[2006年06月26日] アーカイブ

2006年06月26日

バーカウンタに使う杉板

IMG_0052_1.jpg
今日、写真の板材を注文いただきました。三鷹駅前でバーを開店するそうです。厚みが60~70㎜で、長さ約5m、幅500㎜~650㎜です。当社では、長さ5m以上ある材は保管しにくいため、あまり置いていませんが、5月末にちょうど仕入したばかりの杉板が3枚ありました。そのうち、2枚は割れも少ないので今のところ6~7万の値をつけているのですが、残り1枚は(写真の板)割れがけっこう入っているので、もっと安く売ってしまいました。まだ木に水分が多く、今後、反り、割れがでてくる可能性が高いですが、杉の木は比較的おとなしいので、どうにもならないほどの反り・ネジレはないと思います。そのあたりも当然、お話した後、了承して買っていただきました。この注文は、板の長さ・端のカット、皮剥き・表面サンダー仕上げなども同時に承りました。(有料)
東京周辺で無垢板の好きな方が、自宅を改装・新築したり、店舗改装したりするときは、当社を思い出してください。実際に品物(無垢材)を見て選べます。そして、サイズによっては、集成材カウンタより計算すると安くなってしまうものさえあります。木は、一般に考えられているより安いものなので(もちろん高価な極上品もあります)気軽に手を出してみて下さい。

投稿者 katsumata : 18:20