[2007年10月] アーカイブ

2007年10月31日

11月3日(土)は、「材木屋のセール」&「グルッペ収穫祭」です。

IMG_0336_1.JPG
写真は、11月3日に開催予定の「材木屋のセール」&「グルッペ収穫祭」のチラシです。
自然食糧品店「グルッペ」さんから、出張レストラン・農家のおにぎり屋さん・カフェ・焼き菓子・玄米ワッフル等の出店と、「根菜詰め放題」があります。さらに、うちとグルッペさん共同で、「輪投げコーナー」も予定しています。景品はほとんどグルッペさんなので勝手なことは書けませんが、前回同様なら、残念賞でも損しないような景品だと思います。
うちの知り合い出店は、子供の木のおもちゃなど製作販売している「木工房 のいとど」さん、高尾の山奥で女性が焼く天然酵母パンの「グルヌイユ」さん、先週出店していただき甘さ控えめで好評だった、たい焼き屋「よしかわ」さんの3店です。
また、午後3時頃、「木のオークション」も予定しています。通常では買えないような落札価格ばかりですので、是非御参加下さい。

投稿者 katsumata : 17:16

「栃一枚板の洗面カウンタ」です。

IMG_0334_1.JPG
写真は、「栃一枚板」を施主様がセレクトし、オーダーで自社製作した洗面カウンターです。曲線のカーブや木口の大きな面取りなど、手間のかかる作業もありましたが、きれいに仕上がったので、うちの技術も一歩前進したといううれしさがありました。(作業したのは、私ではありませんが・・・)
設計事務所の先生や、一般の施主様などで、こういったオリジナルの無垢一枚板加工品を探している方は、一度ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 09:07

2007年10月25日

木曽桧の節板、入荷しました。

IMG_0326_1.JPG
写真は、本日入荷した「木曽ひのき節板」で、幅15cm~30cmくらいで、長さ2mのものが3000円、3mのものが5000円です。木曽桧にしては、お求め安い価格ということもあって、人気の板です。今度27日・28日の材木屋のセールに出品いたしますが、早めのほうが、好きな板を選べると思います。
ところで、セール日の天気ですが、このところ、雨が降ったり、猛暑だったりということが多く、日頃の行いが悪いせいなのかと反省したりもしているのですが、今回も、あまり芳しくなさそうなのです。ただ、27・28日は、お車での来場もOKですので、皆さん遊びに来てください。
きのう、嫁が、「うちの子の国語、とくに作文の成績がずば抜けて悪い。」と言っており、「国語ってどうやって勉強したらいいのかなあ。」と考えていました。私は、遺伝だから仕方ないかと思っていたら、追い討ちをかけるように、「そういえば、あなたの書く文章って、すごい変な文だよねえ。よく本読んでるのにねえ。」と私を批評してくれました。うちはインターネットが何年も壊れた状態なので、ブログを見られてはいませんが、「材木屋のセール」のチラシを見てそう言ったのだと思います。大人になってまで、作文というのは重要なんだと再認識し、「やっぱり子供のうちに作文教室にでも通わせた方がいいのかな」などと考えてしまいます。


投稿者 katsumata : 18:30

2007年10月23日

「樺(かば)のローテーブル」、ほぼ完成です。

IMG_0325_1.JPG
写真は、お客様が、当社展示在庫品の無垢一枚板を選び、その材を使って製作した注文品です。
磨き上げると、輝くような光沢が出て、とても良い出来栄えになりました。あと最終仕上げを残すのみですが、ほぼ完成の状態です。
昨日、吉野杉・銀杏・栗・漆・桜などが入荷しました。今週は、まだまだ他にも入荷しますので、皆さん見に来てください。

投稿者 katsumata : 18:20

2007年10月22日

10月27日・28日(土・日)は、「材木屋のセール」です。

IMG_0324_1.JPG
写真は、今週末に予定している「材木屋のセール」のチラシ写真です。無垢一枚板等の販売がメインではありますが、洗面化粧台・ウォームレット・キャビネットなど、通常業務で工務店さん相手に卸している商品の返品物などを処分特価にて販売します。また、年末に向けて社内整理清掃を促進するため、100円コーナー・500円コーナーなどにも、在庫処分品を多数出品する予定です。
また、昨日、子供を東伏見まで水泳教室に連れて行き、子供が習っているあいだ時間があったので、駅周辺まで散歩にいったところ、東伏見アイスアリーナの広場でイベントがあり、その一角に、「たい焼き」屋さんが居ました。一つ140円と、少し高めかなと思ったのですが、一匹づつ焼く昔ながらの焼き方で、以前、水天宮で「柳屋」という行列のできる「たい焼き」やさんのたい焼きを食べて、とてもおいしく感動した経験があったので、つい一つ買って食べてみました。そしたら、やっぱり香ばしくて甘さも抑え目で、とってもおいしいのです。そこで私は、思い切って、その場でそのたい焼き屋さんを、今度のセールに来てもらえないかスカウトしたのです。そうしたら、話はトントン拍子に進み、快く参加してくれると言ってくれたので、10月27・28のセールに来てもらえそうです。ただし、車のワゴンの後ろトランクを開けてそこで焼くので、雨が降ると来れないかもしれません。一つ一つ焼いているので、混み合うと10分・20分待つこともありますが、(昨日、私も15分程待ちました。)その間、うちの木でも見ながら時間を潰していただけばよいかと思います。
是非、遊びに来てください。

