[2007年02月17日] アーカイブ

2007年02月17日

先日の「材木屋のセール」の様子です。

IMG_0151_1.JPG 写真は、2月11日に行った「材木屋のセール」の様子を写したもので、ごらんのような無垢一枚板が100枚近く壁に立てかけられ、その他、国産杉ウッドデッキ材や無垢一枚板のテーブルや椅子、まな板やケヤキの椀などの木製家庭用品、流木、100円均一木材などなどを販売しました。天然素材を使ったリフォームや建替えの御相談も承りますので興味ある方は、御一報下さい。
今日、材木屋の仕事で最も嫌がられている石膏ボードの現場搬入がありました。特にこの現場は3階建てのため、強化石膏ボードという普通の石膏ボードより重いボードを搬入してきました。筋トレだと思えば大した事ないのですが、冬時期は体を痛めやすいため注意しながらやっています。石膏ボード搬入は、労力に見合う利益をもらうことが難しく、どこの材木屋さんも悩みの種となっていると思いますが、最近では、、金額の張るものを他で多少安く買って、石膏ボードなど労力がかかって単価の安いものばかり材木屋で買う工務店(建築会社)もあり、「石膏ボードと構造用木材一式」をセットでないと売らないという材木屋さんも出てきたという噂を聞きました。そうでもしないと、会社を維持できなくなると考えているからなのでしょうが、それだけでは時代の流れを止めることはできないので、何か東京の材木屋として新しいビジネスモデルを作り出さない限り、材木屋が存続していく手段はないと思います。(常日頃、材木屋ができる新しいビジネスモデルはないか考えていますが、結論に行き着きません。)

投稿者 katsumata : 18:50