、子供の木のおもちゃをどんどん作って、どんどん売って下さい。今度のうちのセールは、2月の「もちつき&材木屋のセール」を予定しています。日程が決まりましたらまた連絡致します。

投稿者 勝又 健夫 : 2007年12月03日 19:26