投稿者 katsumata : 19:22 | コメントを投稿する (3)

はじめて投稿させていただきます。

手鏡を製作しようと思い、木材を探しています。

柘植/桑 で 250×150×15 mm程度
のものを探しています。

そのようなものは販売していますでしょうか。

投稿者 しみず : 2007年10月23日 20:55

はじめて投稿させていただきます。

手鏡を製作しようと思い、木材を探しています。

柘植/桑 で 250×150×15 mm程度
のものを探しています。

そのようなものは販売していますでしょうか。

投稿者 しみず : 2007年10月23日 20:55

コメントありがとうございました。桑なら幅150㎜・長さ250㎜・厚15㎜とれる材があるのですが、柘植だと幅100㎜くらいまでしかとれる材がありません。
桑板は、7月の過去ログに写真も掲載していますので、参考にしてみてください。

投稿者 勝又 健夫 : 2007年10月24日 08:18

2007年10月19日

久しぶりに、無垢板の仕入れに行ってきました。

5・6・7月は、仕入れに行く機会も多く、毎週のように出かけていたのですが、8・9月とパッタリと行かなくなり、今日、3ヶ月ぶりくらいに特売に行ってきました。いろいろと目新しいものもあり、仕入れしてきたので、来週、再来週のセールで展示できるものもあります。楠の特大天板4枚口を筆頭に多数ありますのでご期待下さい。

投稿者 katsumata : 20:16

2007年10月17日

檜杢板、削ってみました。

IMG_0323_1.JPG
今日は、時間がとれたので、板を何枚か削ってみました。写真は、そのうちの一枚で、檜の杢板なのですが、サイズは、約3.6m×幅400㎜前後×厚60㎜です。オイル一度塗りました。(138000円)
展示していますので、興味ある方は、見に来てください。
次回「材木屋のセール」は、10月27日・28日(土・日)です。
また、その次の週の11月3日(土)は、「材木屋のセール&グルッペ収穫祭」を開催予定です。
どちらも遊びに来てください。10月27・28は、お車での来場も2~3台までは、駐車スペース確保できますが、11月3日は、ショップ出店や休憩場所や自転車置き場として使ってしまうため、駐車スペースが確保できませんので、ご了承下さい。
また、今週10月20日(土)は、普通に営業しておりますので、御来店お待ちしています。

投稿者 katsumata : 19:38

2007年10月15日

国産杉ウッドデッキ材、最近、売れ始めています。

IMG_0321_1.JPG
写真は、オーダー製作中の国産杉ウッドデッキです。デッキ材をスノコ状にして30枚つくり、マンションのバルコニーに敷き詰めるそうで、根太には耐久性の高い「米ひば」を使っています。デッキ材を現場で施工・取り付けする場合は大工さんにお願いするのですが、このように社内で製作して現場で並べるだけのものであれば、うちの手で作ってしまいます。
春・夏とレッドシダーの値上げが強く、秋になって国産杉デッキ材と価格が並んだこともあり、10月だけで、これ以外にも2件注文をいただきました。この背景には、消費者の意識の変化があり、「同じような価格であれば、日本国内の地球温暖化や環境に良いものを求めたい。」という志向が少なからず働いたものだと思います。さらに、個人的見解としては、外国産のデッキ材と比べて、「自然木らしい」雰囲気を最もだしているのは、この国産杉デッキ材だと思っています。
材のみ・材工共・どちらのお見積もりも可能ですが、御自分で施工してみたいというD・Ⅰ・Y希望の方のご相談も承ります。特に、杉は加工性に優れているので、一般の方が施工されるのに適しています。
興味ある方、御来店お待ちしています。

