[2006年05月25日] アーカイブ

2006年05月25日

『材木屋のセール』会場は、ココです。

IMG_0027.jpg
上記写真の建物が、五日市街道沿い(当社向かい)に建つ、倉庫兼加工場兼セール会場として現在使っている建物です。ホームページのどこかに掲載されているかと思っていたのですが、見当たらなかったので、今回、写真を載せました。
約2年前、当社の斜め向かいにある土地が売りに出されました。この土地は約10年程前に近所の地主が相続時に物納し、その後7~8年の間、国有地となっていました。この土地が空き地となっている時から、いつか売られるときが来たら、無理して借金してでも欲しいと思っていました。また、当社には、吉祥寺の本店の他に、小平に約400坪の支店がありました。建築全盛の頃は、大工さんが、常時10組近く小平支店で木造住宅の構造材(骨組み)を加工していましたが、バブルはじけてからは、仕事量の減少もさることながら、プレカット加工(構造材を田舎の工場で機械加工する)への移行が進み、年々広い加工場がガランとしていき、材木屋としての将来ビジョンが見えずにいるときに、この国有地134坪が売りにだされたのです。競争入札のため、買う金額を決めるのにいろいろ調べ、結局、坪190万の入札にて落札しました。この土地に、写真の建物を建て、小平支店の土地を売却しました。吉祥寺地元の方々は、「吉祥寺7~8分のこんな広い土地を買うなんてすごいわねえ」と言いますが、小平の400坪の土地を売却し、交換したようなものなので、別に、お金を持っているわけでも、たくさん稼いでいるわけでもなく、ただ、40年くらい前、うちの社長が小平に400坪を買っていたのがすごかっただけです。
この土地を買うことで、取引先や周辺などで反対意見がほとんどだったのですが、自分が買って思い入れのある小平の土地を手離すことが前提になっているのに、この吉祥寺の土地を買うことを了承し、応援してくれた社長(父)と、はじめから手放しで賛成し、応援してくれた母に感謝しています。この土地を買ったことが吉とでるか凶とでるか、まだわかりませんが、自分としては、迷いも後悔もまったくありません。これから精一杯がんばっていこうと思っています。

投稿者 katsumata : 18:27