投稿者 katsumata : 19:21

2007年10月11日

昨日は、営業に出ました。

私は、昼休みほとんどが自宅に帰り昼食をとっているのですが、昼食後、汚い作業服から小ぎれいな服装に着替えながら、「今日は、午前中は作業員、午後は営業員」などと妻に聞こえるくらいのひとりごとを言っていると、「どんなところに営業にいくの?」と聞かれ、「近所中心に、とびこみで普通の建築会社に行くんだよ。」と少し怒り気に言うと、妻は、「不思議だねえ。まったくそんな営業するように見えないのに、仕事だといくんだねえ。」などと普段の私のグウタラから想像できないのか、そんなことを言いながら見送ってくれました。
でも昨日は、目に見えた成果があったので、営業に出たかいがありました。
<成果①>車で走っていたら、看板屋さんに材木が置いてあるのが見え、中で作業している人が居たので訪ねてみると、いきなり2~3日前にうちが売った銀杏の板が置いてあったのです。板を買いに来た方が、看板の細工をその看板屋さんに依頼したらしく、ちょうど作業を始め表面を削っているところでした。そんなこともあって、その看板屋さんも感じよく話してくれ、その方の自宅がうちのすぐ近所だったということもあり、「今度、板を見にいかせてもらうよ。」と言ってくれました。
<成果②>うちから車で10分くらいのところにある建設会社に初めて行ってみたのですが、ちょうど12月くらいに大工さんが足りなくなるという状況があるらしく、30分近くお話させてもらい、今日、大工さんと一緒に打合せにうかがうことになりました。
新規取引工務店さんは、最近になって、ずっと現金売りしていた会社を掛売りに替えたことで、9件目になったので、10件目は目前なのですが、10件越えても、既存工務店さんの仕事量の減少が激しいため、うちの仕事量もまだまだ足りなそうなので、仕事の合間を見ながらの営業活動もまだまだ必要な状態です。
一般の方を中心に販売している無垢一枚板は、少量ながら着実に引き合いが増えていっていますので、これと、工務店販売の2本柱でがんばっていこうと思っています。一般の人も無垢板や木材・ベニヤだけでなく、建築相談なども受付しますので、ご相談下さい。

投稿者 katsumata : 07:43

2007年10月09日

「いちょう」のテーブル・椅子完成しました。

IMG_0317_1.JPG
写真は、お客様が何度か足を運んでいただき、当社の展示してある材料から板を選び、オーダーにて製作したテーブルと椅子です。オイルフィニッシュで仕上げたのですが、自然の木の雰囲気を残したまま、ほどよい光沢を放っていて、いい感じに仕上がりました。お時間いただければ、こういった製作もできますので、興味ある方は、遊びに来て下さい。(残念ながら、このテーブルと椅子は、本日納品済みのため、実物をお見せすることはできません。)

投稿者 katsumata : 18:21

2007年10月02日

楠、削ってみました。

IMG_0312_1.JPG
写真は、楠の一枚板で、寸法は、約1100㎜×450~550㎜×厚60㎜です。削ったら、赤い色身がとてもきれいだったので、少しネジレがありますが、18000円の値を付けました。彫刻材としても有名な、メンソール系の強い香りを放つ人気の材です。
昨日、工務店さんから、うちの在庫にないものを、「今日の昼までに東京駅近くの現場に入れて欲しい。」と言われ、昨日は埼玉まで品物を取りに行き、今日午前は東京駅近くの現場まで運びました。この注文を受けるときに、「昨日1万・今日1万の別途運賃がかかるけどいいですか?」と聞いたところ、「助かります。お願いします。」と即答してくれたので、気持ちよく配達にいってきました。
この金額が安いのか高いのかは、わかりませんが、遠距離小口配達というのは、東京の材木屋がこれからさらに減っていく中、増えていくのではないかと予想されます。こういった需要は実際にあるのに、工務店さんの方で、「こんな少量で遠くまで配達してもらっちゃ悪いから頼めない。」と思ったり、材木屋の方も「そんな少しだけ、わざわざ持って行けないよ。」などと言って断ったりしているのが今までの材木屋として多かったのではないかと思うのですが、これからは、「運賃このくらいかかるけど、それでもいいですか?」と言って聞いてあげるのがお互いにとっていいのではないかと感じました。
数年前、宮大工さんとお話させてもらったとき、その方が、お寺の増築工事の見積もりを出し、檀家さん達に「この金額しか出せない。」と実際に原価割れするような金額を提示されたときに、言ったという言葉が記憶に残っているのですが、その方はそのとき、「私だって、ご飯も食べれば、味噌汁だってすするんですよ。」と言ったそうです。これは、今の時代、とにかく安ければ、「人のことなどおかまいなし」という風潮を物語ると共に、せめてもの抵抗をした宮大工さんの意地のようなものを感じました。
遠距離で少額の荷物だと運賃がかかるというのは、一般の人は理解してくれるのですが、一部の工務店などには理解されにくいこともあり、そんなとき宮大工さんの言った言葉を思い出しながら、やっぱり「かかるものはかかる」と言うように心がけています。

投稿者 katsumata : 18:36